ウォルト・ディズニー─伝統を守り、伝統を壊す─DIAMOND Harvard Business Review - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

ウォルト・ディズニー─伝統を守り、伝統を壊す─DIAMOND Harvard Business Review

2011年12月08日 18:00

ウォルト・ディズニー・カンパニー社長兼CEOの

ロバートA.アイガーさんが、

『DIAMOND Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2011年12月号』において、


「成長企業のリーダーは進化を追求し続ける
 ─ウォルト・ディズニー─伝統を守り、伝統を壊す」

というタイトルのインタビューを受け、
その記事が掲載されていますので、
これをみなさんにシェアしたいと思います。



DIAMOND Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2011年12月号


誰もが知る企業、ディズニーのCEO。

アイガーが就任する以前の五年間は、
敵対的買収が企てられたり、
株主の反発を招いたり、

取締役会の重要メンバー二人の間に確執があったりなど、
ディズニー社にとって苦しい時期でした。


アイガーはこの確執を終わらせたわけですが、
ディズニーでは長年にわたり、

現代主義者
伝統主義者の間で

緊張が続いてきたのだそうです。

アイガーは、
伝統を重んじることのみならず、
確実に進化を続けることの重要性を信じました。

過去を重んじる必要はあるものの、
おのれの過去をあがめることは間違っていると、
アイガーは社内でも口を酸っぱくして主張しているのだと。




ディズニー社では、
当然のことなのでしょうが、
ミッキー・マウスについてさまざまな議論が交わされているのだそうです。


ミッキーの見た目はどうあるべきか。

どのように動くべきか。



「ミッキーをいじることはできない」
と主張する一派もいますが、

アイガーは、
ウォルト・ディズニーは「イノベーションを生み出し続けた」のだ
と主張します。


そもそものミッキーは、
いたずら好きで向こう見ず。

ところがミッキーが大変な人気者になった時、
その振る舞い方が子どもたちに影響を与えるおそれが出てきたため、
このキャラクターの好ましくない部分が矯正されます。

そこでミッキーの性格を抑える一方で、
ドナルド・ダックを登場させます。

そしてドナルドを、
いたずら好きで怒りっぽい問題児というキャラクターにしたのだそうです。


やがてミッキーは万人を楽しませるエンタテイナー、
もてなし役、企業のシンボルとしての存在感を強めることになり、
キャラクターのおもしろみは弱まります。


そしてアイガーたちは議論の末、
ミッキーを初期のキャラクターに戻す必要がある
と結論づけたのでした。



また、アイガーは、
リーダーに必要な特性として、


楽観主義者であること


をあげています。

職場では熱意と気迫を示し、
失敗して落ち込んでいる姿をほかの人たちに見せてはいけないと。

そして失敗するときは、
月並みに失敗するのではなく、
何か真に独創的なやり方で、
真にリスクを負って失敗すべきと言っています。

アイガーは、
たくさんの失敗も経験したおかげで、
きわめて早い段階で失敗から立ち直る術を会得したと言っています。


彼が23歳の時、
上司から「君には出世は無理だ」と告げられます。

幸いに自分自身を信じていたアイガーは、
上司は間違っていてそのことを証明したいと思ったのだそうです。




このインタビューでもう一つ興味深かったのは、
ディズニーのコンテンツをつくるに当たって、
ディズニー・ファンたちの手を借りてみてはどうかとの質問への答えです。

アイガーの答えは以下の通りでした。


「私の経験から申し上げれば、
 創造的な活動に委員会のようなアプローチを採用すると、
 たいてい失敗します」


大勢の人たちを集めれば
これまで以上の創造性が得られるとは思っていないと
アイガーは言っています。


なるほどなあと。


アイガーは、自分の仕事を楽しんでおり、
「素晴らしい仕事」だと最後に言っていますが、

そういう仕事にめぐり会えていいなあと思うのではなく、
そういう考えを持っていることがすばらしいのだなあと思いました。


ウォルト・ディズニー社CEOの考え方は、

現代VS伝統、
リーダーの在り方、
創造性とは何か、


ということについて大きな示唆を得られたように感じました。

ぜひみなさんにも読んでいただきたいインタビュー記事ですね。







DIAMOND Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2011年12月号


特集 [ケース・スタディ]リーダーの役割と使命

持続可能性との両立
コカ・コーラ:10年間で事業を2倍に成長させる
ムーター・ケント ザ・コカ・コーラ・カンパニー 会長兼CEO

成長企業のリーダーは進化を追求し続ける
ウォルト・ディズニー:伝統を守り、伝統を壊す
ロバート A. アイガー ウォルト・ディズニー・カンパニー 社長兼CEO

コンシャス・キャピタリズムを貫く
ホールフーズ:利益や株価は二の次である
ジョン・マッキー ホールフーズ・マーケット 共同創業者兼共同CEO

メグ・ホイットマン後の成長戦略
イーベイ:「構え、撃て、そして狙え」
ジョン・ドナホー イーベイ 社長兼CEO

コスト削減ではなく、成長を目指した変革
1年半で再建を成し遂げる
グレゴリー S. ベイブ バイエル・コーポレーション 社長兼CEO

インド発BPO企業の成功物語
GEの遺伝子を継承し、世界に飛躍する
プラモッド・バシン ジェンパクト 創業者

ヨルダンの国際宅配便企業の臥薪嘗胆
フェデックスやDHLに挑む
ファディ・ガンドゥール アラメックス・インターナショナル 創業者兼CEO

想定外のリコール騒動から得た教訓
業界リーダーの使命
ファルザド・ラステガー マクラーレンUSA CEO

成長拡大期の後継者選び
リーダーの要件は発展段階で変わる
ジェフリー・ホレンダー セブンス・ジェネレーション 共同創業者
ビル・ブリーン 元 セブンス・ジェネレーション 編集ディレクター


HBR Article

グーグル、インテル、GE、ファイザーの取り組みに学ぶ
新興国の女性人材を獲得する法
シルビア・アン・ヒューレット センター・フォー・ワークライフ・ポリシー 所長
リパ・ラシッド センター・フォー・ワークライフ・ポリシー シニア・バイス・プレジデント

700超の事例調査が教える
BOP市場開拓のベスト・プラクティス
アシシ・カラムチャンダニ モニター・グループ モニター・インクルーシブ・マーケット・イニシアティブ リーダー
マイク・クブザンスキー モニター・グループ モニター・インクルーシブ・マーケット・イニシアティブ リーダー
ニシャント・ラルワニ モニター・グループ モニター・インクルーシブ・マーケット・イニシアティブ リーダー

OPINION

共感は、人類の資本である
山極壽一 京都大学大学院 理学研究科長 国際霊長類学会 会長

CHIEF OFFICERS

不確実性の時代にこそ求められるシミュレーションの力
服部正太 構造計画研究所 代表取締役社長 CEO
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/511-874e3de5
    この記事へのトラックバック



    fx