足立正(日本商工会議所会頭・元王子製紙社長)─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

足立正(日本商工会議所会頭・元王子製紙社長)─昭和時代の私の履歴書

2011年08月24日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。



私の履歴書─昭和の経営者群像〈6〉


足立 正(あだち ただし、1883年(明治16年)2月28日 - 1973年(昭和48年)3月29日)は
日本の実業家、財界人である。
号立堂。位階勲等は正三位勲一等。
称号は日本商工会議所名誉会頭、早稲田大学名誉博士(Doctor of Laws)。





明治16年鳥取県生れ。
三井物産を経て王子製紙入り、
大正9年取締役、昭和17年社長、21年退任。
追放解除後、26年ラジオ東京社長。
31年生産性本部会長、32年日商・東商会頭、
幅広く財界活動をした。
48年3月29日死去。


私の履歴書は昭和33年2月に連載している。



明治16年2月28日、足立は鳥取県西北端の境に生まれました。
当時珍しい、一人息子。

家業は酒造り。
代々大庄屋でかなりの田畑を持ち、
耕作は小作人にまかせていた家でした。

祖父は馬術の達人。
父は剣道。

一方母の実家は医者で、
その父という人はそうとう気骨のある人だったらしく、
勤皇の志士に加わって倒幕に活躍し、
ついに京都で倒れているのだとか。

こうした家系のせいか、
足立は生まれつき大変なやんちゃだったそうです。

小二で父から直接、剣道の手ほどきを受けたりし、
両親は教育としつけには細かい注意を払ってくれたと
足立は感謝しています。



自分の両親がどういう人だったか、
祖父母がどういう人だったかということは、
日常あまり気にしないで生きているものですが、

自分の人生観に大きな影響を与えているということが
様々な伝記を読むと感じられます。

大きくなって、両親と同じような考え方でいる自分に気づいたり、
それではいけないと、自分を変える努力をしたり
人それぞれだと思いますが、

いずれにしてもベースとなるのは両親の考え方であり、
まずはその感謝からスタートするのだろうと思います。




足立は、中学は鳥取中学へ入りたいと思っていましたが、
境から鳥取までは往復に二日かかります。

寄宿舎生活では、
一人っ子なので親もあまり手元から遠く離しているのを好まなかったし、
足立自身も心配をかけたくないと、

船で二時間の松江中学に入学することに決めました。


松江中学ではまだ当時野球部がなかったので、
そのころ創設されます。

足立は野球部に参加し、二塁を守りました。

かねてよりマークしていた鳥取中学と試合をし、
見事勝利。

われわれは山陰の覇者だと、
意気揚々と凱旋した時はうれしかったと
足立は当時を回想しています。


進学に当たって、足立は迷わず
東京高商(現一橋大学)を選びました。

足立は、特別に中学の成績がよかったわけでもなかったのですが、
松江から東京高商を志望した者の中ではトップだったため、
無試験入学となります。


一橋では、校長排斥運動に参加しました。

時あたかも日露戦争。
旅順陥落のニュースで国内は大いに沸きました。

足立ら一橋の学生も、
これは国家の慶事だから慶祝の日には
チョウチン行列でもして盛大に祝おうということに決めていました。

この企ては当時学生の間では皮切りだったので、
大いに世間の注目を引いたものでした。

ところが、いよいよという段になって、
校長がどういうわけか「取りやめ」を命じたのでした。


せっかくの企てを校長につぶされくさっていたところへ、
ほかの学校がみんな派手に祝賀行事をやり出したから、
学内の空気はにわかに険悪に。


そこである学生が、
チョウチン行列の食糧にと用意していた、
四斗だるで五、六本の焼き芋に目をつけます。

中止によりこの焼きイモはむだになってしまっていたので、
こいつを腹いせに校長に押し付けようと画策。

どこからか大八車をひっぱってきて、
くだんの焼き芋だるを全部積みこむ。

それを一人でひいていき、
校長の家の玄関の前にずらりと並べてきたのでした。


反抗的気分はますます盛り上がり、
校長排斥運動の首謀者として数人が
卒業試験の直前に停学処分となったのでした。

仲間にそのような仕打ちはひどいと
血も涙もないやり方だと足立は校長に直談判。

処分は撤回となり、
全員無事に卒業試験を受けることができたのでした。


なんとなくなつかしい事件です。
これに近いことを思い出しました。



足立は卒業後は、外交官になりたいと思っていましたが、
家庭の事情で実現しませんでした。

両親にいつ会えるかわからない仕事、
親にしてみればなるべく近くにいてもらいたいだろうと
外交官を断念、それに似た立場にある商事会社へ入ることにします。



卒業の年の7月、足立は三井物産に入社しました。

当時三井物産には、後に王子製紙を築いた藤原銀次郎がおり、
ちょうど台北支店長。

以前から藤原との縁があった足立は、希望を出し、
9月からすぐに台北支店で働いたのでした。


実は、境の実家の隣りの家が
藤原銀次郎の奥さんの実家。

足立の家に、藤原から奥さんの身元調べに来たときは、
足立の父が太鼓判を押したり、
それを縁に藤原もよく足立の実家に遊びに来ていた仲。



昔は今よりも人間付き合いが濃かったように感じます。

それが悪弊だとされた時期もあったのだと思いますが、
このような人間関係のつながりを大事にしていくことは
これからの時代、ますます必要とされるのではないかと感じます。



台湾は日本の領土になってからの治政が一段落したころでした。
児玉総督は、台湾を足場に日本の南進を強く主張します。

その南進政策の番頭役をつとめたのが
三井物産の各支店だったのだそうです。


シンガポール支店長の檀野礼助氏は、
日露戦争のときにあの有名な“バルチック艦隊のシンガポール通過”を
いち早く本国に打電するなど、
政治や外交との結びつきはかなり密接だったのだそうです。



日本の商社マンの強さは、
ひところに比べて失われてきているように思います。

官民の溝がいまは大きすぎるように私は感じます。
日本の国力にとってはマイナスのように感じます。



足立は台湾で、新規事業として、
現地での茶の栽培と販売を思いつきます。

台北にはイギリスの茶専門の商館が二軒ありましたが、
一年中商売をしているというわけではありませんでした。

そこで、足立は茶の勉強をはじめ、
一通り分かったところで自分のプランをまとめて支店長に報告し、
本社と交渉。

まもなく、三井合名がこの仕事に乗り出しました。

この事業はのちに発展して、

日東紅茶

となりました。

足立はいわば、日本の紅茶事業の
草分けといった存在に当たるのでしょう。

当時は「三井紅茶」という名前でしたね。



藤原銀次郎は一年余り外遊したのち、
三井物産小樽支店長に赴任します。

業績の悪い支店でしたが、
楢などの材木の輸出ですばらしい業績をあげ、
立派にその責任を果たします。


そして明治43年、
藤原は王子製紙へ入ることになります。

この王子製紙は、業績がさっぱり振るわず、
三井は王子製紙と深いつながりがあったので引くにひかれず、
頭痛の種になっていた会社でした。

ちなみに、王子製紙は第一銀行とともに明治5年、
日本で初めての株式会社を名乗った、
株式会社の元祖でした。


台湾にいた足立のところに、
藤原から再三、手助けを求める手紙がきました。

しかし足立は王子製紙については何も知らない。
いろいろ周囲に相談してみますが、
判断もつきかねました。


それでも藤原がせっかくいってきているのだから、
藤原さんの下でなら、仕事もやりがいがあるだろうと思い、
足立は転職のハラを決めたのでした。


明治44年12月、
足立正は三井物産をやめ、王子製紙に入社します。

足立と王子製紙には
苦難が待ち受けていました。


明日に続けます。




私の履歴書─昭和の経営者群像〈6〉




関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/398-6e4f4e26
    この記事へのトラックバック



    fx