大屋晋三(帝人社長)その1─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 宮城県議会 不登校・ひきこもり対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議座長。

自由民主党・県民会議
 事務局長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局長。
 芸術文化議員連盟 副幹事長。
 防衛議員連盟 幹事長。
 防災議員連盟 事務局長。
 日越交流宮城県議会議員連盟 幹事長代理。
 みやぎの印刷産業振興を考える議員連盟 事務局長。
 宮城オルレ・トレイル推進議員連盟 事務局長。
 宮城県議会行政書士議員連盟 事務局長。
日韓親善宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県スポーツ議員連盟 幹事。
  宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 副幹事長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党青年局 中央常任委員(東北ブロック)。
自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。

宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
みやぎパラボウリング協会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区PTA連合会理事。
 若林区まちづくり協議会会員。
 沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会会長。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 仙台市地域ぐるみ生活指導連絡協議会幹事。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

大屋晋三(帝人社長)その1─昭和時代の私の履歴書

2012年01月11日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。


私の履歴書─昭和の経営者群像〈7〉


大屋 晋三(おおや しんぞう、明治27年(1884年)7月5日 - 昭和55年(1980年)3月9日)は、
日本の政治家、実業家。参議院議員。帝人社長。

大屋政子の夫として有名ですね。




明治27年群馬県生れ。
鈴木商店から大正14年帝国人絹に移り繊維一筋。
昭和20年社長。
22年参議院議員、商工・運輸相。
31年社長復帰、テトロン導入で再建に成功、長期間経営に当たる。
55年3月9日死去。


「私の履歴書」は昭和33年5月に連載している。




帝人を世界的合繊メーカーに育て上げた人です。

大屋政子のイメージが強いのですが、
いまとなっては大屋政子を知らない人も多いのでしょうか。

戦後、大屋政子は、大屋晋三と不倫の末、1950年に略奪婚。
大屋政子は帝人の経営に参画するまでになります。

豆知識。





大屋晋三は、明治27年7月5日、
群馬県邑楽郡佐貫村大字川俣で生まれました。

父は当時35歳、尋常小学校の校長をしていました。
兄姉3人いましたが、生まれて間もなく死んだため、
大屋はたいそうかわいがられて育ったようです。

大屋家は代々、川越の松平藩士でした。
父は正規の学歴はもっていませんでしたが、
漢学の素養は相当あったとのこと。

また酒好きでおしゃれ、
安月給にもかかわらず気ぐらいは高かったと。



大屋はガキ大将でした。
金をまきあげたり、
二、三人を馬にして教室中を乗り回したり。

しかし学業の成績は終始一番で、
クラスの花形だったのだそうです。

メンコに熱中したり、
隣村と石合戦をやったり、
申し分のない悪童でした。


尋常小2年のとき、数え年9つ、
大屋は受け持ちの女の先生に異性を感じます。

四年になると、一級下のハナちゃんに
恋文を書き、同級生に持っていかせました。
これがあろうことか父の手に入って、
さんざんに油をしぼられたり。

大屋は相当なませっ子でした。


明治38年、大屋は高等小学校に進みます。
他村の生徒には負けまいと勉強します。
本を読んだり、
全校生を前に「張良を論ず」という演説をして有名になったり。

しかしこのころから家族が増えたこともあり、
家がいよいよ貧しくなります。


明治40年、大屋は高小2年を終えます。
しかし家庭の事情から
父のところから中学に通うことはできませんでした。


従兄に当たる高山守衛が、
前橋で歯医者として成功しており、

大屋はそこに書生として住みこんで、
前橋中学に通うことになりました。


貧しかった生活ではあったものの、
両親にかわいがられて
平穏で幸福な生活を送ってきた大屋でしたが、

ここから書生として、
他人のめしを食って、浮世の荒波にもまれることとなります。


朝は人より早く起きて掃除、
ぞうきんがけ。

食事も板の間で粗末なものを食べ、
夜は遅くまで患者の治療の手伝い。

兄弟子の山田に意地悪をされ、
勉強する時間もなく、

たちまちにして書生がいやでいやでたまらなくなりました。


一年の助手生活でしたが、
大屋には十年もやったような気がすると。


後年、大屋は東京歯科大学の監事になりました。
高山と当時の学長が頼みに来たのでした。

ある時大学で、
評議員や教授連を前にして
旧時代の歯科医の書生で苦労した話をして、
皆から腹をかかえて笑われたそうです。


人生のめぐりあわせは分からないものですね。



一年で大屋は、高山の家を飛び出し、
父の長兄の家から通います。

自由ができうれしくてたまらなかったそうです。
しかし楽しい生活も一年で終わります。

父が食費も学資も一文も入れなかったため、
いつまでも置くことは出来ぬと追い出されたのでした。


大屋は父の家から通うことになります。
家計はますます苦しく、学校にははだしで登校。

八畳一間に二坪の台所。
家族七人暮らしでした。

毎日の米を買うのにも苦労し、
父祖伝来の長刀を売って米を手に入れることも。

二十数年を経て、
大屋はこの長刀を買い戻しますが、
つくづく悲哀を感じ、「いまに見ていろ」とこぶしを握り締めたそうです。

元日には、食う米さえなくなり、
引き割り麦をたいて味噌をなめてすませました。


こんなときに大屋は教科書に出てきた、
スマイルスの「自助論」に非常な感化を受けます。



「天は自ら助くるものを助く」



中学卒業間際に校長から将来の志望を聞かれます。
友人の増田連也と大屋は、

「政治家になる」

と答えると、校長は、

「政治家は水商売で本当の職業ではない」

と言って、もっと実質的な方面に進むようにと
懇々と諭されたのだそうです。


校長の言っていることは正しいですね。


しかし大屋はほんとうは官吏になりたいと思っており、
一高東大へ行きたいと。

しかし窮乏した家庭の事情を思うと、
まず代用教員をやって家計を助けながら、
学資を貯蓄し、東京に遊学しようと決心します。


明治45年、大屋は邑楽郡長柄村尋常高等小学校の代用教員となります。

大屋は、当時珍しく生徒と友達のように付き合い、
人気を博します。

勉強にも熱心に取り組みますが、
代用教員は一年でやめます。

従兄から、東京で職が見つかったとの連絡があったのでした。


しかしそのころ大屋は、
一日も早く上京したいという思いと、
そのころ付き合っていた女性との
惜別の情のジレンマに陥って苦しんでいました。


大屋は女性と別れ、上京。
日本橋室町の犬塚公証人役場の筆生として働き、
夕方から予備校に通い、一ツ橋合格をめざしたのでした。



このつづきは次週。






私の履歴書─昭和の経営者群像〈7〉



昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの
私の履歴書。過去の記事はこちらからどうぞ。






関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/547-36387fef
    この記事へのトラックバック



    fx