人を動かすための簡単な方法 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

人を動かすための簡単な方法

2012年01月30日 18:00

他人に動いていただくというのは、
何事もそうですがなかなかむずかしいことです。


自分の子どもだってそう簡単に思い通りには動きません。

ビジネスの世界ではなおさらのこと。


しかし世の中には、
あの人の言うことならと、
簡単に人を動かすことのできる人がいます。

部下を持った上司なら、
そういう能力がないとなかなか仕事を進められませんね。



ところで先日、
このメルマガ上で梅津政記さんのご著書、



『部下を幸福にできない上司は辞表を書きなさい』 



という本が、勉強になりましたのでみなさんにシェアしました。


こちらは読んでみて勉強になる本だなと思ったので、
ご紹介したわけですが、

その後、著者の梅津さんはメルマガで、
私のご紹介までしてくださいました。


ここまで丁寧にされると、感謝の気持ちと、
梅津さんから頼まれなくても何かしなくてはという気持ちになりますね。


ということで、
頼まれていませんが梅津さんのメルマガをご紹介します。



いわゆる返報性の法則でしょうか。



「人に動いてもらうためには、まず自分が動かなければならない」



これを梅津さんとのやり取りで学びました。


私も多くのメルマガ発行者さんと相互紹介をよくやりますが、
やはり自分のメルマガをふだんから読んでいただき、
丁寧に紹介されると、

こちらも丁寧に紹介しようという気持ちになりますね。


人に動いてもらいたいことの、
数倍自分が相手のことを思って動けばいいのだろうなと。



人を動かすための簡単な方法だと思いました。





■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【再生コンサル直伝!会社を幸福にする業績のあげ方】


「幸福にならなければ働いている意味がない!」と本当に思います。

本メルマガ(無料)は、企業再生の実践から得た「会社を幸福にする業績のあげ方」のコアスキルである、モチベーションアップと業績向上を両立させるリーダーシップのとり方を、梅津政記が読者の皆様にお伝えします。


登録はこちらから今すぐ(無料です)

http://www.satis-corp.jp/category/1191730.html




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



1月25日配信のメルマガ【再生コンサル直伝!会社を幸福にする業績のあげ方】
を引用いたします。



【引用ここから】


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
  再 生 コ ン サ ル 直 伝 !
会 社 を 幸 福 に す る 業 績 の あ げ 方
   ─ 第117号(平成24年1月25日配信) ─
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

こんにちは、サティスの梅津です。
いつも本メルマガをご愛読いただき、ありがとうございます。


本日のメニューはこちらです。

■立ち話を一席 ~アマゾンキャンペーン、ありがとうございました~

■再生コンサル直伝!会社を幸福にする業績のあげ方
 第6部 「経営のバックボーンとなる人事評価制度」
 今回は、「人事評価制度は経営のバックボーン」
 というテーマでお話をします。



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
立ち話を一席 ~アマゾンキャンペーン、ありがとうございました~
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

このメルマガで再三紹介させて頂いた、アマゾンキャンペーン(1月
18日~20日)も無事終了しました。


おかげさまで、メルマガ読者の多くの方がキャンペーンに参加して頂
きました。


皆さま、本当にありがとうございました。


ただ、期間中在庫切れになり、商品がすぐにお届けできないという事
態が続いてしまいました。ご迷惑をかけ申し訳ありませんでした。


今は状況が改善し、申し込み後、すぐにお届けできるようになりまし
た。もし、申し込みを見合わせられた方がおられれば、下記よりお申
込みができますので、よろしくお願いします。

http://www.amazon.co.jp/%E9%83%A8%E4%B8%8B%E3%82%92%E5%B9%B8%E7%A6%8F%E3%81%AB%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%81%AA%E3%81%84%E4%B8%8A%E5%8F%B8%E3%81%AF%E8%BE%9E%E8%A1%A8%E3%82%92%E6%9B%B8%E3%81%8D%E3%81%AA%E3%81%95%E3%81%84-%E6%A2%85%E6%B4%A5-%E6%94%BF%E8%A8%98/dp/4863670664/ref=pd_rhf_gw_p_t_1


もちろん、キャンペーン対象とさせていただきますので、アマゾンか
ら送られてくる「ご注文の確認」メールを
info@satis-corp.jp
まで転送して下さい。



今回のキャンペーンであらためて感じたことは、
「普段から人との繋がりは大切にしておかなければならない」
ということでした。


皆さまとも、このメルマガを通して、お知り合いになれたからこそ、
今回のキャンペーンで多くの方にご参加いただけたこともそうですし、
以前、「まぐまぐ!」さんからメルマガを配信しておられる方が本を
出版される時に、私も協力して何人かの方の出版告知をメルマガでし
ました。


そうすると、その方たちは、今回は気持ちよく紹介を引受けていた
だけました。


ありがたいことに、26万人ものメルマガ読者にキャンペーンを告
知することができました。


本当に人との繋がりは、普段から大切にしておかなければならない
と実感しました。


今回、出版告知をして頂いた方の中に、渡辺勝幸さんという方がお
られます。


渡辺さんのメルマガは読んでいましたが、面識はなく、今回はじめ
て出版告知のお願いをしました。


すると、この方の対応は本当に素晴らしく、とにかくスピーディー
で丁寧な対応をして頂けるのです。


告知依頼をすると、いち早く「OK]の返事が返ってきます。告知内
容も事前に報告して頂けます。しかも、私の本の内容をよく読んだ上
で紹介をして頂いているのです。


もちろん、紹介のお礼のメールを送ると、いち早く返事が返ってきま
す。


私のために、ここまでして頂けるとは感激です。


渡辺さんは36歳ですが、参議院議員市川一朗さんの政策担当秘書を
された後、去年、宮城県議会議員選挙に出馬されました。


残念ながら、わずかの差で当選には至りませんでしたが、現在、株式
会社渡辺勝幸政治経済研究所を設立されて、政策・経営コンサルタン
トを行われています。


私もぜひ渡辺さんを応援したいと思い、今回、紹介させて頂きました。


普段は早朝に起きて、毎日午前7時にメルマガを配信しておられます。
これを続けるだけでも大変なことですから、渡辺さんのエネルギッシュ
な生活が想像できるかと思います。


以下は渡辺さんご自身のメルマガ紹介文です。政治情勢の分析あり、昭
和時代の偉人紹介あり、音楽の話ありの、幅広い角度から情報を発信し
ておられるメルマガです。


渡辺さんから元気をもらえるメルマガですので、よろしければ一度ご覧
下さい。


*渡辺カツユキの日本一元気になるビジネスマガジン*
いま巷で話題、人気急上昇中の1万部日刊メルマガ。「日本一元気が出る
ビジネスコラム」を独自の視点と素早い情報でお届け。意識の高い経営者、
ビジネスパーソン、起業をめざす方々を中心に読まれています。就活で内
定をめざし悩むあなた、毎日のビジネスにモデルを描きつつも資格の勉強
もがんばるあなた。明日の人生へのヒントを。ビジネスのヒント、昭和時
代の私の履歴書、政治経済、子育て、起業、音楽など、日本一の元気マガ
ジンと読者の皆様から高い評価をいただいています。
著者は仙台市出身36歳、。広告掲載・相互紹介も募集しています。
メルマガは下記をクリックして下さい。」
http://archive.mag2.com/0001028802/index.html



「立ち話を一席」はここまで



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
         再 生 コ ン サ ル 直 伝 !
会 社 を 幸 福 に す る 業 績 の あ げ 方
第6部 経営のバックボーンとなる人事評価制度
【第1回】人事評価制度は経営のバックボーン
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【これまでのあらすじ】

「人はなぜ生きているのか?」思い悩んでいた私は、有名になってこの
世に生きた証を残したいと思っていました。しかし、地球の歴史を学ん
で、人類もいずれは絶滅することを知り、そのような生き方は無意味だ
と気づきました。


再び悩み始めた私は、大学生の時に、ゲーテの「若きウェルテルの悩
み」という本に出会いました。人を純粋に愛するウェルテルの姿に、何
か人間の生き方の原点のようなものを感じました。


その時、私は直感しました。
人間は、「なぜ生きているのか」より、「いかに生きていくか」の方が大
切だ。


人間はこの世に生きている以上、幸福にならなければならない!


こう思った私は、人を幸福にする仕事がしたいと思い、経営コンサルタン
トという職業を選びました。そして、会社を幸福にする経営を「ウェルフェ
ア経営」と名づけ、「そのノウハウを確立したい!」と切に願いました。


幸い、「ウェルフェア 経営」に基づく経営指導を行ってからは、かなりの
確率でお客様の業績を伸ばせるようになりました。


会社を幸福にするためには、自分はもちろんのこと、社員や部下のモチ
ベーションを高め、仕事にやり甲斐を感じなければなりません。さらに、
それを通して、会社の業績が向上していなければなりません。


第6部は、「経営のバックボーンとなる人事評価制度」というテーマで
お話をさせていただきます。いくらいい戦略を立てたり、いい商品や
サービスを開発しようとしても、社員の評価制度がそれに対応していな
ければ、彼らのモチベーションは上がりません。ここでは人事評価制度
を社員参加者のもとで作成し、「自分達が創った評価制度であるから、
その内容は必ず実行しよう」という意識づけを醸成するための人事評価
制度の運用法を解説します。



******************************
        経営レポート(無料)のご案内
******************************

当メルマガを途中から読まれた方や、まとまって読み直したいと思われ
る方のために、メルマガの内容をレポートにまとめて、ご提供しています。
現在、下記のレポートを発行しています。

★会社を幸福にするウェルフェア経営とは
★ウェルフェア経営によるモチベーションの高め方
★勝てる場の創造(上)~脅威の認識とビジネスモデルの創造~
★勝てる場の創造(下)~勝てる場の創造とPDCAの実践~
★モチベーションを高めるリーダーシップのあり方
★「勝てる場」を実践するための商品・サービスの創り方

レポートをご希望の方は、下記アドレスよりダウンロードして下さい。
http://www.satis-corp.jp/article/13249978.html



==============================
ここからが本文です
==============================

これまでは、マーケティングについてお話をさせて頂きましたが、
今回からは、人事評価制度についてお話をします。


いくらいい戦略を立てたり、マーケティングを行っても、社員の評価
制度がそれに対応していなければ、彼らのモチベーションは上がりま
せん。


会社の方針に従っていくら頑張っても評価されない、自分の給料がど
んな基準で決定されているのかわからない、そんな気持ちでは、社員
は納得して働くことができません。


業績が右肩上がりの時代は、人事制度が不明確でも給料は上がりまし
たから、まだ不満は押さえられました。しかし、業績が上がらなけれ
ば給料を上げることができない今日、明確な給与の決定基準がなけれ
ば、社員の不満は高まります。


社員に納得して働いてもらい、さらに彼らに生き甲斐を感じてもらう
ためには、公平かつ明確な賃金決定システムの導入が不可欠です。


ところで、人事評価表を作成する場合、どのような項目を盛り込むこ
とが必要になるでしょうか。


社員の立場から、経営側に明示してもらいたい項目は、次のようなも
のでしょう。


1.自分にはどんな仕事内容が要求されているのか。
2.その仕事内容を実施した場合、給料はいくらもらえるのか。
3.昇進・昇格するためには、何をしなければならないのか。


一方、経営者側では、社員に次のようなことを理解してもらいたい、
実行してもらいたいと思っています。


1.経営理念が社員に浸透し、彼らの行動指針となってもらいたい
2.会社の経営方針・経営計画を理解し、それに基づいた行動をと
  ってもらいたい
3.毎期の業績目標を達成してもらいたい
4.営業、総務等、部門別に要求する仕事内容を実践してもらいた
  い。
5.部長、課長等、役職にふさわしい仕事をしてもらいたい


人事評価制度は、これら双方の要求をお互いが納得のもと、評価表
という形で明文化した制度です。


そして、評価表の実行レベルによって社員を評価し、賃金、昇進・
昇格等の処遇を決します。


さらに、評価の内容に応じて、社員一人ひとりの今後の教育テーマ
が明確になることから、重要な教育ツールにもなります。


以上からも明らかなように、人事評価表は、次のような会社の根幹
にかかわる極めて重要な経営課題を実現するための経営ツールなの
です。


・経営理念の浸透
・経営方針、経営計画の実行
・業績目標の達成
・社員の賃金決定
・社員の昇進・昇格決定
・個々の社員の教育テーマの明確化


このように、人事評価表は会社経営のバックボーンになる重要なツ
ールです。


人事評価表が社員に理解され浸透すれば、これを通して会社の方針
を早期に徹底させることができます。


ところが、市販のノウハウ本を購入し、そこで紹介されている人事
評価表をほぼそのまま借用している会社をみかけます。


しかし、人事評価表はそれぞれの会社の状況に合った固有の制度で
あるべきです。その時々の会社固有の経営課題が評価項目に反映さ
れていることが必要です。


ノウハウ本の人事評価表は、どこの企業でも使えるような一般的な
項目しか記載されていません。経営者は人事評価表の策定およびそ
の効果的な運営について全力投球し、自社にあった人事評価制度を
創るべきです。



今回はここまで。


次回は、
「賃金の決定には業績のオープン化が前提」
というテーマでお話をします。



■ご意見・ご感想はこちらから
 mailto:info@satis-corp.jp


◎本メールマガジンに掲載された記事を転載される場合は、文書の出所を
 明記して下さいね。


◎現在の読者数
 22,620名(まぐまく配信21,787名、サティス配信:833名)



******************************

サティスは、《幸福な会社づくりの信頼パートナー》として、4つの満足
 を 実現する経営コンサルティング会社です。

  ●Customer Satisfaction   〔顧客満足〕
  ●Community Satisfaction  〔社会満足〕
  ●Comrade Satisfaction    〔社員満足〕
  ●Corporate Satisfaction   〔会社満足〕

【サティスのコンサルティング案内】
 ●経営改善支援
  *経営戦略作成・実施   *マーケティング・営業力強化
  *コストカット       *人事評価・処遇制度
 ●各種セミナー・講師派遣

サティスの会社案内は、こちら
http://www.satis-welfare.jp/

******************************


◎執筆者:梅津政記(中小企業診断士)
 梅津のプロフィールはこちら
 http://www.satis-corp.jp/category/1192223.html

◎再生コンサル直伝!会社を幸福にする業績のあげ方
 バックナンバーはこちら
 http://www.satis-corp.jp/category/1191730.html
 配信停止はこちら
 http://www.mag2.com/m/0000252662.html

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

【発行元】株式会社サティス
〒601-8414 京都市南区西九条蔵王町53
TEL : 075-662-8058 FAX : 075-662-8059
URL : http://www.satis-welfare.jp/

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●






【引用ここまで】
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/566-0bff29b5
    この記事へのトラックバック



    fx