三井財閥から三井不動産へ─江戸英雄 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 宮城県議会 不登校・ひきこもり対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議座長。

自由民主党・県民会議
 事務局長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局長。
 芸術文化議員連盟 副幹事長。
 防衛議員連盟 幹事長。
 防災議員連盟 事務局長。
 日越交流宮城県議会議員連盟 幹事長代理。
 みやぎの印刷産業振興を考える議員連盟 事務局長。
 宮城オルレ・トレイル推進議員連盟 事務局長。
 宮城県議会行政書士議員連盟 事務局長。
日韓親善宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県スポーツ議員連盟 幹事。
  宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 副幹事長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党青年局 中央常任委員(東北ブロック)。
自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。

宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
みやぎパラボウリング協会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区PTA連合会理事。
 若林区まちづくり協議会会員。
 沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会会長。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 仙台市地域ぐるみ生活指導連絡協議会幹事。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

三井財閥から三井不動産へ─江戸英雄

2011年08月18日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。


私の履歴書─昭和の経営者群像〈5〉


江戸英雄のお話の続きです。




三井合名で懸命に働いた江戸でしたが、
世の中の情勢は三井にとって厳しいものになっていきました。


昭和7年には血盟団事件がおき、
右翼や軍の青年将校の間では、

この不況は財閥と既成政党が結託して利益をむさぼっているためだ、
天皇親政による革命を断行すべし、

との風潮が沸き起こってきます。


特に三井は財閥中最大のものとして目の敵にされます。

警視庁と連絡を取り合い、
三井の主要人物には護衛をつけ、
防弾チョッキを着用し、出入りは三井ビル構内裏口とするなど、
万端の手配をしていました。


しかし昭和7年3月、
三井合名の団琢磨理事長が血盟団員により暗殺されるという大事件が発生。

まもなく5・15事件により犬養総理が白昼射殺され、
世相はいよいよ険悪になりました。


団理事長射殺後、三井のトップに就任した
池田成彬は、三井に向けられた社会の反感をいかにして転換するかに苦慮し、

「三井家は散ずべし、儲けるべからず」

との方針を立て、三井報恩会を設立、
利益をすべて社会公共事業に寄付しました。



ここから世の中は物騒になっていきますが、
いっぽうで江戸の私生活は安穏でした。

下宿先の青山南町の南町幼稚園創設者、
田中香の一人娘と結婚、子どもも生まれました。


しかし会社生活はいま一つ。
働く意欲と努力は人後に落ちないつもりだが、
上役のご機嫌をとったり、
上手に立ち回ることは得手ではなかったと。


しかし、江戸は勉強は人一倍やりました。
入社当初から法律研究のため、

水高同窓生の司法官、弁護士の友人たちと
月に二回勉強会を開催、十年以上続けました。

のちに三井同族の一家の相続問題で、
老人の顧問弁護士が訴訟事件の手続きを誤り、
ばく大な損害を被る事件がおこります。

この事件をこの勉強会で取り上げたところ、
弁護士の友人が類似の事件を取り扱ったことがあり、
救済可能なりとの結論に達しました。

上層部に進言したところ、
手続きが承認され、結果見事に成功します。

江戸は社長室に呼び出され、
金三千円をごほうびとしてもらったそうです。


やはりできるビジネスパーソンは、
社外でも活発に活動しているものです。



時局の重大化に伴い、
三井でも軍需産業部門の拡充が求められるようになります。

資金調達の多様化を図るため、
従来の閉鎖的な合名会社組織を根本的に改変する必要がありました。

三菱、住友はいち早く昭和12年に改組を断行、
本社の株式組織化を実現していました。

昭和15年、三井合名、三井物産合併、改組が実現します。
この改組で江戸は、

三井総元方総務部長代理(文書担当)になります。
江戸が30代後半のころのお話です。


昭和17年になると、妻が結核にかかり、
軽井沢に転地させます。

昭和19年、戦況も激しくなり、
家族と義理の父母を軽井沢に疎開させました。

しかし疎開先も食糧や燃料は極端に乏しく、
水道もなければ井戸もありません。

春には家族で開墾して畑を作り、
ジャガイモやカボチャを育てました。

昭和20年3月の東京大空襲では、
江戸は隣近所がことごとく退避したにもかかわらず踏みとどまって、
同居していた高柳鉄太郎氏の一家と
命がけで消火に励みます。


8月15日、
江戸は日本橋三井本館で、
直立不動のまま玉音放送を聞きます。

思わず涙がこぼれ、


「遂に来るべきものが来た」と思ったと同時に「命が助かった」と思ったのも偽らぬ感慨であった。


と江戸は述べています。


───────────────────────────────
【引用ここから】


(前略)

その時私は思った。

これが日本として史上最悪の瞬間である。

敗戦日本に、これから何が起こるかわからない。

しかしながら、日本民族はどんなことがあっても、絶対にくじけてはならない。

立ち上がらなければならない。

ただそれには今までの倍も三倍も働かなければならない。

私は国民の一人としてこれを実行することを心に誓った。

そしてこれを人にも話し、自らも実践してきている。


【引用ここまで】
───────────────────────────────


どん底を経験したからこそ、
ここから這い上がってやろうという強い気持ちがわき上がったのでしょうね。

いまの日本の繁栄は、
江戸英雄のような人たちの気概がつくり上げてきたのだと思います。


しかし、三井の苦難の道はここからでした。

三井はもともと生い立ちが商事金融だったので、
軍需産業への転換がなかなか進みませんでした。

戦争も終わり、今度こそ三井の好機到来と準備をしていたのですが、
それはずいぶん甘い認識でした。

9月22日、アメリカの管理方策が打ち出され、

「日本の商業および生産業の大部分を支配してきた産業と
 金融上のビッグ・コンビネーションの解体を促進すべき」

旨が明らかにされたのでした。

はじめは真意が明らかではありませんでしたが、
まもなくそれは


三井、三菱、住友、安田各財閥の解体


しかも三井の解体こそ、その最大の狙いと明らかになったのでした。


「彼らは日本が米英に匹敵するような軍備を持ち得たのは、
 日本特有の財閥の力によるものである、
 したがって、これを粉砕することが、
 日本の再軍備を抑える最大の決め手と考えたのであった。」


これを読みながら、
アメリカが日本の財閥を恐れたのだということから考えて、
日本人が団結し、ビッグコンビネーションを作り上げることは
世界的に脅威なのだということがわかります。

だとすれば、逆に考えると、
日本人はやはり団結し、
家族や地域、学校などのつながりを大事にしていくと
強い民族なんだろうと感じます。



結局、GHQの指令により、形式は自発的の名目の下に、
四財閥の解体が決定しました。

三井家は、会社役員から追放、
すべての企業に関与することを禁ぜられ、

全財産封鎖、生活費は予算により承認を受けるという、
戦犯以上の取り扱いを受けます。


江戸は、

「この激動の波の中にあって、八つを頭に三人の幼女をかかえ、
 敗戦後のみじめな状態の中で、前途の見極めもないまま職場を失い、
 本社の後始末や三井部内で追放に遭った人たちの解除対策のため
 駆け回っていた。

まさにわが人生最悪の時代であった。」

と当時を回想しています。

そのとき江戸は、戦前日本の上層階級にいた方々が、
地位から転落し途方に暮れているのを見て、
頼りになるのは財産ではなく、働けるということ。

幼女三人を音楽の道で食べていけるよう、
専門家にするための厳しい教育をすることにしたのでした。


三井本社の解散に伴い、江戸は清算人の仕事を手伝っていましたが、
三井不動産会社の労組幹部から同社への入社のすすめがあったり、
三井不動産はえぬきの後輩からもすすめがあり、

入社当時の古巣、同僚後輩も多い、
解体の悲運に遭い、往年の栄光を失ってしまった以上、

むしろ進んでその善後策を手伝おうと、
江戸は

三井不動産への入社

を決意したのでした。

貸付担当の管理部副部長で入社します。


三井不動産は、三井合名、物産合併による
三井中枢機構変革の一環として、
合名の不動産部門を分離して創設されました。

創立は昭和16年。

江戸の入社後、三井不動産株式事件という事件が起き、
当時の山尾社長が辞意を表明、
江戸は突然社長に推されることになります。

昭和30年11月、江戸英雄は
三井不動産の社長に就任したのでした。

当時すでに90%余の清算を終えていた三井本社を、
清算結了促進のため合併します。

これで三井不動産は、
名実ともに三井合名の名跡をつぐことになります。



さらに江戸は社長就任後、
千葉県のしゅんせつ埋め立て事業に取り組みます。

これは会社としては全く新しい事業で、
その進出については反対意見が圧倒的でした。

しかし江戸は京葉工業地帯開発の将来性と、
会社事業展開の血路を開くため、
全く捨て身であえてこれに挑戦しようと思います。

これは結果として、予期以上の成果を得、
三井不動産発展の跳躍台となります。



もう一つ、江戸の手がけた事業としては、
霞が関ビルがあります。

日本では従来地震対策として31m(9階建て)以上のビルを
原則として禁止していました。

しかし高層ビル建設の柔構造理論が開発され、
建築基準法が改正、

さらに建設省担当者から、
都市美観と都市再開発の観点からこの土地に
超高層ビルの建設をすすめられます。

ビル完工は、昭和43年。
明治100年でした。

日本最初の超高層ビルとして
マスコミなどに盛んに取り上げられ、
世間の評判がますます高まったのでした。



最後に江戸は高度成長の原因について語っています。


───────────────────────────────
【引用ここから】

私は、戦争直後の財閥解体と追放により、
日本の各企業の経営者が思い切って若返り、

これがみんな同じスタートラインに立って、
自由に競争したことが、

日本民族の優秀性や勤勉努力と相まって、
日本経済の復元を早め、高度成長の大きな原因になったと思うのである。


【引用ここまで】
───────────────────────────────


現在、三井不動産は三菱地所と並ぶ総合不動産の双璧。
ビル賃貸が主力ですが、
マンション分譲・非保有不動産事業を拡大し、
業界の先駆者とされる企業となっています。

江戸英雄の活躍が、その礎となっていることは間違いないでしょう。

三井グループの中心として、
今後も飛躍が期待される企業です。





私の履歴書─昭和の経営者群像〈5〉



関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/392-a91a7e29
    この記事へのトラックバック



    fx