就活キュッカ2012内定者報告(Yくん) - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 宮城県議会 不登校・ひきこもり対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議座長。

自由民主党・県民会議
 事務局長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局長。
 芸術文化議員連盟 副幹事長。
 防衛議員連盟 幹事長。
 防災議員連盟 事務局長。
 日越交流宮城県議会議員連盟 幹事長代理。
 みやぎの印刷産業振興を考える議員連盟 事務局長。
 宮城オルレ・トレイル推進議員連盟 事務局長。
 宮城県議会行政書士議員連盟 事務局長。
日韓親善宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県スポーツ議員連盟 幹事。
  宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 副幹事長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党青年局 中央常任委員(東北ブロック)。
自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。

宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
みやぎパラボウリング協会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区PTA連合会理事。
 若林区まちづくり協議会会員。
 沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会会長。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 仙台市地域ぐるみ生活指導連絡協議会幹事。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

就活キュッカ2012内定者報告(Yくん)

2011年10月24日 18:00

就活キュッカに参加していたYくんの
内定者報告をいただきましたので、
就活前の人も、社会人も、社会から引退された方も、
ぜひ読んでいただければと思います。

社会人のみなさんから、
みっちり指導していただいたYくんでしたが、
明らかに成長されたなということを
この一年のやり取りから感じられました。

ぜひふるさとの発展のために、
いい仕事をしていただきたいなと思います。






0.  はじめに

はじめまして。就活キュッカ2011に参加しておりましたYと申します。今年9月に故郷の県庁から内定を頂きました。私が初めてキュッカに参加したのが昨年9月だったと記憶していますので、私の就活は丁度1年間、更に公務員試験の勉強期間も含めるならば約2年間に及ぶ長期戦でした。日記をつける習慣のない私にとって、この長い期間を完全に思い出すことは至難の業です。しかし、思い出せるだけのことをここに書き連ねることで、これから就活をされる皆様のお役に少しでも立つことができれば幸いです。


1. 堅苦しく、自分に自信のない男

 初めてのキュッカでのことは、今でもよく覚えています。私は公務員を志望していたので、早速その設定で模擬面接を行いました。
面接終了後、とにかく「君には面白みがない」ということを言われました。生来コミュニケーション下手を自認していた私にとって、この指摘はすんなりと受け入れることができました。他方、「受け答えはしっかりしている」など、お褒めの言葉も頂きました。しかし、不思議なもので私はそれを全く信じませんでした。元々私は劣等感の強い人間で、人からの褒め言葉も「どうせお世辞だ」と決めてかかる傾向があったのです。
このように、私は初めてのキュッカにおいて「堅苦しく、自分に自信のない男」として華々しい(?)就活デビューを飾りました。


2. OB訪問を重ね、自己PRを「盗んで」いく

 コミュニケーション下手を打破するため、私はどんどんOB訪問を行いました。大学での人脈は勿論、親の友人や、郷里の東京県人会にも協力を仰ぎました。食料品、製鉄、商事、マスメディア、行政職公務員、警察官などなど、様々な業界の方にお会いしました。
ところで、私はそれらの方々にお会いするに当たり、必ずある質問をするよう心がけていました。
それは、「学生時代に経験したことの中で、今でも役に立っていると感じることはなんですか?」という質問です。
この質問に対する答えはまさに十人十色でした。私はそれらの答えを、どんどん盗んでいきました。例えばある方は、私の質問に対し、「卒業論文の執筆経験が役に立ったね。横溢する多くの情報をまとめ上げ、自分の言葉でアウトプットに変えるという経験は、社会に出てからも必ず役に立つはずだよ」と仰いました。私は早速この言葉を盗みました。幸い私には、大学二年次に論文を書いた経験があったので、この言葉を流用して自己PRにしてしまうことができたのです。
このように「盗作」を重ねることで、私の自己PRはどんどんバリエーションが増えていきました。同時に、「あぁ、自分という人間にはこんなにPRポイントがあったのか」と、ほんの少しだけ自信がついていったのを覚えています。


3. 就活スタート、そしてスランプ

 2011年に入ると、いよいよ就活は本格化しました。私のESは順調に選考を通過し、3月20日、遂に私は人生初の採用面接に臨みました。結果は……見事に玉砕です。もともと業界分析の段階で、自分とは合わないかなと感じていた企業だったので、悔いは残りませんでした。しかし、キュッカ等で面接練習を重ねていた自分にとって、一次面接での玉砕は予想外でした。
 その後も私は、ESにおいて落ちることはまずありませんでした。OB訪問での「盗作」や、キュッカでの添削が活きた結果だと思います。ところが、やる面接やる面接、一次で悉く玉砕です。なんと採用試験を受けた全企業中、二次面接以降に進めたのは僅かに2社だけでした。


4. 衝撃の事実が発覚

 第一志望である地元県庁への採用面接が迫る中、これまでの面接戦績を思うと、私は不安で仕方ありませんでした。そんな折、ある模擬面接を受けた時のことです。面接終了後、教官の口から、こんな衝撃の事実が言い放たれました。

君の面接は「面接」じゃない。「演説」だ。

 これこそが、私のスランプの原因だったのです。私は自己PRを繰り返し練り、志望動機などもしっかりと固め、様々な場(もちろんキュッカも含め)で何度も面接練習を重ねてきました。ところが、それが仇となり、私は面接に慣れすぎたのです。私は同じことを淀みなくしゃべる蓄音機と化し、ひたすら「演説」を繰り返していたのです。これでは面接に合格するはずがありません。
 この事実が発覚した20日後、私は地元県庁の採用面接に臨みました。初心に帰り、演説ではなく、相手と言葉のキャッチボールをするよう努めました。結果私は合格し、県庁への内定が決まりました。


5. 就活を振り返って

 就活が終わって今の自分を振り返ると、ほとほと呆れます。今でも私は、「堅苦しく、自分に自信のない男」のままです。相変わらずコミュニケーションは苦手で、ちょっとしたことですぐ落ち込み、人からの褒め言葉は素直に受け取れません。しかし、就活前と今とで、決定的に変わったことがあるとするなら、それは、「そういう自分の短所を知っている」ということだと思います。例えば、必要以上にヘコんだ時には、「あ、今、自分の悪いところが出てるな」と気づきます。そうすると、ほんの少しだけ、次に進むべき道が見えることもあります。
 そう考えてみると、あの嫌な就活も、全く無意味なものではなかったのかなと思えてくるのです。

6. ちなみに……

 私は、面接前には必ず、中原中也の詩集を読むようにしていました。昂ぶる気持ちが治まり、リラックスできるからです。これから就活される皆様も、ぜひ自分なりのリラックス方法を考案されておくことをお勧めします。
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/472-1157c0a1
    この記事へのトラックバック



    fx