2012年(平成24年)の内外の政治経済情勢を予測する - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

2012年(平成24年)の内外の政治経済情勢を予測する

2011年12月26日 18:00

以前からこのメルマガでも指摘していますが、


未来を予測することは一定程度可能である


と私は思っています。

たとえば平成24年5月10日に渡辺勝幸は37歳になる!

とか、

平成24年7月27日にロンドンでオリンピックが始まる!

ということは、
もう予定として決まっているわけです。


永田町で働いていたとき教えられたことは、
政治的作業の一番要の部分が、
日程を作ることだということでした。

だれがいつどう動くか。

これを知っていると、その後の動きが解るし、
世の中の制度がどのように変わっていくかも、
未来の日程が解れば推測できるようになります。


永田町に限らずビジネスにおいてもそうですね。

したがって、
どんな種類の手帳を使うか、
アナログかデジタルかということよりも、

手帳に書いてあることをどう見ていくか、

ということのほうが重要なわけです。


もちろん人の気持ちや、
突発的災害、事故、人の死などで、
情勢が大きく変化することはありますので、
そこもシミュレーションのひとつです。

今年は3月11日を境に多くの人の人生が変わりました。


私も3月11日と11月13日は忘れられない日になりました。




─────────────────────────────
【2012年(平成24年)の予定】


1月14日 中華民国総統選挙。

1月25日 世界経済フォーラム年次会合(ダボス会議、29日まで)

1月   通常国会召集


2月19日 ギリシア国民議会選挙

2月21日 イエメン大統領選挙実施する。大統領選挙が予定通り実施され、サレハ大統領が辞任すれば、中東での「アラブの春」で退陣するのは4人目となる。

2月 高さ634mを誇り、自立式鉄塔としては世界一となる東京スカイツリーが日本で竣工。なお、人工建造物の中ではブルジュ・ハリファ(828m)に次ぎ世界第二位。


3月4日 ロシア大統領選挙。

3月31日 - 東日本大震災で大きな影響を受けた岩手・福島・宮城の3県が、地デジ放送へ全面移行(日本でアナログ放送完全廃止)。

3月   アメリカ合衆国国勢調査局の推計で3月頃、世界人口が70億人を突破する。

3月   平成23年度予算が成立するも予算関連法成立をめぐり与野党対立?


4月1日 熊本市が政令指定都市に移行。

4月15日 金日成生誕100周年。

4月15日 タイタニック号が沈没してから100周年。

4月17日 アメリカ合衆国軍、この日までに朝鮮半島での有事統制権を韓国軍に委譲、米韓連合司令部を解体。

4月   フランス大統領選挙。

4月   柳京ホテル(北朝鮮)が完成か


5月12日-8月12日 麗水国際博覧会

5月15日-22日 G8サミット(シカゴ)

5月20日 北太平洋上を中心に、中国、日本、アメリカ合衆国などで金環食観測(日本、中国を含む日付変更線の西側では5月21日)。東京では、7時32分頃、太陽高度35度で継続時間5分4秒の金環となる(この地域で金環食が観測出来るのは江戸時代の1839年以来173年ぶり)。

5月22日 東京スカイツリー開業予定。


6月6日 日本、韓国、中国東部、フィリピン、オーストラリア、ニュージーランド、西太平洋上、ハワイ、および北アメリカの一部で金星の日面通過観測。

6月   G20メキシコ・ロス・カボスサミット

6月   仏国民議会選挙(下院)

6月以降? WiiU発売。


7月27日-8月12日 ロンドンにて第30回夏季オリンピック開催。


8月29日-9月9日 ロンドンパラリンピック開催。


9月8日-9日   APEC首脳会議(ウラジオストック)

9月   民主党代表選。自民党総裁選。

9月   臨時国会召集?


10月5日 ザ・ビートルズ、レコードデビュー50周年

10月   第18回中国共産党党大会開催。胡錦濤総書記・国家主席の後継が選出される。


11月6日 アメリカ合衆国大統領、上院、下院各選挙投票日

11月13日 南太平洋上、オーストラリア・クイーンズランド州およびノーザン・テリトリーの北部の一部で皆既日食観測(オーストラリアを含む日付変更線の西側では14日)。

11月28日 日本、オーストラリアなどを中心に、東アジア、オセアニアほぼ全域とロシアの大部分、および北アメリカの北西部の一部で半影月食観測。



12月21日-12月23日 京都議定書規定の、2008年から5年間の温室効果ガス年平均排出量削減目標期限。

12月   韓国大統領選挙。


─────────────────────────────


2012年特徴的なことは、
米中ロをはじめ世界各国で指導者が交代する年になるということです。

多くの国では選挙の年になるので、
必然的に内向きに、対外強硬路線をとる年になります。


すでに最近でも、
韓国の大統領が突然慰安婦問題を提起したり、
ロシアのプーチンをめぐる動きが活発になってきていますね。


先進国では、リーマンショック以来、
財政出動を進めてきましたので、
もはやこれ以上の借金はむずかしいですね、
というところまで来ています。

欧州危機をどう解決していくかが重要になってきます。

財政で手を打てないとなると、
必然的に先進諸国は為替に頼らざるをえません。

自国通貨をいかに下落させるかという
ちょっと不思議な状況がさらに続くでしょう。

何もしていない日本だけが円高に苦しむと。


一方、新興国の傷は浅いものがありますので、
財政出動の余地はありますね。

低迷する先進国と好調な新興国の差が開く年となるかもしれません。


具体的に各国政治選挙状況をみていきます。


アメリカですが、共和党候補がまだきまっていません。

オバマ大統領は支持率低下、
苦しい状況ですが、
これといった候補がいないことを幸いに、

そして着実に来年に向けてばく大な政治資金を集めているようですので、
現職の強さが最後にはあらわれてくるかもしれません。


ロシアは、
下院選で与党が苦戦したこと、
そして意外なことに反プーチンデモが力を持ってきているように感じられます。

プーチンが強硬路線をさらにこれから見せていくでしょうから、
当選したとしてもやはり波乱要因があるでしょうね。


フランスは経済情勢が悪化しています。
サルコジ人気も落ちてきていて、
現職が厳しい戦いになるかもしれません。


台湾は年明けすぐに総統選ですが、
現職の馬総統が再選すれば、さらに中国と緊密な関係を進めるでしょう。
与党が割れている状況を野党がうまく利用すると、
政権交代の可能性もあるかと思います。


韓国は野党に勢いがあります。
親日的だった李明博大統領でしたが、
大企業優先の経済運営が格差の拡大をひろげており、
ソウル市長選など与党の敗北が相次いでいます。


北朝鮮は金正日死去により、
金正恩が後継とされていますが、
その能力は未知数。
不安定化は免れないでしょう。


中東シリアとイスラエルの動向が、
情勢に変化を与える可能性も見過ごせません。


昨年は、特に大きな事件はないだろうと、
凪の年を読んでいましたが、
大震災によって日本は大きく世の中が変わりました。

今年は、国際的にも大きな変化が予想されます。
日本は相変わらず民主党政権が動いていませんが、
それでも世界は動いていきますので、

しっかりとした世の中を日本も作っていかなければならないと感じています。
時間はあまりないですね。
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/529-03701f15
    この記事へのトラックバック



    fx