市村清(理研光学社長)─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

市村清(理研光学社長)─昭和時代の私の履歴書

2011年08月31日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。


私の履歴書─昭和の経営者群像〈6〉


市村 清(いちむら きよし、1900年4月4日 - 1968年12月16日)は、日本の実業家。
リコーを中心とする「リコー三愛グループ」の創始者。
昭和初期から43年の日本を代表する経営者の一人。

「人の行く裏に道あり花の山」を座右の銘とし、
常識の裏をかくアイディア社長として一世を風靡した。

現在も銀座4丁目交差点に建つ、
円柱・総ガラス張りの個性的な「三愛ドリームセンター」(1963年完成)も、
元々は市村の「お客を動かさず、建物を回して商品の方を動かしてはどうか」との発想に基づくものである。

産業界・学界で功労者を顕彰する市村賞にその名を遺す。



明治33年佐賀県生れ。
昭和4年理研感光紙代理店を経て
11年理研感光紙の代表取締役。
20年三愛創立、明治記念館、日本リースなど創立。
40年不振のリコーを再建。
43年新技術開発財団設立。
43年12月16日死去。


私の履歴書は昭和37年2月に連載している。





以前からこのメルマガでも紹介してきましたが、
私の履歴書を読んで思うのは、
成功するためには三つの条件があると。



 大病をするか

 刑務所に入るか

 放蕩(浪人)をするか



 いずれかの苦労をしなければいけない。


いいかえれば、


逆境にどのように対応するか


人間が問われるのはそういうことだということですね。

『私の履歴書』に登場する人たちは、
この三つのうちまちがいなくどれかを経験していることがよくわかります。


そして、この市村清という人は、
珍しいことにこの三つすべてを経験しているようです。

たしかに波乱万丈の人生ですがおもしろい人生でもあります。




市村は、佐賀県の一農家の子に生まれました。


9歳のころ、生涯で一番悔しかった牛の話について回想しています。

貧しい家のため、とても上の学校になど行く望みのなかった市村に、
ある日祖父がこう言います。


「お前は学校の成績がいいけれども、
 とても上の学校に出してやれそうもない。

 しかし学校へ行けるひとつの方法を教えてやろう。

おじいさんがめすの子牛を一頭買ってやる。

 お前はそれを一生懸命に育てるのだ。
 そうすれば、その牛はつぎつぎに子を産んで、
 お前が中学や大学へ行くころには何頭かにふえるだろう。

 それを売れば学校に行けるわけだ」


家じゅうの誰よりも市村をかわいがってくれた祖父は、
まもなく一頭の子牛を買ってきてくれます。

市村はすっかりうれしくなり、
夢中になって子牛の世話をしました。

一銭、二銭の小遣いをもらうとそれをため、
正月やお祭りのときでもじっと我慢して小遣いをためます。

牛にやるオカラや飼料を買うためでした。

自分でも草を刈ったり、サツマイモのつるを集めて食べさせたりして、
子牛をかわいがりました。


一、二年すると子牛は実に立派な雌牛に成長。
そろそろ子牛も産めるようになったある日のこと、


「シッタツリ」


という人が家にきて、牛を持って行くという。


「この牛はおじいさんから僕がもらって、おこづかいをためて育てたんだ」

と悔しさのあまり執達吏にかみつきます。

丹精込めた牛が引かれていくのを、
涙をこらえながら、村はずれまでついていき、
牛の姿が見えなくなるまで見送っていました。



「後年、私が納得のいかないかぎり、権力や金力に対して
 徹底的な反抗を試みて譲らないようになったのは、
 この事件などに芽ばえの一端を探りうるように思う。」



子どものころの出来事は、
小さなことが多いものですが、
後年の人生に確実に影響を与えていることや、
人格形成の礎になっていることが多くあるのだと思います。




市村の小学校時代の成績は、
一年から六年までずうっと一番。

しかしずいぶん怒られたり、
殴られたりした小学生でした。

父からも厳しく育てられています。


成績もよかった市村は学校の先生から、
佐賀中学の受験をすすめられます。

しかしとても家で学資が出せるわけがない状態。


先生からのすすめもあり両親も折れて、
かなりの好成績で佐賀中学に合格しました。

佐賀に住んでいた伯母の家に預けられ援助をもらいながら、
伯母はしぶしぶながら服や靴や学用品を買ってくれました。

市村は朝早くから起きて川の水汲み、
学校から帰ると裏のゴミ捨て場の空き地を開墾して畑をつくったりします。

そしてどうにか二年に進級します。


そのころR・スミスという外人が、
佐賀の練兵場で日本で初めて飛行機を飛ばします。

学校でも見学に連れていくことになりました。


しかし、観覧料は一人五銭。
伯母の養子は人一倍けちんぼな人でした。


「清、お前はいったいどんな身分だと思っているんだ。
 人並みの気を起こすな。

 飛行機なんぞは家の窓からだって見られるじゃないか」


どんなにせがんでも五銭の観覧料をゆるしてくれません。
情けなく、悔しく市村は自室に閉じこもり一日中泣きます。

その無念さは、夏休みで帰省するとまた襲ってきました。
あんな思いをしてまで、学校に通うのは、
意地が許さなくなってしまいます。

そしてそのまま、市村は佐賀の伯母の家に帰らなかったのでした。



家に帰った市村は父の野菜売りの手伝いをしましたが、
あるとき


「共栄貯蓄銀行で事務見習い募集」


ということを耳にします。
応募してみると、幸いに試験に通過。

月給3円50銭の事務見習い、市村は16歳でした。


雑用をこなし、
支店次長の好きな芸者へラブレターを届けるということまでさせられます。

やはり勉強をしなければ一人前の世渡りはできないと痛切に感じます。

猛烈に向学心が燃え、
父のすすめもあり市村はおそるおそる支店長に相談してみます。

本店の星野常務がときどき支店にきていたのですが、
「あの男ならかねて見込みがあると思っていたから、本店によこしてみてもよい」
との返事をくれたのでした。


大正7年、市村は上京し本店勤務になります。
初任給42円50銭。

勉強しやすいようにと銀行に現金を持って行く仕事を与えられます。
待ち時間に本が読めました。

市村は中央大学の夜間部を受験しようと、
英語を習い、数学を学び夢中になって勉強します。

生活は苦しく貧乏暮しの極でしたが、
他人の世話には決してならないと耐え忍びます。



そして苦労して中央大学に進学し、
二年生になったころ、

共産主義の持つ哲理に衝撃を受け、
心身をすり減らすほど思い悩むに至ります。

粟津という経済学の先生の講義で、
資本主義にある不合理から貧富の差が激しくなり、
それを改革するために共産主義が起こってきたのだと聞き、
電気に撃たれたような気がしたのでした。


下宿へ帰り、数冊の本を読み、たちまちとりこになってしまいます。

ついに実践運動に入ろうという気持ちが
次第に強く心を揺さぶり始めたのでした。


しかし故郷の父母が、
もし自分が逮捕されたらどんなに悲しむだろう。

恵まれぬ人たちのために立ち上がるのはよいが、
そのために父母を見捨ててよいのだろうかと考え悩みます。


そのとき、柿崎正治の『法華経の行者・日蓮』という書に出会います。

これを読み市村は、
いかなる法難にも毅然として生命をかけてぶつかった
日蓮の精神力にうたれたのでした。

だれかが死をかけてもやらなければ、
社会は半歩も前進しないのだと、
断固として実践運動に入る決意を固めました。

そのためには親兄弟知人と交際を断たねばならぬと、
大正9年9月「断信宣言書」を印刷して送ったのでした。

しかし母のことを思うと胸が痛み、
ついに銀行も休むようになりました。


そんなある日、下宿先の寺の和尚に呼ばれます。

「市村さん、あんたおそろしく深刻な悩みにとりつかれたな、恋か、思想か?」

和尚に、世の中のことは何事も一長一短ありで、それが全部ということはないと。
主義や思想より、そんな顔色で肺病にでもなったら
命が先になくなるぞとアドバイスを受けます。

そしてそのころ偶然お茶の水で姉とばったり会い、
その姿によほどびっくりしたのかその足で順天堂病院へ連れて行かれます。

案の定、右の肺が侵されているとの診断でした。




市村は「大病」をします。




共産主義どころではなくなります。
ここで哲学的な本を漁りだし、白隠禅師の闘病記「夜船閉話」を読み、

病気に勝つためには、
まず精神力でそういうものを追い払ってしまうことだ

と。
市村は病気と徹底的に戦ってみようと、
次の朝、シャツ一枚になって、マラソンで抵抗療法をやろうとしたのでした。

汗びっしょりで、実にさわやかな気分に。

タオルで肌をごしごしやり、
水風呂に飛び込み、赤くなるまで肌をこする。

毎朝それを実行すると、
いままでになく飯もうまくなり、
夜もぐっすり眠れるようになりました。


そのころ、北京に大東銀行が設立されるという話があったので、
大陸の乾燥した空気がよいと、
思い切って北京行きを頭取に申し出たのでした。

大正11年、中央大学を中退した市村は、
北京生活を始めます。



つづきはまた明日以降に。




私の履歴書─昭和の経営者群像〈6〉
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/405-1ab666eb
    この記事へのトラックバック



    fx