森林のおかげさま【平成21年度補正予算】 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 
自由民主党・県民会議
 事務局長
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
みやぎパラボウリング協会 会長。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

森林のおかげさま【平成21年度補正予算】

2009年05月29日 19:39

平成21年度補正予算が成立しました。バラマキとのことで強いご批判をいただいておりますが、「消えた需要」に対応するためには、この規模は必要なものであると考えます。


今日は森林関係について書いてみたいと思います。一次資料はこちらをご覧ください。

平成21年度農林水産関係補正予算案の概要(農林水産省 平成21年4月)
http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/yosan/pdf/090427-04.pdf


「森林資源を核とした地域産業の再生・創造」と銘打って、今回の21年度補正では、2,537億円の予算を計上しました。地球温暖化対策としての側面も担い、森林を整備することで二酸化炭素を吸収してもらうわけです。

やまのぼりをしているとよく見かけますが、杉の木が密に植えられているところがあります。暗闇の森のようになっているところがあるわけですが、これを間伐することによって、つまり間引きすることによって、木の生育がよくなり、また土に日が当たるようになるので、下草も生えてきたりするわけです。酸素を作り出し、二酸化炭素を吸収してくれます。むかし生物の教科書に出てきたような感じ。間伐、木材の搬出コストの低減等に必要な路網整備等を実施。

またこれから梅雨になると、大雨が降ります。場所によっては山崩れが起きるところもあるでしょう。去年の岩手・宮城内陸地震では、一つの山がなくなったりすることもありました。治山施設の設置や保安林の整備を図ります。

間伐をしても切った木をどう使うのか、ということが大事です。製材施設やバイオマス利用施設の整備、木質バイオマス利用の促進、学校の武道場などを地域の木材で作ります。


これは全く新聞などでは取り上げられませんが、個人的にはこの補正予算を大いに評価する大事な政策に、

花粉の少ない森林づくり対策事業の拡充

というのがあります。100億円を投じて、首都圏近郊等における花粉の多いスギの伐採・植え替え(3年間で300万本)、優良苗木供給等の取組支援ということをやります。数年をかけて、花粉症に影響を与える森林はどの地域の森林かと言うことを調べていましたが、その調査をもとに、花粉を減らす取組をするわけです。これで少しずつ花粉症が治ってくれるとありがたいと個人的に思います。いやはや。

あとは、これは前からやっていて、成果が出てきている「緑の雇用対策」ですが、若い世代が山で仕事をするようになってきて、「若い木こり」が増えています。後継者難の山村が徐々に活性化しつつあります。


山がいきいきとしてくると、麓の地域の経済が活性化してきます。地球温暖化対策にもなりますし、都会で働き疲れた人を癒す効果もあります。おいしい水が飲めるのも、森林のおかげ。世界的に見ても、これから水資源が重要になってきます。今回の補正予算で、さらにこうした効果が発揮され、山村が活性化していくとよいなあと思います。


そろそろまたやまのぼりをせねば。。。
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/4-6c63b335
    この記事へのトラックバック



    fx