タネ銭をつくれ!―ホテルニューオータニの大谷米太郎 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

タネ銭をつくれ!―ホテルニューオータニの大谷米太郎

2011年08月04日 18:00


全129ページの無料レポート『ビジネスパーソンが元気を出したいときに読む無料レポート―昭和日本のビジネスマンたち― その1 たたきあげ編』(11/7/21)






昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。


私の履歴書─昭和の経営者群像〈5〉



大谷米太郎のお話の続きです。
大正2年、
大谷は相撲取りをやめ、
酒屋を開業し念願の商売をはじめます。

五年間は夫婦で朝から晩まで働き、苦しい毎日が続きましたが、
次第に酒屋商売も軌道に乗ってきます。


大谷は次に手がける商売を考えていました。

たまたま酒屋の取引先の屋代清次郎氏が、
三菱鋼材と取引しており、
ロールとそれをつくる機械の仕事はもうかると教えてくれました。

上京前、大谷は汽車のレールをみて、
これから鉄をつくる仕事はよくなるだろうと思っていたのですが、

ロールはこうした鉄製品、丸棒や鉄板をつくるもとになることを知り、
これなら、と決心します。


大正4年、深川の本村町に、
間口六間奥行九尺の四軒長屋の二軒をぶち抜き、
ロール製造の下請け工場を始めます。

元手は酒屋から回した4,000円。
工員4人、大谷がロール盤を動かしました。


ところが大正6年10月、
この一帯に大水が襲い、
この長屋工場はつぶれてしまいます。

しかし大谷はめげずに同じ所に工場を広げ、
機械に詳しい作業員を入れて、ふたたびロール製造にとりかかったのでした。


第一次欧州大戦の最中、仕事は次第に忙しくなってきました。
親工場は「もっと大きくやれ」と。

そこで大谷は高利貸しから金を借りて、工場を大きくしました。
そのとたん、戦争が終わり、
親工場は景気が悪くなり、金を払ってくれなくなります。

大谷は、親工場に、

あなた方がやれやれというから工場を大きくしたのに
仕事も金もくれない。
これでは工場がつぶれてしまうので、
私の方であなた方の仕事をやってもいいか

と、下請けから独立するため、
筋を通しました。


「ここでたいせつなことはこの“筋を通した”ことである」


これはどの時代も一緒だと思うのですが、
独立するにあたって、たとえケンカ別れの独立だとしても、

ここで筋を通さない人はダメだというのは、
もはや定説ですね。

もし独立を考えていらっしゃる方がいたら、
ぜひこの大谷の言葉を覚えておいていただきたいと思います。



大正8年、東京ロール製作所として独立。

しかしいざ独立となると、お金が足りないので、
また酒屋の方の金と高利貸しからの借金とで
8万円の資金をつくります。

欧州大戦後の不況にぶつかり、
独立後はなかなかうまくいきませんでした。

高利貸しが毎日毎日カバンを持って工場にやってきます。


しかし、大谷は借金を踏み倒したことはありませんでした。
そしてこの返済の苦しさから、
借金は絶対にしてはならないとつくづく感じます。

しかしだからこそ成功したのだろうとも言っています。
血みどろになって働いたのでした。

――――――――――――――――――――――――――
【引用ここから】


ゆとりを持って商売するようでは商売や事業はなかなか大きくならない。

百円の金を十倍に生かすことを考えなければならない。

なにをやるにしても金がたまってからやろうというのではおそい。

自分に自信があったときには、
むりをしてでもその仕事を手がけろと言いたい。

その仕事が国の要求にしたがっているかどうかで、
見通しをつけることもたいせつである。


【引用ここまで】
――――――――――――――――――――――――――

いろんな工場に行って技術を目で覚え、勉強、
特許を十数件とります。

何度も製品をつき返されても、
いやな顔一つせずやりなおす。

ロールの売り込みのため単身大阪に乗り込み、
人力車一台でこれはと思う会社を片っ端から歩いて
商談を成立させたりもしました。




そして大正12年、
関東大震災が起きます。


そのとき大谷は深川の工場で働いていましたが、
工場長と工員二人とともに、
ふとん、かやをかついで大島町方面へ逃げました。

その夜は土手で寝ます。


工場はきれいに焼けおちていました。
両国の酒屋も焼けてしまっていました。

家族の顔も見つけることもできませんでした。


工場の焼け跡を整理し、
両国の店の再建にとりかかります。

三日目にはバラックを建てました。

それから三カ月、コンクリートの土間で寝起きし働き続けました。

そのうち、女房子供がひょっこり戻ってきました。
安心します。

また夫婦で死に物狂いで働き始めました。

一杯五十銭の「均一どんぶり」など、
飲食店を始めます。

それから雑貨屋を開き生活必需品を置きます。
テーブル、障子、畳から茶碗まで。

その金をころがし、近県から生活物資をどんどん集めます。
おもしろいようにもうかります。

“焼け太り”でした。
あの金で銀座に土地でも買っていたら
今ごろ大した財産になっていただろうと大谷は回想していますが、

「この仕事は人さまのための仕事なんだ。
 その金を、金もうけに使ってはならない」

と考えます。



今回の震災でも、
“焼け太り”した人はいたのだろうと思います。

何かを失う人が多ければ多いほど、
何かをとてつもなく得る人が必ずいるのが、
経済の原理です。

でもその得たものをいかに世の中に還元していけるか、
そこが「とてつもなく得た人」の試金石ですね。



酒屋、飲食店、工場。
寝る間も惜しんで働き続けます。

おかげで工場の再建もなり、
酒屋も飲食店も焼ける前の三倍ぐらいの大きさになりました。

震災直後の骨身惜しまない努力と機敏な処置が
「丸焼け」というわざわいを転じて福としたわけです。
おかげで資金面も安定しました。



大正15年、
大谷は本所区の区議会議員に立候補、当選します。

今度は市議会議員に立候補しますが、次点で落選。

昭和3年には普選第一回の衆議院に無所属で立候補、
落選します。

このとき大谷は、
給食の実施、工場の臨海地区集団移転など先進的な公約を掲げたのでした。


昭和9年、大谷は東京ロール製作所を株式会社に改組、
大谷重工業の発展が築かれます。

満州にロール圧延工場を建設、
折からの軍需景気もあり、
自己資金でどんどん事業を大きくしていきました。

国内でも関西に進出し、
大谷製鉄株式会社を設立、合併を経て、
昭和15年、資本金1億1300万円の「大谷重工業」を作り上げました。
この資本金は当時、全国で9番目の大きさでした。


しかし、戦況は芳しくなくなってきます。
海軍から「どうしても溶鉱炉が必要だから差し出せ」と。

日本で鉄をつくっていても間に合わないので、
中国北部にある大谷の溶鉱炉に目を付けたのでした。



「私は私の莫大な財産と努力を注いで文字通り
 独力でつくりあげたこの溶鉱炉を、
 有無も言わさずとりあげられるのはなんとしてもつらいことであった。」



海軍は護岸工事の資材までそっくり持って行ったため、
直後台風が来た際に、機械、工場、倉庫などが
そっくり海のなかに持って行かれてしまったのでした。

大谷は大変な損害を受けます。



しかし、人間なにがしあわせになるか分かりません
この溶鉱炉をとられてしまったことが、
戦後、大谷が追放令にひっかからずにすんだ一因となったのでした。



戦争後、大谷は財産の大変を失いますが、
くよくよしませんでした。

ハダカから財産を築きあげた男。
この腕さえあればやり直せると。



――――――――――――――――――――――――――
【引用ここから】


私は昔、日本は貧富の差が激しすぎる、
この差を一ぺんならしてくれればいいなあ、と思ったことがある。

しかし、よく考えてみれば、同じことだ。

金の使い方を知らない人間は、
結局、また貧乏人になってしまうものだ。

要は心がけの問題である。


世間には

「金がないからだめだ」

「景気が悪いからしかたがない」

と投げ出している人間も多いが、
フテくされていても金はわいてこない。

金がなければ、また景気が悪ければ
それなりに苦労するところに実はなってくるものだ。


【引用ここまで】
――――――――――――――――――――――――――

大谷は戦中戦後にかけて、
八つのつぶれた会社をめんどうみます。

つぶれた会社を建て直すには、いうにいわれない苦労があるものだと大谷は言っています。


また大谷は終戦後相撲協会の最高顧問になりました。

戦後、明治神宮や靖国神社で小屋興行を行いましたが、
大谷は、相撲は両国界隈でなければ発展しないとの思いから、
蔵前に国技館を立てることに尽力しました。



さらに相撲だけではなく、浅草・新宿・大森に、
「少年センター」をつくります。

これは地方から東京にあこがれてきた青少年を保護する施設。

自分もそうだったように、
上京したものの保証人もいない、仕事もない、金もないとなると、

「泥棒でもしよう」

ということになると。

少年少女を保護し、
国元へ帰すべきは帰し、
世話すべきものには就職先をあっせんする。


また、地元富山に、大谷技術短期大学を開設しました。
小さいときに学校に通えなかった悔しさからの思い。


そして、ホテル・ニュー・オータニは、
東京オリンピック開催に合わせてつくられた、
地下3階、地上17階の当時日本一のホテルでした。

古い友人でもあった大倉喜八郎に相談し、
各界からの応援を得ての建設でした。


最後に大谷は、若者に向けて以下のように書いています。


――――――――――――――――――――――――――
【引用ここから】

私は親からからだだけは人並み以上のりっぱなものをもらって東京に出てきたが、
思うようにいかず、
ハラがすいてゴミ箱をあけたこともあるし、
大根を盗んだこともある。

そのときは恥ずかしいとか、きたないとかいう生やさしい気持ちではなかった。


「世の中は決して甘くない」――


このことを今の若い人は知らなければならない。
そのためにも自分の力をつけることだ。

その力とはズバリ言って金である。

世間には金のことをきたながる人がいる。
しかし、金がなくては、人のためになる仕事もできないだろうし、
第一、国家だって税金をとらなくては成り立たないではないか。


自分に力をつけるのも、信用を得るのも金である。


私がタネ銭をつくれというのは、
いたずらに金を残すのを楽しめと言うのではない。

苦しみながら、タネ銭をためていくと、
そこにいろんな知恵、知識が生まれてくるということだ。

血のにじんだ金である以上、そう簡単には使えない。
それは道理であろう。

一本のえんぴつ、一枚の紙を買うにも、
よく吟味して買うことになる。

例えば苦労した金で家を建てるとなれば、
誰しもくぎ一本、畳一枚の値段を“勉強”するようになるだろう。

万事このようにタネ銭をつくるというのは、
ただ“もとがね”を積みあげていくことだけではなく、
その金があらゆる知恵と知識を与えてくれることなのだ。

“タネ銭をつくれ”というのは、そうした意である。


【引用ここまで】
――――――――――――――――――――――――――


20銭から億万長者になった大谷米太郎。

タネ銭の重要さは、
今を生きる私たちにも通じる貴重な教えのように感じます。


小作農から相撲取り、酒屋から工場主、
重工業の総帥からホテル王へ。

31歳の方がこのメルマガを読んでくださっていたら、
ぜひこんな人生を今からスタートしてみてはいかがでしょうか。

つらいことが人より多い人生でしょうが、
きっとおもしろい人生だと思います。




私の履歴書─昭和の経営者群像〈5〉




関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/376-0d88f82b
    この記事へのトラックバック



    fx