梅津政記『部下を幸福にできない上司は辞表を書きなさい』 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 宮城県議会 不登校・ひきこもり対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議座長。

自由民主党・県民会議
 事務局長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局長。
 芸術文化議員連盟 副幹事長。
 防衛議員連盟 幹事長。
 防災議員連盟 事務局長。
 日越交流宮城県議会議員連盟 幹事長代理。
 みやぎの印刷産業振興を考える議員連盟 事務局長。
 宮城オルレ・トレイル推進議員連盟 事務局長。
 宮城県議会行政書士議員連盟 事務局長。
日韓親善宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県スポーツ議員連盟 幹事。
  宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 副幹事長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党青年局 中央常任委員(東北ブロック)。
自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。

宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
みやぎパラボウリング協会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区PTA連合会理事。
 若林区まちづくり協議会会員。
 沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会会長。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 仙台市地域ぐるみ生活指導連絡協議会幹事。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

梅津政記『部下を幸福にできない上司は辞表を書きなさい』

2012年01月19日 18:00

梅津政記さんの著書、

『部下を幸福にできない上司は辞表を書きなさい』 


という本が、勉強になりましたので
みなさんにシェアしたいと思います。

ちょっと刺激的なタイトルですが、
読み応えのある本ですね。

ちょうどアマゾンキャンペーンをやっているので、
これを機会に購入して見るのもよろしいかと思いますが、
この本のなかでなるほどなと思った点を何点かご紹介します。



一つ目は、20代若者にどうやってチャレンジ精神を植え付けるか?

いま就活に一生懸命な22,3歳の方によく会いますが、
彼らは、生まれた時から日本は不況で、
活気のない日本で暮らしているわけです。


私たち団塊ジュニア世代はかろうじて、
高校大学にバブルを経験していますが、
それ以後の世代は、デフレと不況の時代でありました。


梅津さんは以前、彼らから

「生まれたときから不況ですから、いい日本なんてイメージできません」

という言葉を聞きます。


いまの若者に活気がなく、
積極的に社会に出たがらないのもわかります。

同時に、幼いときから欲しいものは苦労せずに与えられてきたわけで、
わざわざいまの温室を出て、
社会の荒波にもまれたくないのだろうと。



それではどのようにすれば彼らを前向きにさせ、
チャレンジ精神をもたせることができるのでしょうか?


────────────────────────────
【引用ここから】


まず自分の未来設計に関し、明るい将来をイメージできなければなりません。
しかし、彼らには不況に苦しむ日本しか経験していません。
自分の明るい未来などをイメージできないのです。


そういった彼らに、いきなり、

「自分の将来目標を持ちなさい」

といっても、彼らはどうすればいいのか、わかりません。


まずは、指導する側で、達成可能な目標を与え、
成功体験を積ませることで、
プラスのイメージをつくりあげてあげることが大切です。


この小さな成功体験を積み重ねることによって、
彼らにチャレンジ精神を植え付けなければなりません。

根気のいる作業ですが、若者のチャレンジ精神の復活が、
明るい未来を描く第一歩になるのではないでしょうか。


【引用ここまで】
────────────────────────────


なるほどなと思いました。
まずは上司の側が、

「達成可能な」

目標を与えて、

「成功体験を積ませる」


これは個人レベルでもいい手法だと思いました。

小さな成功体験の積み重ねは、
自分に自信を与えてくれます。

これを上司が誘導することによって、
自信をつけさせる。




二つ目は、欠点を大切にするという話。
ある少年のエピソード。


────────────────────────────
【引用ここから】

アメリカの学校で理科の授業中、
実験に使っていたマウスが逃げ、
どこに隠れたのかわからなくなった。

女性の教師はみなに探させたが見つからない。

そこで全員を席に着かせ、自信たっぷりにこう言った。


「これだけ探して発見できないのなら、
 あとはモリス君にお願いしましょう」


途端に、ちょっと待って、何でアイツが、という声があちこちから起こった。

教室はざわめき、1人が

「モリスには無理です」

と手を挙げて言った。


実はモリスは目が不自由なのである。


教師は答えた。

「なるほど、確かに目が不自由です。
 だからモリス君には無理だとみなは思うかもしれません。

 でも先生は知っています。
 モリス君は目は不自由でも、神様から素晴らしい能力をもらっています。

 聴力です。

 それを活かせば必ずマウスを見つけてくれると先生は信じています。
 モリス君、お願いできますか」

モリスは期待に応えて探し出した。
そして日記にこう書き残した。


「あの日、あのとき、僕は生まれ変わった。

 先生は僕の耳を神様がくれた耳と言って褒めてくれた。

 僕はそれまで目が不自由なことを心のなかで重荷に感じていた。
 でも先生が褒めてくれたことで僕には大きな自信がついた」


このマウス事件から十数年。

神の耳を活かして音楽の道に進んだスティービー・モリスは、
シンガー・ソングライターとして鮮烈なデビューを果たし、
グラミー賞やアカデミー賞を何度も受章する。

スティービー・ワンダーという名前で。

(木下晴弘著「ココロでわかると必ず人は伸びる」より)


【引用ここまで】
────────────────────────────


これもやはり、
小さな成功体験でありますが、

欠点と思っていたものを大切にし、
実はそれが長所だということに気づいたとき、

人間は大きなことができるというよい例なんだと思います。


部下に対し、
お前はこれがダメだあれがダメだというのではなくて、
これはいい点であれもいい点だ、
ということも指摘してあげるとちがった結果が生まれるのかもしれません。


ということで、読んでみるといろいろな反省点が見えてきたり、
ヒントもいろいろありますので、
上司や部下との関係に悩んでいる方は読んでみてはいかがでしょうか。


『部下を幸福にできない上司は辞表を書きなさい』 



梅津さん、献本いただきありがとうございました。



関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/555-6c3e7d1b
    この記事へのトラックバック



    fx