大屋晋三、未亡人と関係を持ち、責任をとる─帝人社長(昭和時代の私の履歴書) - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

大屋晋三、未亡人と関係を持ち、責任をとる─帝人社長(昭和時代の私の履歴書)

2012年01月18日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。



私の履歴書─昭和の経営者群像〈7〉




大屋 晋三(おおや しんぞう、明治27年(1884年)7月5日 - 昭和55年(1980年)3月9日)は、
日本の政治家、実業家。参議院議員。帝人社長。

大屋政子の夫として有名ですね。




明治27年群馬県生れ。
鈴木商店から大正14年帝国人絹に移り繊維一筋。
昭和20年社長。
22年参議院議員、商工・運輸相。
31年社長復帰、テトロン導入で再建に成功、長期間経営に当たる。
55年3月9日死去。


「私の履歴書」は昭和33年5月に連載している。




大屋晋三のお話の続きです。


大屋は苦学の末、一ツ橋を受験しますが、
受験の少し前に、最初の妻、従姉茂登子との関係ができます。

大正2年12月に、東京市役所の建築技師をしていた彼女の夫が、
二児を残して急死したのでした。

兄や亡夫の兄夫婦が心配して退職手当などを元手に
芝白金三光町に小さな菓子屋を出させます。

店は最初のころは流行って大屋は用心棒がてら
そこに同居して手伝いをしていたのでした。


7月に大屋は一ツ橋に合格を果たします。
生涯で一番うれしかったと大屋はふりかえっています。


しかしまだ21歳なのに9歳も年上の、
しかも二人まで子どもを持つ未亡人と関係し、
大屋は不安を感じていました。


「ついこういう関係になったのだが、
 率直にいって私としては若気の至りということは否定できない。」


そのうちに小一年もすると茂登子が妊娠します。
親族間の意見はまさにごうごうたるもので、
子供ができたところで別れなくてはならぬというのが圧倒的。

大屋は煩悶に煩悶を重ねます。


しかし、この一介の貧乏書生、
苦学をしているようなみじめな男を、
茂登子は食わせてもくれれば身の回りの世話をよくみてくれる。

こうして自分に忠実に尽くしてくれるのを振りすてるのは人情が許さない。

そして、

「自分のやったことは自分で責任をとる。
 まして自分の犯した過ちや、自分の作った業に対しては、
 これに対するつぐないや責めは自分ではたさなければならぬ」


大正5年早々、子供が生まれたのを機会に、
周囲を説き伏せて正式に結婚します。


爾来二十数年、茂登子は糟糠の妻となりますが、
昭和18年死別します。



大屋は、女性関係をオープンにこの履歴書に記していますが、
最近の履歴書には書けないでしょうね。


妻の茂登子と知り合ったころに、
大屋は同時に別の二人の女性に心をひかれていたとも記しています。


一ツ橋に入学した大屋ですが、
自由な学風の下、青春を謳歌し、勉強はやらなかったようです。

しかし一つだけ、福田徳三博士の言葉が印象に残っているといいます。


「君たちは高等商業の学生として実業家になるために、
 商業数学、簿記、ソロバンなど
 実務にすぐ役に立つ学科を学んで覚えるのもよい。

 しかし本当に偉大な実業家、商人になるためには、
 非実用的な学問に見えるアブストラクトな思索の方が大切なのだ。」


その後大屋が世の中に出てからも、
単に実用的な面だけに練達した人間には大したものはいない、
と痛感したそうです。



大屋は、中学時代から、
偉人の伝記をよく読み、
とりわけ後藤新平の人物に心酔したそうです。

後藤新平の言葉です。


「書家が大家として書道に精通するためには
 ある流派を学んで習熟すれば、
 次には他の派に移らねばならぬ。

 次にはまたこれと全く違う流派を学ばねばならない。
 一度出来上がったものをくずして、
 また新しくやり始めることが、
 大をなす要諦である。

 これは画家についても同様で、
 Aを取り、Bを取入れ、幾変遷して
 ここにはじめて自分の個性を発揮して、
 一家の画風を作ることができる。

 人間も同様であって、
 はじめから一つの型にはまってしまっては大成しない。」



大正4年に入ると、店が寂れてきて、
経営が赤字になり、秋に閉店しました。

大屋は父の性癖が遺伝していたのか、
安月給のくせに人にごちそうして喜び、家計は火の車になります。

遊里に出没し、大いに脱線の生活。


そして大屋は一ツ橋を卒業し、
鈴木商店に就職しました。

型にはまった窮屈なところには行きたくない、
まだ完全に出来上がっていない、
これからという新興のよい会社を物色し、
鈴木商店を選んだのでした。

一ツ橋からの就職はほとんどなかったので、
大屋は自らあっせん役になって、
約30名が一ツ橋から鈴木商店に入社します。


入社した大屋は、
さっそく樟脳と薄荷の取引担当になり、
おもしろいほどもうかります。

一日に当時の金で百万円(現在の数億円)もの取引をしたりもしました。


その後、ポートサイド支店、太陽ソーダの天津駐在員などを経験します。
支配人に嫌われ仕事がないときもありましたが、
そんなときにはあらゆる書籍を渉猟乱読し、
碁などを打って鬱を散じます。


しばらくすると、
帝国人絹の事業が広島工場で成功を収めたので、
岩国に近代的な大工場を建設することになって、
土地の買収がはじまります。

そこで大屋に、帝人の岩国工場建設事務所長として行くよう、
金子直吉から勧奨があったのでした。

その理由はどうやら、
大屋はきかん気のやつだから、
土木建設業者を使ってやる突貫仕事の工場建設には
向くだろうということだったらしいです。


最後に大屋は、鳥潟隆三博士の言葉を記しています。

「人間の生命はしょせんは人の手に負えるものではなく、
 最後は神の摂理にゆだねられる」

人間の運命もやはり人間の手には負えないものなのだろうかと。



子どものころから大いに貧しく苦労した人の履歴書は、
大屋の履歴書のように、
前半生の貧しいころにそのスペースを割きます。

大屋の人生から見れば、
帝人での活躍、政治家として大臣として活躍する
そんな人生なわけですが、
そのころの話は全く描かれず、

貧しいときのこと、
女性との付き合い、

についてけっこう書かれています。


履歴書は人それぞれですが、
苦しい時期が自分の人生にとって重要であった、
ということを大屋は示唆しているように感じました。





私の履歴書─昭和の経営者群像〈7〉




昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの
私の履歴書。過去の記事はこちらからどうぞ。






関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/554-043a85f4
    この記事へのトラックバック



    fx