賢慮のリーダーが持つ6つの能力 その1─DIAMOND Harvard Business Review - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

賢慮のリーダーが持つ6つの能力 その1─DIAMOND Harvard Business Review

2011年08月27日 18:00

一橋大学の野中郁次郎名誉教授と

ハーバード・ビジネス・スクールの
竹内弘高教授が、


『DIAMOND Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2011年9月号』に、


「実践知」を身につけよ─賢慮のリーダー


と題して、


現代のビジネスリーダーに求められている、


「実践知」


について、
解説していますので、紹介したいと思います。

実践知とは、すなわち経験から得られる暗黙知、価値観や道徳を手がかりに、
冷静な判断を促し、状況を踏まえた行動ができるようになる、

このような知識のことです。



DIAMOND Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2011年9月号



この野中郁次郎さんは、

『失敗の本質』

という著書で一躍有名になった方です。


以前このメルマガでも、
日本軍における過去の成功体験への過剰適用、

それを克服するにはどうしたらよいかということで、
野中さんのフロネティックリーダーのお話を
書きました。


戦場のリーダーシップ─求められる「現場感覚」「大局観」「総合的判断力」【DIAMONDハーバードビジネスレビュー 】
http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-110.html



1995年に野中たちが上梓した

『知識創造企業』

が出版されて以来、

経営幹部たちは、知識が
持続可能な競争優位性をもたらすことができると
理解してきました。

企業は知識を獲得、保存、分配するようになります。


しかし、知識創造企業を率いるのは難しい。
それはなぜか?

1、多くのリーダーが知識を正しく用いていない

2、ほとんどのリーダーが正しい種類の知識の涵養に努めていない

からとこの論文では指摘しています。



それでは知識とはどういうものか。

ここで野中は、形式知と暗黙知をあげています。


経営者は、体系化、一般化、測定が可能だという理由で
形式知に依存しがち。

しかし、形式知だけに依存すると、リーダーは変化に対応できません。


──────────────────────────
【引用ここから】


だが、ビジネスをはじめとする社会現象はすべて
置かれた状況との関係性、すなわち文脈に依存しており、

人々の目標や価値観、関心事、さらにはその力関係を考慮せずに
社会現象を分析しても意味がない。

ところが、ビジネスリーダーには文脈の考察ができないのだ。


【引用ここまで】
──────────────────────────


政治の世界もビジネスの世界も、
その時々に応じて文脈が変わったり、
関係性は変わります。


「鬼畜米英!」

といっていた時代の翌年には、

「アメリカ様、ギブミーチョコレート」になったりするわけで、


人間関係の世界では、
そのときそのときに応じた、
関係性、文脈を読みとっていかなければならないわけです。



さらにここで、野中がいう未来の創造とは、

「企業の境界を超える、共通善の追求」

でなければならないという指摘もしています。


CEOは、意思決定が自社だけでなく
社会にも有益かどうかを問う必要があり、

経済価値と共に社会価値を創出しなければ、
長く生き残ることはできないのだと。


関係性の文脈をただ読み取れても、
そこに流されるだけでは意味がない。

共通善とは何か

これも同時に読み取り、社会価値を創造することができなければ、
企業は生き残っていけないということですね。




そして野中らの研究の結果、
形式知と暗黙知の概念を使うだけでは
十分に説明できないことがわかります。

CEOは、

「実践知」

という、忘れ去られることが多い
第三の知識も利用しなければならないのです。

──────────────────────────
【引用ここから】


実践知は経験から得られる暗黙知で、
価値観や道徳についての思慮分別を持つことにより、

現実の具体的な文脈や状況において最善の判断を下し、
行動することを可能にする。


【引用ここまで】
──────────────────────────


実践知の起源は、
アリストテレスが分類した三つの知識の一つ、
フロネシスという概念にある。


実践知は、倫理的に健全な判断を可能にする経験的知識。

それは、日本語の「徳」
──共通善や道徳的卓越性を究める生き方──に似ている。



そして、日本企業に対する根強い信頼はまだまだある
といっています。


──────────────────────────
【引用ここから】


優れた日本企業は社会と共生している。
社会目的を持って利益を上げている。

日常的に共通善を「生き方」として追求している。

道徳的な目的を持って事業をしている。
そして、自律分散型フロネシス(distributed phronesis)を
実践している。


【引用ここまで】
──────────────────────────


野中は、
優れた日本企業は、リーダーが社会的目的を持ち続ける限り、
資本主義に対する新しい共同体的アプローチの見本となるにちがいない、
と述べています。



それでは具体的に、
野中らの研究により分かった、

賢慮のリーダーであるための6つの能力と、
そうしたスキルを身につける方法はいかなるものか?

明日以降に続けたいと思います。







DIAMOND Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2011年9月号



特集 偉大なるリーダーシップ


「実践知」を身につけよ
賢慮のリーダー
野中郁次郎 一橋大学 名誉教授
竹内弘高 ハーバード・ビジネス・スクール 教授

自己診断で学習できる
リーダーの成長が止まる時
リンダ A.ヒル ハーバード・ビジネス・スクール 教授
ケント・ラインバック ライター

コア事業とイノベーション事業を両立させる
双面型リーダーの条件
マイケル L.タッシュマン ハーバード・ビジネス・スクール 教授
ウェンディ K.スミス デラウエア大学 アルフレッド・レーナー・カレッジ・オブ・ビジネス・アンド・エコノミクス 准教授
アンディ・ビンズ チェンジ・ロジック マネージング・プリンシパル

両者は補完関係にある
[新訳]リーダーシップとマネジメントの違い
ジョン P. コッター ハーバード・ビジネス・スクール 名誉教授

戦略リーダーは遠近の視野を持つ
ズーム型思考のすすめ
ロザベス・モス・カンター ハーバード・ビジネス・スクール 教授

35年間、600人へのカウンセリングから明らかになった
「優等生」の落とし穴
トーマス J. デロング ハーバード・ビジネス・スクール 教授
サラ・デロング カリフォルニア大学 サンフランシスコ校 准教授

過去10年の調査が明らかにする
Cスイートの新たな役割
ボリス・グロイスバーグ ハーバード・ビジネス・スクール 准教授
L. ケビン・ケリー ハイドリック・アンド・ストラグルズ CEO
ブライアン・マクドナルド ハイドリック・アンド・ストラグルズ パートナー

試練がリーダーシップを育む
飛躍の瞬間

CASE 1:草分けグローバル・マネジャーに立ちはだかる異文化の壁
元 SKグループ バイス・プレジデント リンダ・マイヤーズ
CASE 2:現地マネジャーたちのたび重なる不正行為に屈せず
ハートウェル・パシフィック 創業者 スティーブン・グリア
CASE 3:心ならずも大企業型人間が社会起業家の道を歩んで
MMRF 創立者兼CEO キャシー・ジュスティ
CASE 4:不慮のリーダー不在がベンチャー企業の成長を加速させる
グロキット 創業者兼社長 ファーブッド・ニビ
CASE 5:性転換を機にAクラス・マネジャーとして飛躍
マイクロソフト ゼネラル・マネジャー ミーガン・ウォレント

OPINION
2040年に向き合う意志
鬼頭 宏 上智大学大学院 地球環境学研究科 教授

CHIEF OFFICERS
目前の問題を先送りせず、長期的な成長と雇用増を目指せ
坂根正弘 コマツ 取締役会長
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/401-82dd2adb
    この記事へのトラックバック



    fx