大病をし、留置場で暮らし、保険外交員で成功する―リコー三愛グループの市村清 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 宮城県議会 不登校・ひきこもり対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議座長。

自由民主党・県民会議
 事務局長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局長。
 芸術文化議員連盟 副幹事長。
 防衛議員連盟 幹事長。
 防災議員連盟 事務局長。
 日越交流宮城県議会議員連盟 幹事長代理。
 みやぎの印刷産業振興を考える議員連盟 事務局長。
 宮城オルレ・トレイル推進議員連盟 事務局長。
 宮城県議会行政書士議員連盟 事務局長。
日韓親善宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県スポーツ議員連盟 幹事。
  宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 副幹事長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党青年局 中央常任委員(東北ブロック)。
自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。

宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
みやぎパラボウリング協会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区PTA連合会理事。
 若林区まちづくり協議会会員。
 沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会会長。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 仙台市地域ぐるみ生活指導連絡協議会幹事。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

大病をし、留置場で暮らし、保険外交員で成功する―リコー三愛グループの市村清

2011年09月01日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。


私の履歴書─昭和の経営者群像〈6〉



市村清のお話の続きです。

肺を病み、「大病」をした市村は、
健康のために努力をし、
乾燥した空気がよいと中国行きを決意します。


北京で市村は、
月給125元、下宿料8元で生活、

毎日ごちそうを食べ、朝は早起きして散歩をし、
余暇には読書、そして毎月故郷の母に送金することができたのでした。


中国の国情は、政治が極度に乱れていて、
国民は塗炭の苦しみをなめていました。

しかし、市村は中国人に接し、
この民族は容易ならざる民族だと感じます。

むやみに夢とか理想とかは口にせず、堅実。
用事をさせても意外に頭が働き、思い切ったことをやる度胸もある。

この数億の民を誰かが結集したら大変な国力を生み出すにちがいないと感じます。


市村は上海にいた五年間、まじめに働きました。
酒もたばこも女もやらず、
ひたすら読書の日々。

三年目には支店長代理にまで上り詰めます。


そして昭和2年、
金融恐慌の波紋で大東銀行は閉鎖となります。

そして邦人系の上海銀行がつぶれた時、
その支配人で愛人などを持っている丸山氏が、
銀行の金をごまかして内地へ持ち帰ったといううわさが流れます。

そのうわさに市村も一緒にされたらしく、
ある朝いきなり上海領事館の司法部の手で
寝込みを襲われ、
なんと留置場に放りこまれてしまいました。


全く覚えのないことでしたが、
市村は何を調べられても一切言わないことにします。

逮捕前にほとんど寝ずに業務をしていたこともあり、
留置場の第一夜から大いびきで熟睡をします。

それが、こいつは意外な大物かもしれない、
前科もあるそうだ、ということになったらしく、
取り調べが急に厳しくなりました。

故郷の家から親類まで家宅捜索を受け、
独房に入れられることになります。



市村は、別に悪いことをしたわけではないし、
独房生活など少しもこたえないと、
腹をきめてゆっくり読書の日々を送ることにします。

裸体画の話や密輸犯との独房生活、
将棋盤を独房内で作った話など、
興味深い話がたくさんここでは出てきていますね。

市村は態度が悪いということで、
拷問を受けました。
手錠をかけて鉄棒にぶら下げ身体に南京虫をはわせるというもの。

気が狂うのではないかという思いをし、
もうがまんできないと思う瞬間、
がっくりと気絶をしてしまったのでした。



「このときの監房生活で私が得た貴重な体験は、
人間は何もないところでも、くふうによってはなんでもできるものだということ、
 もう一つは、度を越えた苦痛を耐えていると、
 気が狂う前に人間には気絶という保身の道があるということであった。

 二つとも、負けるものかという不屈の精神を植えつけた体験である。」



このように市村は、
大病をしたあと、留置場暮らしを送りました

成功者が体験している三つの経験のうち、この時点で二つを経験していたのでした。




裁判は懲役一年六カ月の判決。
すぐに控訴したところ、何もしていないということで無罪となりました。

けれども銀行はつぶれ、
一介の素浪人となった市村は出なおさなければなりません。

パニックの後ということもあり、
就職口もありません。


そこで市村は、
保険の外交に手をつけてみようと思い立ちます。
富国生命の九州支部に行くと、
出来高払いだと。

妻は里の実家においてもらい、
市村は単身熊本に乗り込みます。

一台の自転車が財産のすべて。


熊本は当時最も保険思想の遅れているところとされていました。
学校の先生、お医者さん、弁護士などインテリ層を狙って
朝八時から夜十時まで出歩きますがなかなかむずかしい。

十日ほどすると、長崎に残してきた妻がやってきます。
家では親族会議が開かれたが、
自分はあなたについてどんな苦労をすることも覚悟して来たと。


しかし、11月、12月とはや60日がたちますが、
一口もまとまりません。収入も一銭も入りません。

暮れも押し詰まった23日、保険募集を始めてから68日目に、
精も根もつきはてて、とうとう市村は妻の前にシャッポを脱ぎます。


────────────────────────────
【引用ここから】


「この暮れの町をうろつくのはもう我慢がならない。
 東京へ夜逃げだ。
 お前にはすまないが、東京へ行ったら
 玉突きのゲーム取りでもなんでもやれ、私も屋台を引っ張る」


「それは結構ですよ、なんでもやりましょう。
 けれど、あなたはこれを始めるとき、
 やろうとすればなんでもできないものはないとたいへん強気でしたね。
 それなのにひと口もとらないでやめるのですか」


「なにをいうんだ、おれの身にもなってみろ」


「それはつらいことはわかるけど、
 ひと口くらいは取ってください。

 あなたの履歴に一つも成果のなかった仕事があったことになるのが、
 くやしくありませんか」


「・・・・・・・」


「このまま熊本にいるのなら恥ずかしいでしょうけれど、
 東京へ逃げるつもりなら、外聞なんてどうでもいいじゃありませんか」


とうとう私は励まされて、それなら大晦日の夜十時までやってみようと思い直した。

それがまた一つの壁を破る動機になったのである。


【引用ここまで】
────────────────────────────


熊本の私立大江高女学校の校長の家に、
市村はすでに八度行っていました。

妻と誓った翌日に再び訪問します。

お手伝いさんがすばらしい別嬪であることが、
市村の羞恥心をそそります。

先生はいまお出かけですよとまたいわれて
恥をかくのがオチだろうと、
すごすごと門のところに帰ります。

いやこんなことではダメだと勇気をふるって呼び鈴を押す市村。

取り次いでもらい、校長先生が

「やあ来ましたね、待っていましたよ」という。


「あなたはきょうで九度来られたが、
 こんど来たらはいろうか、と家内と相談していたところですよ」

と校長先生。


────────────────────────────
【引用ここから】

ちょっと断ればすぐ帰って、かならず手紙をくれる。

最初は見もしないで紙くずかごに入れていたが、
五回目ぐらいになるとやはりよく見るようになる。

見ると字もりっぱだし誠意があふれている。

六度目、七度目には、こんどの勧誘さんは紳士的でりっぱな人らしい、
ひとつはいろうか、と変わってくる。

八度目にあんたが帰った時に、こんどきたら、
ということになっていたんだ、というのである。


私が呼び鈴を押そうか押すまいかと迷っていたときは、
すでに紙一重のところにいたのだ。

私はなんとも言えない喜びと感動にひたりながら
竹崎先生のお話を聞いていた。


仕事はあきらめてはいけない。
最後のひと押しが成否を決めるのだと、
紙一重の差を私はそこで悟ったのだった。


【引用ここまで】
────────────────────────────


それからは、次々とトントン拍子に契約ができていきます。
年の暮31日までに、三か月分の収入が舞い込んできました。

十月以来、黙々として働いたのは決して無駄ではなかったのでした。


そして翌年は全国一の賞と社長から記念の軸物を送られる成績さえ
あげられるようになります。

富国生命の専務から、
佐賀県の監督になるよういわれ、
ふるさとへ市村は向かいました。



佐賀の代理店主吉村氏は、
資産家で佐賀商工会議所会頭もしていました。

また理研感光紙の九州総代理店も兼営していました。

ある日、吉村から市村は
感光紙の外交をやってみないかと依頼を受けます。


紆余曲折を経て、
福岡に家を借り「理研感光紙九州総代理店」の看板を掲げ、
市村は独立します。

店の改装、看板や印刷物の作成と夢中になって働きます。
一切の娯楽を排し、外交もやれば荷造り、配達もやる。

妻はお手伝いさん兼事務員。

最初の半年間は名もろくに知られていない店だから苦労しましたが、
半年目からは毎月幾何級数的に売り上げが増えだします。

仕事も増えると、小僧さんを雇わねばならなくなります。
はじめて自分で人を使う立場になった時、市村はいろいろ考えました。



まず、給料は思い切ってよそより六割高の8円にします。


そして、店員をどんなに若くても××君と呼び、
妻には××さんと呼ばせます。

使用人ではなく、仕事の協力者という扱い。

食事も三食ともみんなで一緒にする。


はたして店員さんは他では見られない働きを示し、
注文も増え、するとまた店員も増やすというように伸びます。




他の代理店主からはよく
「市村さんは実に店員の運にめぐまれていますね」
などといわれたが、それは運ではなかったのである。

と市村は回想していました。


明日以降に続けます。









私の履歴書─昭和の経営者群像〈6〉
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/406-0c4ddc3e
    この記事へのトラックバック



    fx