海外駐在中なすべきことと人事の風通し─岡崎嘉平太(全日空相談役)その4─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 宮城県議会 不登校・ひきこもり対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議座長。

自由民主党・県民会議
 事務局長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局長。
 芸術文化議員連盟 副幹事長。
 防衛議員連盟 幹事長。
 防災議員連盟 事務局長。
 日越交流宮城県議会議員連盟 幹事長代理。
 みやぎの印刷産業振興を考える議員連盟 事務局長。
 宮城オルレ・トレイル推進議員連盟 事務局長。
 宮城県議会行政書士議員連盟 事務局長。
日韓親善宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県スポーツ議員連盟 幹事。
  宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 副幹事長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党青年局 中央常任委員(東北ブロック)。
自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。

宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
みやぎパラボウリング協会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区PTA連合会理事。
 若林区まちづくり協議会会員。
 沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会会長。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 仙台市地域ぐるみ生活指導連絡協議会幹事。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

海外駐在中なすべきことと人事の風通し─岡崎嘉平太(全日空相談役)その4─昭和時代の私の履歴書

2011年12月14日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。


私の履歴書─昭和の経営者群像〈6〉


岡崎嘉平太の話の続きです。

岡崎は人に、先輩に恵まれました。
時系列の履歴書ではなくて、
人物との関係テーマの履歴書です。


日本銀行理事大阪支店長の中根貞彦とのお話です。
当時岡崎はベルリン駐在を命ぜられ、
中根支店長にそのあいさつにいきます。

すると、中根は以下のようにいいます。


「君ベルリンヘ行ったって、
 おきまりの経済報告なんかに時間を費やさなくてもいいよ。

 いまベルリンには七社ばかりが共同して
 同盟通信の記者を派遣して経済報告をさせている。

 君がいくら勉強しても彼に追い付くことはできないだろう。
 無理をする必要はない。

 それよりも、ドイツに行ったらドイツの友人をつくり、
 なるべく家庭的にも交際して、
 ドイツ人の“ものの考え方”を知って来なさい。

 遊んでもいい。
 つまらない報告を書く時間をドイツの研究に当てるのだ。

 それは将来世界的な問題が起きて、
 日本銀行としてこれに対する方針を立てねばならぬとき、
 ドイツ人はこの問題をどう考え、
 どう処理するだろうか、
 ということを君に聞く時があろうから、
 それに備えるためのドイツ行きなのだ。

 ロンドン、ニューヨーク、パリに
 若い行員を派遣するおもな目的もここにある。

 短い滞在期間を有効に使って、
 ドイツ通になるのだね・・・・・・・。」


岡崎は、この中根の訓示が焼き付き、
人生行路においての一つの強い指針となったと言っています。

実際ベルリン滞在中に、
ナチスの台頭があり、

岡崎は第一次大戦の復讐戦を起こし、
ポーランドに攻め込むであろうと推測できたのは
この教えの賜物と述べています。



ベルリン滞在中は、大使館の人間ともよくつきあい、
坂西一良陸軍武官(中佐)のお話が書かれています。

坂西中佐の父は坂西利八郎中将で中国通として有名な人でした。
坂西中佐とはベルリンでよく酒を飲んだそうですが、
その時に記憶に残っていたことについて述べています。


「陸軍の少壮軍人がいろいろ問題を起こしているので、
 自分が参謀本部にいたときに、
 なんとかこの問題を解決したいと思い、
 同志と相はかって騒ぎをおさめるのに努力した。

 問題はいろいろな面を持っているが、
 その中の重要なものの一つに人事問題がある

 日露戦争の終わりころに幼年学校をたくさんふやした。
 そのころ幼年学校にはいったものは
 昭和にはいって佐官級になったが、
 それからの進級はなかなかできない。

 軍人といえども人間だから、
 自分の前途に行き詰まりを感じて
 なんとか打開しなければならないという気持ちが強くなった。

 中学校や高等学校に配属将校を置くようにしたのだけれども、
 それでみんなが満足するわけがない。

 陸軍がゴタゴタしている一つのもとは
 これが底流にあるからだ。

 岡崎君、君も将来実業界で活躍し、
 会社を主宰することになるだろうが、
 人事の風通しをよくすることが大切だよ」


昭和初期の軍部の動きを、
人事面から言及したものというのは、
なかなか少ない分析だと思いますが、
正鵠を射ている分析だと思いますし、

これは現代においても役所だけではなく、
会社においても言える人事の要諦ではないかと思います。


「人事の風通しがよくないと、
 すぐには表に現われないが、
 不満が底流となって思わぬところに出てくる」


岡崎がさらに引き合いに出しているのは、
アメリカ初代大統領ワシントン。

ワシントンが二期で引退し、
マウントバーノンに引っ込む。

そして問題が起きて使いが来れば、
自ら馬車を駆り、ワシントンにやってきて調停し、
終われば帰ると。


さらに岡崎は、
人事面で風通しを良くしながら同時に、

「会社とか国には元老というものが必要だ。
 元老が離れたところにいて、
 大きいことを見守っていくようにしなければならない。

 偉いから、引きとめられるからといって、
 いつまでも現職にいることはいけないことなのだ」

と考えるようになったと述べ、
徳川家康が駿府に住んだことを指摘しています。

また岡崎はこのことを念頭に、
ヒトラーが終身総統になるということを聞いて、
ナチス幹部に、
ヒトラーは任期を決め、
任期が来たら後継者に譲るべきだと意見したりもしています。


人事はむずかしいものですが、
風通しを良くしつつ、元老を重要視する、
この点は、いかなる組織であっても参考になるのではないかと思います。


次回、岡崎の中国観など、さらに続けます。




私の履歴書─昭和の経営者群像〈6〉
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/517-2975d375
    この記事へのトラックバック



    fx