大谷米太郎(大谷重工業社長)─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

大谷米太郎(大谷重工業社長)─昭和時代の私の履歴書

2011年08月03日 18:00


全129ページの無料レポート『ビジネスパーソンが元気を出したいときに読む無料レポート―昭和日本のビジネスマンたち― その1 たたきあげ編』(11/7/21)






昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。


私の履歴書─昭和の経営者群像〈5〉


大谷 米太郎(おおたに よねたろう、1881年7月24日 - 1968年5月19日)は、
日本の力士、実業家、稲川部屋所属の元大相撲力士。四股名は鷲尾獄。

太平洋戦争前は「鉄鋼王」と称された。
戦後の一時期は菊池寛実、南俊二とともに
「日本の三大億万長者」と並び称された。



明治14年富山県生れ。
上京、相撲界を経て
大正4年東京ロール製作所を興す。
昭和15年企業統合し、大谷重工業とする。
戦後は39年ホテル・ニューオータニ、
42年東京卸売センターを成功させた。
43年5月19日死去。


私の履歴書は昭和39年3月に連載している。


大谷米太郎の履歴書は波乱万丈で読んでいておもしろかったですね。

やはり人生はつらいときと栄光のときの差が激しいほど、
楽しいのかもしれません。

ホテルニューオータニの創設者の人生について、
いままでまったく知らなかったので、
非常に興味深く読みました。




まず冒頭、いきなりこんなことを大谷は書いています。


「私はこの『履歴書』を記すにあたって、
 若い読者諸君に言っておきたいことがある。

 それはたった今から、収入の一割を貯金したまえ、ということだ。

 私の『履歴書』は、このタネ銭を残すことのできない人にはわからない話である。
 タネがなくては、芽も出てくるまい。」


ホテルニューオータニを建設するほど、
何百億円という財産を築き上げましたが、

大谷は貧しい農家に生まれ、
満足に小学校にも通えませんでした。

しかも上京したのは31歳。


大谷は回想して、
何百億円の金を残したときよりも、

商売を始めて五年間に
八十万円貯める方が苦しかったし、楽しみもあった、
故郷を出たときに持って出たのは


二十銭だった


と述べています。

なかなかの立身出世です。



明治14年7月24日、富山県西砺波郡正得村水落の、
小作農の家に六人兄弟の長男として生まれます。

小作農であるために、
いくら汗水流して働いてもその大半のコメは
地主や肥料代にとられてしまいます。

クズ米を食べる極めて貧乏な暮らしぶり。

家族を養うため、小学校にも通えず、
よその家に農家奉公に出ます。

体が人一倍大きかった大谷は、朝から晩まで働きました。
冬の富山は長く、大谷はこの季節は酒造りの家に奉公に出ます。

酒屋生活も朝から晩までたいへんな労働でしたが、
うまい飯とうまい酒が飲めるのがうれしかったそうです。

こんな生活を13歳から24歳まで続けました。
24歳のとき父親が亡くなり、
総領として小作を続け家族を養う立場となります。

小作の生活は厳しく、
いつまでたっても手元には何も残らない生活が続きます。

こんな生活のなかで大谷の楽しみは、
村相撲の大会でした。

草相撲では横綱格。
正得村の大谷と言えば富山県では名が通っていたほど。

大会で優勝するとたくさんの賞品が出ましたが、
応援団や下っ端の関取に分け、手元にはあまり残りませんでした。


こうして31の年まで大谷は農業を続けました。
毎日のように、東の空をみながら考えます。

東京に行って金をためたい、と思っても、
母や弟妹のことを考えるとなかなか言い出せない。
しかしこのままでは、来る年も来る年も貧乏暮らし。

思い切って母に

「三年間だけ、暇をください」

と言い、上京します。

母は握り飯をたくさん作って大谷を送り出してくれました。

上野までの切符を買ったところ、
手には20銭しか残りませんでした。

明治44年4月25日のことでした。


大谷はあまり物事にくよくよする方ではなく
上京しても頼る人は一人もいないが、
とにかく、万事、東京についてから、
出たとこ勝負だとハラを決めて汽車のなかでぐうぐう寝てしまいます。




上京し、就職の案内業者ののれんをくぐり、
いろんな奉公先を探しますが、
保証人がいないとどこも世話できないと。

何軒回っても同じ反応。

やっと何軒目かで、石炭の荷揚げなら保証人はいらないと教えてくれます。

寝床もない大谷は、両国橋の欄干でぼんやりとします。
ひとづてに深川富川町には安い宿屋がたくさんあると聞き、
そこへ向かいました。

とある宿屋へ着くと、

「ひと晩15銭」

という返事。

所持金の20銭から15銭とられるのは痛い。
しかし15銭の部屋が一番安いとのことでそこに宿を決め、
晩御飯に焼き芋3銭を買いました。


大谷はその部屋で寝込むと、
宿屋のお手伝いが入ってきて、

「あと二人来るから、合いべやを願います。」

と。二人の男が入ってきました。

寝られない大谷は二人の話をふとんで聞いていましたが、

「あしたは精糖会社に砂糖の船が入るが、人出がちょっと足りないなあ」

と話しています。

大谷は翌朝、率直に
二人に自分を使ってほしいと畳に手をつき頼みます。

二人は大谷は立派な体だ、
それならどこへ行っても大丈夫だということで、
仕事にありつくことができました。


荷揚げ場につくと、大谷は張り切ります。
はだしじゃあぶないぞ、と指摘されますが、
もう、わらじ一足も買うことはできません。

落ちていた縄を両足に巻き付け、すべり止めとしました。

一俵23貫(約86kg)を二俵軽々とかついで上がったので、
みなびっくりします。

「まるで弁慶だ」

天下をとったような気持ちに大谷はなりました。
明日もきてくれと言われ、何にもましてうれしくなります。


初めての日は一日働いて、1円28銭を手にすることができました。
普通は一日40銭か50銭が相場でしたが、
人の倍働いたということで倍のお金をもらい、
その金ではんてんやらももひき、地下足袋などの古物をそろえたのでした。


それから60日間、荷揚げを続け、
29円を蓄えます。

これを蓄えるのは決して容易ではありませんでした。
好んで重労働をやり、苦労してためたのでした。


しかし大谷は考えます。
これでは三年間働いても600円にしかならない。
こうした金のため方はせいぜい元が知れている。

それにこんな仕事を続けて成功した人間はこの世にはいない。
何か商売の道を見つけなければ。


こうして、大谷は甘酒屋に奉公しました。
しかしこれもあまりいいもうけにはならず、
八百屋、お風呂屋、酒屋、米屋など七、八軒を歩いて働きます。

骨身惜しまず働いたので、どこの家でも大谷を手放したがりませんでした。
なかには養子にきてくれとまで言われることもありました。


この経験から大谷は、
商売は極めて簡単であると分かります。

仕入れの値段はきまっているのだから、
利に欲をかけなければどうやらやっていけると。

元銭があれば誰でもできるなと。
しかしそのタネ銭が大谷にはなかったのでした。



ちょうどそのころ、日本の大相撲が
アメリカへ巡業をするという話がありました。

アメリカへ行けば日本の十倍も金もうけができると聞き、
相撲取りになって渡米しようと大谷は考えます。

郷里の富山で同じく村相撲をとった仲の、
山田川を稲川部屋に訪れます。

実際に大谷は相撲を取ると、稲川親方が感心し、
しこ名は「鷲尾嶽」
幕下突き出しで相撲取りとなったのでした。

当時の相撲は年二回、幕下は一場所五日制でした。


いつの間にかひいきのお客さんも増え、
羽織、はかま、紋付き、まわしをはじめ多くの祝儀などをもらったのでした。

アメリカ行きはいつの間にか立ち消えになり、
大谷は二年近く相撲取りをやっていました。


しかし、巡業に出たときは、好んで地方の工場を見学して歩きます。
大谷念願の事業の研究ができたのでした。

親方や山田川にひきとめられましたが、
大谷は相撲取りをやめ、有り金をはたいて
ついに酒屋を開業します。

酒屋の奉公時代に技術はすっかり学んでいたので、
手元のものを洗いざらい質屋に入れ、
金80円で酒屋を開業しました。

大谷は結婚し、家族に反対されて着の身着のままの妻とともに、
大正2年7月11日、「鷲尾嶽酒店」をはじめたのでした。



大谷は商売のやり方について以下のように述べています。

──────────────────────────────
【引用ここから】


商売というものは、信用を得るまで薄利多売でいかなければならない。

そしてだんだん信用がついたところで、
はじめて五分とか一割とかの利益を組み入れることだ。

私ははじめのころ、ほとんど元値で売った。
ただ、金がないから「現金で頼みます」と言ったが・・・・・・・。

「損をして、得をとれ」。これが私の商売のやり方だった。

(中略)

商売をするにせよ、事業をするにせよ、
人間は人に好かれなくてはいけない。

これがなかなか簡単なようでできないことだ。
ともかく、人に憎まれないことである。

そうするには、相手の性格をみる勉強をしなければならないだろう。


【引用ここまで】
──────────────────────────────

この言葉は、起業のエッセンスのような言葉ですね。
かみしめたいです。


朝は夫婦で五時起きで働き、
三畳の間に二人で寝起き。

下着の着替え一枚ない状況だったため、
夫婦そろって朝は生乾きの下着を着て仕事をしていました。

若いころに苦労をしたので、
現在いくら何百億という財産ができても派手な暮らしはできないと、
大谷は回想しています。


しかしこのころは働く楽しさを十分味わったとのことで、
よく働いて、おいしいご飯を食べる喜びは
金で買うことのできないしあわせだと言っています。

この酒屋の五年間は大変な時期でしたが、
この起業から大谷の億万長者への道はスタートしていくことになります。


明日以降に続けます。






私の履歴書─昭和の経営者群像〈5〉





関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/375-c4882102
    この記事へのトラックバック



    fx