本田宗一郎(本田技研工業社長)─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 宮城県議会 不登校・ひきこもり対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議座長。

自由民主党・県民会議
 事務局長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局長。
 芸術文化議員連盟 副幹事長。
 防衛議員連盟 幹事長。
 防災議員連盟 事務局長。
 日越交流宮城県議会議員連盟 幹事長代理。
 みやぎの印刷産業振興を考える議員連盟 事務局長。
 宮城オルレ・トレイル推進議員連盟 事務局長。
 宮城県議会行政書士議員連盟 事務局長。
日韓親善宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県スポーツ議員連盟 幹事。
  宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 副幹事長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党青年局 中央常任委員(東北ブロック)。
自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。

宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
みやぎパラボウリング協会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区PTA連合会理事。
 若林区まちづくり協議会会員。
 沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会会長。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 仙台市地域ぐるみ生活指導連絡協議会幹事。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

本田宗一郎(本田技研工業社長)─昭和時代の私の履歴書

2011年09月07日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。


私の履歴書─昭和の経営者群像〈6〉


本田 宗一郎(ほんだ そういちろう、1906年11月17日 - 1991年8月5日)は、
日本の実業家、技術者。
本田技研工業(通称:「ホンダ」)の創業者。



明治39年静岡県生れ。
昭和3年自動車修理で独立。
9年東海精機を設立するが失敗、浜松高工に通学。
21年本田技研設立、社長、
オートバイ生産開始。
37年自動車生産開始。
48年最高顧問。
平成3年8月5日死去。


私の履歴書は昭和37年8月に連載している。


「世界のホンダ」
本田宗一郎のお話です。

いろいろなところに本田宗一郎の話は出てきますが、
人生を一から見たのは初めてだったので、
非常に興味深く読みました。

やはり大物はちがうのかなあと。
成功の三要素もやはりこの人生にもありました。



本田は明治39年、浜松市の在、
静岡県磐田郡光明村(現在天竜市)で生まれました。

お父さんは鍛冶屋。
本田はふいごとトンテンカンの鎚の音とともに育った長男でした。

家は貧乏でしたが、物心がつくかつかぬかで、
くず鉄を折り曲げては何かわけのわからぬものを作って喜んでいました。

本田は幼い時から農具をつくったり修理をしたりします。
学校に行く前から、機械いじりやエンジンに興味を持ち、
精米屋の発動機をみるのがたまらなく好きな子どもでした。

小学校の理科では、植物や昆虫は苦手でしたが、
電池や天秤、試験管、機械などが出てくると好きになります。

しかし頭ではよくわかり、先生に聞かれれば答えられるのですが、
いざ試験となるとさっぱりでした。

手先は器用な方で、物を造らせればだれにも負けない自信があったのですが、
字ではうまく表現できないのでした。


小学校2,3年のころ、
村に自動車が来たという話を耳にします。

本田はすっ飛んで行き、はじめてみる自動車の後ろにつかまってしばらく走ります。
感激の一語。

停車すると滴り落ちる油のにおいが何ともいえず。
以後隣町に自動車がくると、そのたびに妹を背に子守りをしながら
見に行ったのでした。


大正3年、小学二年のころ、
約20キロ離れた浜松の歩兵連隊に飛行機が来て
飛んでみせるという話を本田は聞きます。

いままで絵では見ていたものの実物を見たことがありません。

何とかして見たいけれども、
父に許してもらえるはずもないと考え、
家族の目を盗み「金二銭也」をせしめ、軍資金を確保。

当日、何食わぬ顔で父の自転車を持ち出し、
浜松に向かってペダルをこぎます。

しかし小2の本田に、大人の自転車は大きすぎました。
尻がサドルに乗らず苦戦。
三角乗りで夢中になってペダルをこぎました。

よろこびいさんで連隊に到着。


しかし練兵場には塀が張り巡らされ、
十銭の入場料をとっていたのでした。

二銭しか持たない本田は、自転車をかかえたまま。

せっかく来たのだ。なんとかみたい。
と、ふと目についた松の木にするすると登ります。

こうして本田少年は目的を達したのでした。
やや遠目ではあったものの、ここで初めて飛行機というものを実際に見たのでした。

ナイルス・スミス号。


帰宅後、はじめ怒っていた父でしたが、
こうやって飛行機をみてきたと話すと、

「お前、ほんとうに飛行機を見て来たのか」

と父親自身感激してしまいます。


わんぱく小僧、いたずら小僧な少年時代を本田は送ったのでした。




その後本田の家は鍛冶屋から自転車屋に商売替えをし、
父はよく「輪業の世界」という雑誌を読んでいました。

あるとき本田がその雑誌を読んでいると、
「アート商会」という東京の自動車修理工場の
求人広告が目についたのでした。

前から自動車修理工場で働きたいと思っていた本田は、
さっそく弟子入りしたいと手紙を出すと、
まもなく「使ってやるから上京しろ」という返事がきます。

大正11年、高等科を卒業し、
父親に連れられ、本田は上京したのでした。




東京・本郷湯島のアート商会。
自動車修理工場の若い見習いに本田はなったのでした。


しかし夢と現実は違いました。

来る日も来る日も主人の赤ん坊の子守りしかさせてもらえなかったのです。
本田は歯を食いしばって我慢します。

手に握らされたものは夢に見た修理道具のスパナではなく、

ぞうきん。


本田は何度も逃げようと思いました。
こんな毎日が半年ほど続きます。


アート商会はなかなか繁盛しており、ある日、

「おい、きょうは忙しくてしょうがないから、こっちへ来て手伝え」

と主人からの声。

本田は夢ではないかと自分の耳を疑いました。

このとき、ワイヤーの切れたアンダーカバーの修理をしたのが
はじめての自動車修理でした。

それから主人に認められ始め、
子守が少なくなり、修理工としての仕事を多くするようになったのでした。


─────────────────────────
【引用ここから】


あとで考えると、やはりあのとき子守りで
半年間がんばったことがよかったのだと思う。

あのときの苦労と喜びを思い出せば、
どんな苦しさでもけし飛んでしまう。

長い目で見れば人生にはムダがない。


【引用ここまで】
─────────────────────────



本田が見習い奉公を始めて一年、
大正12年の9月、関東大震災が発生しました。

そのとき本田は真っ先に電話に飛びつきます。
電話がいかに当時高価なものだったかということですね。

しかし主人にどなられます。

「電話機だけ持って出てもなんにもならん。
 それより早く自動車を出せ。
 運転のできる者は一台ずつ運転して安全な場所へ運べ」

本田は内心しめたと思いながら
修理中の自動車に飛び乗って街路に出ます。
初めて自動車を運転したのでした。


アート商会は焼け、神田駅近くのガード下に移転。

暇さえあると、オートバイに乗って焼け野原の町中に出ます。
田舎に帰るのに困っている人たちをサイドカーにのせ、
板橋あたりまで乗せてやると礼金をたくさんくれたのでした。

本田は毎日のようにオートバイを乗り回すのが
おもしろくてたまりませんでした。


自動車運転、オートバイ散歩、修理技術をおぼえるなど、
本田にとってはむしろ震災さまさまでした。


アート商会では、本田は技術の習得が早く、
一人で外部に出張する機会も少しずつ増えてきます。


本田が18歳のとき、盛岡へ出張して消防自動車をなおしてこいと言われます。
ついてみると、向こうの消防団関係者はみんな妙な顔。

「こんな若者に何ができるんだろう」と。

あてがわれた宿の部屋は、
お手伝いさんの隣の部屋。

そして本田が自動車をどんどんばらしていくのを見て、
こわされてしまいはしないかとハラハラ。

「お前さん、そんなにして大丈夫かね」と。

黙々と作業を続ける本田は、
三日目に元通り組み立てを終えます。

そして試運転のエンジンをかけると消防車のエンジンは見事に動きだしました。

消防団長らは、びっくりするやらおどろくやら。
バカにしていた人々の目が急に尊敬の色に変わりました。

本田はここで「技術」のありがたさ、貴重さを身にしみて感じたのでした。


アート商会の六年間で、
修理工としての技術を習得、自動車の構造、修理、運転をマスターしました。
主人も本田を信用し、のれんわけをしてくれました。

本田が22歳。
自動車修理業として「アート商会浜松支店」ができたのでした。

とはいえ、実は本田と若者一人というささやかなスタート。

開店当初はなかなか思うように仕事が得られませんでした。
しかし、よその修理工場でなおらなかった車がなおったということがあって
評判になり始め、仕事が軌道に乗り出しました。

そして最初の年に80円が残りました。
本田は働きまくりました。

当時の車輪は木製だったことから、
鋳物製のスポークを考え特許をとり、
これが好評を呼びインドまでへも輸出されるようになったのでした。


本田が25歳になるころには、
月々千円もうけるのは軽く、工場もどんどん拡張します。

収入が増え、遊びも激しくなり、
金を貯めようという気などはどこかへ行ってしまいました。

若さと金にものをいわせて芸者をあげては飲めや歌えの大騒ぎをしたり、
芸者連中を連れて方々を遊びまわります。


あるとき、本田は半玉を乗せて静岡へ花見に行きました。
したたか花見酒を飲んでその帰り道、
車の中でもおかんをして、なお酒を飲みながら運転して天竜川の橋にさしかかります。

少し行ったところで運転を誤り、
橋の手すりをこわして自動車もろとも天竜川に飛びこんでしまいました。

幸い車は水ぎわ寸前で止まり、二人とも命は助かりました。



またあるとき、浜松で毎年五月に行われる「たこ祭り」の日に
友人と二人で芸者相手に飲めや歌えの大騒ぎをしました。

相当酔っ払っていたのですが、
そのうちに芸者がちょっと生意気なことを言いました。

友人と本田は二人でそれをとがめ、

「このなまいきやろう」

と芸者を料亭の二階から外へ放り投げてしまいます。

その瞬間、ぱっと火花が飛びました。

芸者の体は電線に引っ掛かり、
あたりが停電し真っ暗になりました。

酔いはいっぺんに冷め、芸者をやっとの思いでおろします。
芸者が厚着をしていたので命拾いしましたが、

芸者が死んでいたら今ごろ刑務所暮らし。
いまの本田技研もありえなかっただろうと本田は反省をしていました。


こうした武勇伝を聞くと、
なかなかひどいこともしている本田ですが、
以下のように書いています。


─────────────────────────────
【引用ここから】


こうして若いときにはよく遊んだが、
それは決してむだではなかったと思っている。

花柳界に出入りしていると、
人の気持ちの裏街道もわかってくるし、
いわゆるほれた、はれたの真ん中だから、
人情の機微というものも知ることができる。


【引用ここまで】
─────────────────────────────


28歳のとき、本田は繁盛していた修理工場を閉鎖し、
新しく東海精機株式会社をつくって
ピストンリングの製造を始めます。

修理から製造への一歩前進を策したのでした。


しかしはじめは重役の反対が強くなかなか踏み切れませんでした。

そのうち本田は顔面神経痛にかかり、
医者だ注射だ温泉だと二ヶ月以上仕事から遠ざかってしまいました。

ようやく転換に踏み切ることが決まると、
病気はけろりとなおってしまったのだそうです。


しかし、ピストンリングの製造は
考えていたほど簡単にはいきませんでした。

毎日夜中の二時三時まで鋳物の研究に取り組みます。
本田が一生のうちで最も精魂をつくし、
夜を日に継いで苦吟し続けたのはこのころだったと回想しています。


たくわえも底をつき妻のものまで質屋に運びます。
ここで挫折したら皆が飢え死にするとがんばりますが、
仕事はさっぱり進展しません。

本田は人生最大の、
絶体絶命のピンチに追い込まれたのでした。


つづきは来週に。



私の履歴書─昭和の経営者群像〈6〉
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/413-9ad327de
    この記事へのトラックバック



    fx