放蕩ののち、バリバリ働く─明治記念館、三愛石油をつくった市村清 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 
自由民主党・県民会議
 事務局長
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
みやぎパラボウリング協会 会長。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

放蕩ののち、バリバリ働く─明治記念館、三愛石油をつくった市村清

2011年09月02日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。


私の履歴書─昭和の経営者群像〈6〉


市村清のお話の続きです。

肺を病み、「大病」をした市村は、
その後、「留置場暮らし」も経験します。

保険外交員で成功した市村は、
理研の感光紙の代理店業もはじめ、業績を伸ばしていきました。


そして市村は、満州での代理権も獲得し、
満鉄に理研陽画感光紙を必死になって売り込みます。

昭和9年、市村は30代のことでした。

満鉄で最初に会った、総務部次長に意向を述べると、
言下に「ダメだ」と拒絶されます。

近く満鉄と大島屋の半々出資で
満州写真工業株式会社を作ることになっていると。

だからそこに理研のものを持ち込んでも混乱するばかりだからダメだと。


ところがこの大島屋は、理研の東海地区総代理店。
それが市村の地盤と知りながら、
陽画でない青写真に統一しようと片棒をかついでいるのは何かあるなと。

調べてみると、大島屋は以前から満鉄との付き合いがあることがわかります。
市村は大島屋に厳重な抗議文を送ると同時に、
近くに一間を借りて長期戦の準備を整えます。

次長は、市村に対し、
満鉄ではいまあなたの人格が問題になっているんだといい、

理研の陽画感光紙を宣伝している市村という男は、
警戒を要する人物などと書かれた分厚い資料をとりだします。

これには市村が大島屋に出した抗議文の写しまで添えられていました。


市村はひそかに、
上海での事件が問題ではなかったのでほっとします。

しかしこうなっては満鉄にはよりつけないかもしれないと
大島屋へ抗議したことがなんで僕の人格上の問題なのだ、と開き直ります。

市村はずいぶん大声をあげたらしく、
社員が総立ちになり、総務部長が何ごとかとやってきました。

すると部長は、市村の主張を入れ、
比較試験をやった上でどちらかに決めようといってくれたのでした。

次長の評判はよくないようで、
青写真室の人たちからも反感を持たれていたようす。

結局、一歩進んでいるものがよかろうという方針に落ち着き、
満鉄二十八課全部が理研の陽画感光紙を採用することに決まったのでした。



この満鉄で最初に認めてくれた、根橋調査局長は
理研、大河内正敏先生の親友でした。

根橋局長は上京の折、大河内に


「君はたいした男を代理店に持っているな。
 満鉄ではいまだに市村という男の話で持ちきりだよ。
 満鉄にもあんな男がほしいくらいだ。」


と話します。

そしてとうとう大河内が動き、
本社にきて販売をやってくれないかとの打診があります。

しかしお断り。二回、三回と打診があり、
とうとう四回目に破格の待遇を出してきます。


「九州、朝鮮、満州の代理店はそのままでよい。
 本社では感光紙部長とする。月給、交際費はじゅうぶん出す。
 成績次第で洋行もさせ、やがては重役にもする」


あまりの優遇にいささかびっくりし、
またおれも天下の理研の部長だと思うと
市村は内心はなはだ得意でもありました。

月給300円、交際費500円。

妻を伴い、勇躍して上京します。


しかし世間は甘くありませんでした。


理研に顔を出してみると、
上から下まで温かく迎えてくれた人は一人もいませんでした。

廊下で経理部長に会うと、フンと横を向く。
食堂に行くと、用務員のおばさんまでが、
みんなに食ぜんやはしを配っているのに市村にはくれない。

社内ことごとくが敵。

さらによく観察すると、


「あいつは若いからもりもり仕事をするだろう、
 しかしやがて失敗するに違いない、
 そのときを逃がさず市村排撃をやろうという策略まで
 できていることに気づいた。」


そして市村が思い至った作戦は、

なんにもしなかったらどうだろう

ということでした。

市村は「ぶらぶら生活」をはじめます。
朝は十一時に出社。
大河内先生はもう来ている。

小一時間ほどボヤっとして十二時になると、

「東京視察に行ってきます、お先に失礼。」


行き先は最初は図書館や友人のところでしたが、
だんだんそうもできず。

仕事をしないということは、たいへんな苦痛でした。


そんなある日、銀座交詢社の横を歩いていると、
「ランチタイム無料サービス」
という看板が目に入ります。

“サロン春”という店。

おそるおそる入ってみると、
若いきれいな女の子が三、四人ばたばたと市村を取り巻きます。


「僕は金と暇なら余るほどあるんだが、ここは長く遊んでいてもいいところかい?」

「ええ、そういう人は大歓迎よ。どんなお相手でもしますわ。」


毎日正午になると“サロン春”に通って
手品を習ったりして女性たちと遊んで帰る生活が続きます。

市村にとっては、けっして楽しい生活ではありませんでした。
かれこれ三カ月毎日通い続けたのでした。


とうとう、あいつは何者だと噂になり、
築地警察に連絡されて内偵がすすめられ、
理研本社の耳に入りました。

工務部長からこっぴどく叱られますが、
ことのいきさつをありていに話し、辞表を預けます。

それからしばらくして、

「感光紙部だけは人事権、経理一切を切り離して市村に任せる」

という決定が緊急役員会でなされました。


しかし社内の意地悪がまたあったので、
市村のふんまんはもう一度爆発します。

いよいよ終わりかなと思っていたときに、
大河内から


「感光紙部門を独立の会社にして君にまかせる。
 好きな所へ事務所を移してやってくれたまえ」


といわれます。
市村は感激します。昭和11年、36歳の春でした。



“サロン春”通いは、
ある意味では「放蕩」の極みですね。

浪人、というよりは放蕩といった方がふさわしいかと思います。

繰り返しになりますが、
成功するためには三つの条件があると。



 大病をするか

 刑務所に入るか

 放蕩(浪人)をするか


 いずれかの苦労をしなければいけない。


いいかえれば、


逆境にどのように対応するか


人間が問われるのはそういうことだということです。
市村はすべてを経験しています。


その後、大河内先生の好意に報いなければ、
男が立たぬと、妻も驚くような勢いで仕事に熱中しだします。

まず製品コストを下げようと、
原紙を三菱から王子に切り替えようと、
藤原銀次郎に直接あたります。

コストダウンに成功。
得意先の評判もよく、気をよくしていましたが、
その後大量に注文を出した分に不良紙ができたのでした。

責任は当然、先の工場長にありました。
工場長は何とか許してほしいと市村に頼みます。

人情にもろい市村はひきとったのでした。

軍部からはさっそく文句が来たり、
大河内からも叱られます。


そうこうしているうちに昭和13年、紙の自主統制が始まります。
感光紙は二割削減。

王子製紙から市村に連絡があり、ちょっと来てくれと。


「北村工場長が不良紙を量産したとき、
 あなたの方は納入先から文句を言われながら、
 私の方には何も言ってこなかった。

 こんど紙が統制になりますが、
 あのときのお礼に、理研には逆に三割増しましょう」


といわれます。

人のために誠意をつくしたことは必ずよい結果を生む

と市村は述べています。



しかし、市村は次第に大河内との距離ができてしまいました。
殿様の大河内と合わなかったのでしょうか。

ついに理研光学を残し、
市村は理研十二社の辞表を大河内にたたきつけたのでした。



終戦、戦後の市村は、
サービス業に取り組もうと、
銀座の地を拠点にします。

敗戦という厳しい現実の前に、「三愛」、
人を愛し、国を愛し、勤めを愛する
という人道的なスローガンを示し、
店の名にしました。

食料品を売り、次第に婦人おしゃれ専門店にしていきます。
女性の下着がヒットしたりして、経営は順調に伸びていきました。


また当時、明治神宮は国家の保護を離れたこともあり、
関係者の窮状ぶりは見るに見かねるものでした。

社殿は焼失し、憲法記念館だけが生き残っていました。

ここをぶらつきながら思いついたのが、
結婚相談から挙式まで一切のあっせんをしたら喜ばれるだろうと。

突貫工事で


「明治記念館」


が完成したのでした。
「三愛」の精神で、三割の利益を一割五分にし、
三倍回転させました。

その月から経営は立派に黒字だったのだそうです。



実は私も、明治記念館で披露宴をしたので、
感慨深いですね。


なつかしい。



また、市村は、
三愛石油を昭和27年に創立しています。

日本航空から航空ガソリンを供給してくれないかという話があったのでした。

当時、満州の燃料廠の幹部をしていた引き揚げ者を紹介され、
何か技術を生かす仕事に資金の援助をしてくれと
いわれていたのでした。


ある時、市村は村上運輸大臣に誘われて、
ゴルフに行く途中、
自動車の中でぼんやり空港の風景を眺めていると、
飛行機の横に大きなタンク車を引っぱってきて、
手押しポンプで給油しているのが目につきます。

あんな悠長なことをするなら
パイプを地下に敷いて水道のようにせんをひねって
ジャーっとやればいいのにとふと思いつきます。

そこですぐに村上運輸相に話してみます。
ガソリンなんてしろうとがいじるには危ないよといわれますが、同意を得ます。

こうして市村は、
羽田空港の給油の仕事に手をつけることになったのでした。




市村の人生は、
山あり谷ありですが、

その時々、場面場面で、
誠実な対応をしているということがよくわかります。

同時に、時に人を食ったような行動をするというのも
また魅力的かなと思いました。



市村清(理研光学社長)─昭和時代の私の履歴書
http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-405.html


大病をし、留置場で暮らし、保険外交員で成功する─リコー三愛グループの市村清
http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-406.html




私の履歴書─昭和の経営者群像〈6〉
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/408-2f8a0028
    この記事へのトラックバック



    fx