まごころの積み上げが今日の収益を生み出した─JAL日航松尾静磨 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 宮城県議会 不登校・ひきこもり対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議座長。

自由民主党・県民会議
 事務局長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局長。
 芸術文化議員連盟 副幹事長。
 防衛議員連盟 幹事長。
 防災議員連盟 事務局長。
 日越交流宮城県議会議員連盟 幹事長代理。
 みやぎの印刷産業振興を考える議員連盟 事務局長。
 宮城オルレ・トレイル推進議員連盟 事務局長。
 宮城県議会行政書士議員連盟 事務局長。
日韓親善宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県スポーツ議員連盟 幹事。
  宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 副幹事長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党青年局 中央常任委員(東北ブロック)。
自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。

宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
みやぎパラボウリング協会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区PTA連合会理事。
 若林区まちづくり協議会会員。
 沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会会長。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 仙台市地域ぐるみ生活指導連絡協議会幹事。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

まごころの積み上げが今日の収益を生み出した─JAL日航松尾静磨

2011年07月28日 18:00


全129ページの無料レポート『ビジネスパーソンが元気を出したいときに読む無料レポート―昭和日本のビジネスマンたち― その1 たたきあげ編』(11/7/21)





昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。


私の履歴書─昭和の経営者群像〈5〉


松尾静磨のお話の続きです。

新婚わずか十日にして愛妻を実家に残し、
大刀洗飛行第四連隊に松尾は入営しました。

中隊の世話をしていた特務曹長は、
非常に同情してくれて特別に月に一度の外泊を許してくれます。

仲間たちは松尾の外泊を盛んにうらやましがりました。
帰りはただでは承知せんぞとひやかすので、
まんじゅうなどの土産をもって帰営しました。



一年後に除隊となり、
東京に出て赤坂丹後町一番地に、新家庭を持ちます。

六畳、四畳半、三畳の三間に一坪の庭と
三軒長屋のせまくて粗末な家でしたが、

軍隊生活の空白があったので、
松尾は愛する妻との新婚生活を満喫したようです。



それから一年ばかりすると不景気はいよいよ深刻になります。
東京瓦斯電気も例外ではなく、社内も動揺、
同僚のなかには中島飛行機に走るものも出ます。

松尾もついにやめる決心をし、
航空関係の検査官として航空局に入りました。



ここから役人生活が始まります。



まもなく朝鮮総督府から大学出の検査官が一人もいないから
誰かよこせという話になり、
昭和5年の暮れ、松尾は単身京城に向かうことに。


昭和8年、満29歳で高等官。
そして、蔚山に飛行場長として赴任します。

飛行場長といっても、福岡の雁ノ巣飛行場と京城を結ぶ一日一往復。
のんびりとすごしました。

しかし蔚山には医者がおらず、
子どもが病気になるのが何よりもこわかったと。

軍医が書いた赤本を首っ引きにしていたのだそうです。

そんな町でしたが、基本的には、
田舎暮らしということで、狩りを楽しんだりして
のんびり過ごしたようです。



そのうちに、大邱に新しく飛行場ができて、
初代飛行場長に任命されます。

大きな町に出られたのですが、
ここで松尾は大変な事件に遭遇します。



正月すぎ、妻が接待でつかれたのか胃が痛いと言い出します。
さっそく医者を呼びましたが、
東大出とは言ったものの、よぼよぼの爺さん医者。

胃けいれんだから心配ないと注射をして帰ります。


そのあと妻はいくぶん楽になったというので、
松尾は出勤しますが、夕方帰ってみると妻の形相がすっかり変わり、
下腹が痛いといいます。

びっくりして大邱の道立病院から外科の医長にきてもらうと、
あきらかに盲腸で、それも破裂していると。

二度びっくりします。

子どもは四人になっていましたので、
郷里から一人とお手伝いさんをおきます。

しかし、術後の容体が悪く、
妻は二か月の入院となりました。


さらに、運の悪いことに、
突如松尾に大阪飛行場長への転任命令が出ます。

幸い病状に明るい見通しが出てきたので、大阪に飛びました。




成功者は「大病」をすることが多いとこのメルマガでも書いてきましたが、
ここでは珍しく、本人ではなく妻の「大病」です。

しかし、読んでみて分かるのは、
松尾自身が愛妻家であるということ。

愛妻家にとっては、妻の病気は本人の病気と同様の苦しみと理解できるでしょう。



大阪で松尾は大いに活躍します。


──────────────────────────────
【引用ここから】


大阪での任務は五十万平方メートルほどの小さな飛行場を拡張すること。

当初の募金計画では五百万円が目標だったが、
その後法人、私人といろいろの後援者が出してくれて、
目標の三倍にも達する千五百万円が集まった。

そこで新飛行場として伊丹を選定し、民間飛行場をつくった。


さらに軍との折半で、八尾にも飛行場をつくったが、
このほうはあとで航空局に寄付した。

いまの伊丹飛行場の滑走路は、そのころ私が設計したものだが、
ときに三十五歳、若さにものをいわせて、
資金計画から設計の指導、敷地の買収と朝から晩までとびまわったものだ。


【引用ここまで】
──────────────────────────────

昭和15年、松尾は企画院第六部に移ります。
革新官僚の拠点。

その後、航空局乗員部補給課長、航空局次長とコマを進め、
終戦を迎えました。



終戦後、松尾がパージになるかどうかが問題となりましたが、
それまで自分のやってきたことをつつみかくさず調書にしたためた結果、

民間航空に尽くしてきたとの理解を得、
パージを逃れました。

航空保安部長に就任。
まだ敗戦の虚脱状態にあり、民間航空の話は進みませんでした。

このころ米空軍のアーレン大佐に、松尾は元気づけられます。
アーレン大佐は極東空軍の参謀。

彼は、


「これから五年もすれば日本には必ず民間航空が始まる。
 その間にはいろいろと困難なこともあるだろうが
 君のところのグループをがっちり守っていけば、きっと日の目をみる日がやってくる。

 米軍が理不尽なことをいったら、僕のところにきてくれ。
 できるだけの力を貸す」


と言ってくれます。
実際、その後何かと問題が起こるたびに彼の手で解決してもらいます。

「日本の民間航空にとって、彼こそかげの育ての親」
と松尾は述べています。



そして、
「家庭第一」が松尾の主義でした。

たとえどんなに手腕力量のあるものでも、
家にごたごたがあると活動に迫力が出なくなる。


日本航空に初めて日本人のパイロットキャプテンができたとき、
彼を自動車で送り迎えするかどうかが重役会の議題になりました。

そのとき大勢はぜいたくだからやめようということでしたが、
松尾は、


「彼らが職務につくときは、会社の膨大な財産をあずかる責任者であるばかりでなく、
 乗客の尊い生命までを自分の判断だけでまもらなければならない。

 そういう重大な職務につくものが、電車で汗まみれになって飛行場に着き、
 疲れたからだと不愉快な気持ちで仕事につくようではならない。

 だからキャプテンだけは重役と同様に、車で送り迎えするようにしてもらいたい」

と強く主張、これを通しました。

そして、松尾はキャプテンたちに対しては、
まず家庭第一主義をとってもらいたいと言っていたのでした。




講和条約を目前にして、民間航空の話が持ち上がってきます。

マッカーサー専用機の首席パイロットからも話があったり、
日本のある財界人と外国の航空会社が結託してやるという計画まで出てきます。

けれども松尾たちは、

「外国資本とむすんだりしては禍根を将来に残すことになると考え、
 きっぱりとこれをはねつけた。」


航空会社の申請合戦は派手になり、
すったもんだのあげく、昭和26年、
それらの合同体として、


日本航空株式会社が誕生し、

会長に藤山愛一郎、社長に柳田誠二郎、専務に松尾という陣容で発足しました。


日航の人間になって松尾が求めたのは、「安全運航」でした。
この安全運航こそが、最大の使命であり、責任であると痛感したから。


日航ははじめの三年間で十数億円の赤字を出しましたが、
徐々に経営も改善していきました。



──────────────────────────────
【引用ここから】


私はよくいまの若い社員たちに

「むかしはお客さんが一人か二人しかいないことがあった。
 それでも当時の社員諸君は、一人のお客、一つの貨物や郵便物をも
 心から大事にした。

 それは、ほんとうにありがたいとおもう感謝の気持ちからだ。

 そうした“まごころ”の積み上げが、
 今日の収益を生み出したのだということを忘れないでくれ」

といっている。


【引用ここまで】
──────────────────────────────


松尾の言葉は、
航空にとどまらず、交通機関に携わる仕事の重要性と
そのむずかしさを感じますね。

日本の交通機関の正確さや高度な安全性は
誇るべきものだと私は思います。

松尾の言葉から、その一端をうかがい知ることができますね。









松尾静磨
臆病者と言われる勇気を持て。安全航行こそ、最大の使命であり、責任である。


私の履歴書─昭和の経営者群像〈5〉
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/369-0ddabdd9
    この記事へのトラックバック



    fx