立石一真(立石電機社長)─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 宮城県議会 不登校・ひきこもり対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議座長。

自由民主党・県民会議
 事務局長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局長。
 芸術文化議員連盟 副幹事長。
 防衛議員連盟 幹事長。
 防災議員連盟 事務局長。
 日越交流宮城県議会議員連盟 幹事長代理。
 みやぎの印刷産業振興を考える議員連盟 事務局長。
 宮城オルレ・トレイル推進議員連盟 事務局長。
 宮城県議会行政書士議員連盟 事務局長。
日韓親善宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県スポーツ議員連盟 幹事。
  宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 副幹事長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党青年局 中央常任委員(東北ブロック)。
自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。

宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
みやぎパラボウリング協会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区PTA連合会理事。
 若林区まちづくり協議会会員。
 沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会会長。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 仙台市地域ぐるみ生活指導連絡協議会幹事。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

立石一真(立石電機社長)─昭和時代の私の履歴書

2011年08月10日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。


私の履歴書─昭和の経営者群像〈5〉


立石 一真(たていし かずま、明治33年(1900年)9月20日 - 平成3年(1991年)1月12日)は日本の実業家。

オムロンの創業者。1921年熊本高工電気(現:熊本大学)卒業。

熊本県熊本市新町に伊万里焼盃を製造販売する立石熊助 エイの長男として生まれた。
立石家は祖父・孫一佐賀県伊万里の地で焼き物を習得し熊本に移り住み、「盃屋」を店開きした。

兵庫県庁に勤務後1930年京都に「彩光社」設立。
1933年にオムロンの前身である「立石電機製作所」(重電用機能部品を生産)を設立。

戦後オートメーションの必要性からマイクロスイッチなどを自社開発し、
当時の立石電気の資本金の4倍もの資金をかけて中央研究所を設立する。
ここから計算能力をもつ自動販売機や自動改札機などを開発。

1991年1月12日死去。享年90。




明治33年熊本県生れ。
熊本工高卒、兵庫県庁などを経て、
昭和8年立石電機製作所創立。
23年株式会社とし社長。
30年代初期には機能部品で国内市場をほぼ独占。
40年代以後無人化に挑む。
平成3年1月12日死去。


私の履歴書は昭和49年5月に連載している。



現在のオムロンの創業者、立石一真のお話です。

創業社長の苦労がよくわかる話が
私の履歴書にはたくさんありますが、
気付いたのは、


創業社長が成功する過程はみんな似ている


ということです。

起業を目指す人は、この私の履歴書の、
創業社長のお話を読むだけでも
大いなるヒントが得られるのではないかと感じました。


立石の信条信念は

「最もよく人を幸せにする人が最もよく幸せになる」

というもの。


少年時代は貧困からスタートします。


明治33年9月20日に、
問屋町の熊本市新町三丁目で、長男として立石は生まれました。

立石の祖父は焼き物師で、
祖父の代に伊万里から熊本に引っ越し、
盃屋を店開きしたそうです。

鎮台熊本で、除隊する兵士向けに一組の盃をつくったり、
熊本土産、退営記念品などを販売し、
盛況だったようです。


しかし父親は芸術家肌で、絵付けなどを手伝います。
祖父がなくなったあと、父が経営を引き継ぐも悪化、
まもなく商売をやめて、窮乏生活に陥ります。

そして、明治41年、立石が尋常小学校一年生のときに
父親は42歳の生涯をとじたのでした。


全くの無収入となり、立石家の暮らしはどん底に陥ります。
母は決心し、下宿屋を始めますが、
暮らし向きはよくなりませんでした。

立石は小学校5年のとき、新聞配達を始めます。
少しでも家計の足しにという気持ちからでした。



また、立石の祖母は、しつけに厳しく、
食事が終わっても茶わんの中に一粒でも米が残っていると、

「米は農家の人たちが丹精こめてつくったもの、
 八十八人の手がかかっている。もったいないから食べてしまいなさい」

とたしなめられました。

箸の使い方もやかましく、
その置き場所が箸まくらのあるとき以外は
茶わんや食卓を汚さぬように使用した箸の先だけを食卓の外に出す。



また、立石の母親は熱心な日蓮宗の信者だったそうです。

立石が小学校高学年のころのある日、
遊んでいて川でけがをし出血した個所を手ぬぐいでまいて帰宅したら、

母親は勤行のとき唱えるお祈りの中の

「大難は小難、小難は無難になさしめたまえ」

を持ち出し、

「けがぐらいですんでよかった。骨折でもしていたらたいへんだった。
 よかったよかった」


と慰めたことがありました。


いかなる難儀でもそれは常に小難であり、
小難ですんでよかったとの感謝の気持ちを率直に言い表すもの。

立石は、幼少時代に宗教心をはぐくむ条件を与え、
環境をつくってやることが大切だと述べています。

親御が本当の信仰心を持ってそれを実行して見せることが大事だと。



貧しい環境でしたが尋常小学校は首席で卒業、
担任の先生の進めもあり、立石は熊本中学に進学することができました。

映画を楽しんだり、中学では友人もでき中学生活を楽しみますが、
新聞配達もがんばり、学費も稼ぎます。


卒業後は、海軍兵学校を志し、受験をします。
試験に合格はしたのですが、最後の体格検査で落ちてしまいます。

熊中の卒業生が何人か合格していましたが、
のちの第二次大戦でそのほとんどは戦死してしまったとのこと。

人間万事塞翁が馬です。



卒業後は、熊本高等工業学校に入学、
新設の電気化学を専攻しました。

しかし卒業のころには不況になり、
就職になかなかいい口はありませんでした。
先生から鹿児島の電気化学会社を紹介されますが、

立石はそのとき「舞台照明」の研究をしており、
その文献や参考書の多い、東京や大阪に行きたいと思っていたのでした。

先生には、この不況期に就職口を断るとはけしからんと怒られます。
しばらくして、最後の話だぞと、
先生が兵庫県土木課の就職の話をもってきたのでした。




大正10年4月、立石は兵庫県庁土木課技手として
サラリーマン生活を始めたのでした。

知事は宮崎県知事から転任してきたばかりの有吉忠一。
岩切章太郎の私の履歴書にも出てきた人ですね。

有吉は大淀川上流にわが国初の県営水力発電所を
建設したことで知られていましたが、
兵庫県でも発電所を5か所作る計画を立てていました。

立石の仕事は、その県営発電所建設の調査でした。

現地の農家に若い同僚と泊まり込み、
測量、山中を歩きまわりました。

山奥の現場では、金の使いようもなく、
ふところはあたたまるばかり。

長期出張だったので、宿泊料も加わり、
当時の課長の給料を上回るお金をもらっていました。

仲間と豪遊し、昼は玉突き、夜は芸者遊びに勤しみます。
俄分限者の豪遊。


田舎で豪遊の度が過ぎたのか、次第に町の評判になり、
公金の使い込みの疑いをかけられます。
警察から尾行まで付けられ、
県庁からは電気技手二人は帰庁せよとの命令。

仲間四人そろって辞表を出すことにし、
立石はあっさり県庁を退職してしまいました。



立石は母にはこの件を内緒にして、次の就職先を探すことにします。
それまで毎月30円を仕送りしていましたが、
この仕送りが二、三カ月ストップします。

母は何かあったのかと心配の便りをよこしますが、
そこは適当に返事をしてごまかしていたのだそうです。




二、三か月ぶらぶらしていると、同級生から次の就職口の話が舞い込みます。

同級生の会社が配電盤などを下請けに出していた
井上電機製作所。

大正11年10月、立石は
京都の油小路八条にある井上電機で再スタートを切ります。

従業員は二百人足らず。
技師長で常務の大渡が大阪高工の電気科第一期生で、
その後輩が多かったようです。

大渡常務が新技術の導入などを果たし、
ワンマン状態の会社。

立石は仕事熱心さが認められ、
検査の仕事のほか、重要な設計の仕事まで任せられるようになります。

このころは、米国GE社が開発した
限流リアクトルという発電機保護用機器が日本に輸入され始め、
井上電機もその国産化の第一号を大同電力から受注していたのだそうです。

試作機の作製に三日三晩徹夜で実験。
懸命の努力をしますが、思わしい結果は出ませんでした。


立石は回想し、


「この苦い経験で、私は新商品を出す場合は、
 万一不都合が出たら、どう手当てするかをあらかじめ考えておく

 ──いわゆるカリキュレーテッド・リスク(計算された危険)の
 思想がいかに大事か
ということを、
 いやというほど思い知らされた」


と述べています。

このころ米国ウェスチングハウス社が開発した
誘導形保護継電器が輸入されるようになり、
この国産化を立石はまかされます。

おかげで、井上電機では立石が
誘導形保護継電器のベテランになります。

当時はこの技術をもとに将来商売を始めようとは思っていませんでしたが、
くしくもこの技術を身に着けていたことが、
のちに立石電機創業につながります。


「いつも自分の受け持ちの仕事に打ち込め。

 功利的な思惑がなくても将来必ず何かに役立つときがある」



と、立石は常々若い社員に言っていたそうです。



立石は井上電機で活躍しますが、
第一次大戦後の世界的不況は京都の電機メーカーにも影響を及ぼします。

倒産寸前となった井上電機には人員整理の風が吹き、
結局立石は「希望退職」という形で、
やめることになりました。



井上電機では、直接担当した仕事はもちろん、
その他の仕事の様子も飲み込むことができ、
のちに立石電機を創業してから大いに役だったようです。



起業する場合には、
組織化された大企業よりも、
何でもやらなければいけない中小企業のほうが勉強になるとよく言われますが、
そういうことでしょうね。



井上電機の特許や実用新案はだいたい大渡常務の創案でしたが、
立石は平社員で初めて実用新案をとりました。

たくさんの受注をとり、立石は有頂天になりましたが、
のちに回想し、

「それが大渡常務を不愉快にしたのかもしれない」

と。その後、大渡常務に妨害され、おもしろくなかったようです。
意欲がそがれた立石は、暇にまかせて、

ズボンはさみ、ナイフとぎ、安全鳥かご、台所用品などの家庭用品ばかりを考案し、
力の入れどころの方向が横道にそれたといっています。

のちにこれが生きてくるのですが。


この経験から立石は、のちに、


若い社員にはヒントを与えて考案・特許の手助けをしてやり、
成功したら、その考案・特許は本人を考案者・発明者として出願させ、
花を持たせるようにしたそうです。



昭和3年山田元子と結婚。
翌4年長女、5年次女が生まれます。

そして不況風を受けて、昭和5年に退職したのでした。
兵庫県庁をやめたときとちがい、
今度は家族がいたので、のんきな気持ちにはなれませんでした。

何かやらねばという気持ちでいっぱいでした。
そこで不景気のときでも家庭用品なら売れるだろうと、

井上電機時代に実用新案をとっていた



ズボンはさみ



の商品化で一旗揚げようとしました。
いまのズボンプレッサーの電熱がないものですね。

しかし、このアイデアは三、四十年早すぎて失敗します。


「人間の心理は妙なもので、実用新案が登録され、
 証書を手にすると、まるで金儲けのおスミ付きをもらったような気になって、
 造りさえすればどんどん売れるとまで錯覚する。

 それで無理な投資をして失敗する。
 いわゆる町の発明家の悲劇がそこにある。
 私もいやというほど、これを経験した。」


退職金の100円だけではどうにもならず、
自宅を抵当に入れ、大阪の町の金融業者から700円を借ります。

そして、
「彩光社」の名前でズボンはさみを量産します。

しかし資金も使い果たし台所は火の車。

大丸の家具部に頼んで売り場に並べてもらったり、
家具屋の店頭に置いてもらうなど精いっぱいの努力はしましたが、
やはり売れませんでした。


「これもよく考えるとうかつなことで、
 新商品は説明販売で押さないとだめだという初歩的な原則さえ知らなかったのだ」

「ただ並べただけでは、これがどういう商品で、どういう使い方をするのか、
 顧客にはさっぱりわからない。」


当時の新興住宅地だった下鴨付近を中心に必死に家庭訪問販売をします。
昨日まではエリートサラリーマンをみずから任じていたのですが、
なんともわびしいかぎりと。

何とか一日一、二台が売れるようになり、
次の新商品として、

「ナイフ・グラインダー」の製品化を始めます。

しかしやはり売れません。

どうしたものかと立石は途方にくれます。
生活はどん底となっていました。


このお話は明日につづけます。







私の履歴書─昭和の経営者群像〈5〉







関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/383-dc2a7d71
    この記事へのトラックバック



    fx