松尾静磨(日本航空社長)─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 宮城県議会 不登校・ひきこもり対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議座長。

自由民主党・県民会議
 事務局長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局長。
 芸術文化議員連盟 副幹事長。
 防衛議員連盟 幹事長。
 防災議員連盟 事務局長。
 日越交流宮城県議会議員連盟 幹事長代理。
 みやぎの印刷産業振興を考える議員連盟 事務局長。
 宮城オルレ・トレイル推進議員連盟 事務局長。
 宮城県議会行政書士議員連盟 事務局長。
日韓親善宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県スポーツ議員連盟 幹事。
  宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 副幹事長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党青年局 中央常任委員(東北ブロック)。
自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。

宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
みやぎパラボウリング協会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区PTA連合会理事。
 若林区まちづくり協議会会員。
 沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会会長。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 仙台市地域ぐるみ生活指導連絡協議会幹事。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

松尾静磨(日本航空社長)─昭和時代の私の履歴書

2011年07月27日 18:00


全129ページの無料レポート『ビジネスパーソンが元気を出したいときに読む無料レポート―昭和日本のビジネスマンたち― その1 たたきあげ編』(11/7/21)




昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。


私の履歴書─昭和の経営者群像〈5〉


松尾静磨(まつおしずま)は、
昭和時代の官僚、経営者。


明治36年佐賀県生れ。
昭和3年九大卒、東京瓦斯入社。
5年航空局に転ず。
16年航空局乗員部補給課長。
終戦後航空保安部長。

24年初代航空保安庁長官。
26年日本航空専務、36年社長。
46年会長。
47年12月31日死去。


私の履歴書は昭和36年6月に連載している。




明治36年2月17日、
佐賀県杵島郡若木村(現在武雄市)にて
松尾家の二男として松尾静磨は生まれました。

子どものころから手先が器用で、
テーブルや本箱などを作って
いつも展覧会ではほうびをもらっていました。

学科では数学が一番得意。

自然と技術屋になったのだと思うと松尾は回想しています。


家は代々庄屋の出で、
祖父は酒と女と義太夫を愛していた人。

父は佐賀で松尾組という土木建築事業を起こし、
社長をしていました。
父は祖父をしのぐほどの酒好き。

松尾の兄弟は男四人。
父は、危険な仕事だから長男には絶対に継がせない。
二男の松尾は大学を出て役人になっているからそれはそれでいい。

三男と四男に継がせようということになり、
結局父の死後は三男が社長、四男が専務になって松尾組を継いだのだそうです。

父は、
「国家百年の大計としてまず山に木を植えよ」
ということで、松尾は父と一緒に植林によく出かけたのだとか。


兄弟は佐賀にいたけれども、
松尾は外にばかり出ていたので、
母親に孝行することができませんでした。

むしろ、学生のころには母をだまして
金をまき上げる算段ばかりしていたと反省の弁。


四兄弟は父親の存命中に財産分与を受けました。

松尾は当時の金で十万円という大金をもらい、
それをそっくりそのまま、任地の朝鮮で
信託銀行に預けました。

それで終戦と同時に無一文になってしまったのでした。

そんなこともあり、松尾だけがサラリーマンであったことから、
母親はいつも松尾の貧乏を気にしてきたのでした。


日本航空の役員になってからふと帰郷を思い立ち、
松尾は妻と話し合い、いままで母には心配のかけどおしで、
世話になってきたから、
こんどいっしょに行ったとき母にこづかいをあげようということになります。

妻の手から渡した方がよかろうと
具体的手順まで打ち合わせ郷里に出かけ、
帰る途中で

「お母さんに例のこづかいをやったか」

と妻に聞いたら、

「ついに出しそびれてしまいました」

と。

「どうして?」

と聞いてみると、母にこづかいを出す前に逆に母のほうから

「静磨はサラリーマンだし、それに昔から貧乏ばかりしているから、
 家でも建てるときのタシにしなさい」

と、松尾が母にやろうと用意していったよりも、
はるかに多額の金をもらってきたのだそうです。


───────────────────────────
【引用ここから】


このときは、さすがの私もジーンときた。

母というものは、八十過ぎてもなお子供の安否を気づかい、
一生こうして子供のことを心配し、
深い愛情をもって見まもってくれているのだとおもうと、
むしょうにありがたかった。

そこで、せめてときどき母の好きなものでも送ってやろうと、
会社の秘書に、毎月私の月給のなかから
チョコレートでも買って送ってくれるように頼んだ。

忠実な秘書は、くる月もくる月も、チョコレートを送ってくれたらしい。
と、二、三年たって母から

「なんぼ好きでも、もうチョコレートはあきたから別のものにしてくれ」

といってきた。

それからは月々かわったものにお金をそえてずっと送っている。


【引用ここまで】
───────────────────────────


四人の兄弟は年齢も近く、
けんかもしたが仲もよい兄弟でした。

兄と松尾の次の弟はよくけんかをし、松尾は仲裁をよくしたのだとか。

酒は父方ののんべえにたいし、母方は全然やらず。
兄と松尾は母方。弟二人は父方に属すると。

四兄弟とはにぎやかで大人になると楽しそうですね。



大正6年、松尾は佐賀中学に進みます。
県下一の学校でしたが、寄宿舎生活はスパルタ式。
上級生からの鉄拳制裁も受けます。

しかし上級生に兄がいたため、
柔道もけんかも強い兄のところにとんでいくと、
弱虫の弟のために大いにふるいたち、
さっそく相手を殴り返してくれます。

少年時代の松尾は、兄を心から頼もしいと思ったのでした。


佐賀には、伝統の葉隠精神があるそうで、
修身の時間では、鍋島藩士の気風をたたえて葉隠精神を謳歌します。

また、寄宿舎で一緒だった、江藤新平の孫、江藤夏雄は
なかなかの豪傑で、

新しく赴任してきた若い先生が初めて教壇に立ったら、
江藤は

「先生ちょっとどいてくれ」

と自分で教壇に上がり、
大声をはりあげて新米先生の歓迎の演説をぶち、
あらかじめどぎもを抜いておこうという戦法を平気でやっていたのだそうです。

いかにも古き良きバンカラ時代ですね。


そして松尾は、旧制佐賀高校に入学。
高校時代はテニスの選手として、テニスに明け暮れます。

同じ庭球部にのちの妻の兄がいました。
中学時代は同級で、高校は一年下の友で、よく家に遊びに行ったものでした。

そのころの妻はまだ小学六年生でしたが、
そのうち女学生になり、夏休みに遊びに行ったついでに
宿題の手伝いなどをしてやったりしているうちに、

将来お嫁さんにもらおうかなあ

とぼんやり考えるようになったのだとか。



のちに母をつれて九大の卒業式にのぞむとき、
汽車のなかで偶然のちの妻となるその女性に会います。

そこで松尾は決心します。

母たちは松尾が大学を出たら、さっそく嫁探しをしようとしているが、
自分の意中にはこの娘以外にない。

その場で彼女を母に紹介します。

そして席に戻ってから

「実はあの人をお嫁さんにもらいたいんだ」

と宣言したのでした。



松尾は九州大学の機械工学に入学します。
福岡では悪友と一杯飲み屋でつけで飲み、

卒業のときに支払えず、父親に頼んだところ、

「お前は学校へ勉強に行ったのか酒を飲みに行ったのか」

とどなられたそうです。

ここでも母がすべて尻拭いをしてくれたのだとか。



昭和3年の卒業時には日本は不景気で、
いい就職口はなかなか見つかりませんでした。

親類が人事部長をしている三井鉱山を受けようとするも、
大学を一番で出ないとダメと。

八幡製鉄を受けるも、面接ですっかりあがってしまい落ちます。

最終的に入社したのは、東京瓦斯電気株式会社でした。
入社と同時に、飛行機エンジンの設計をやれということで、
社会人の第一歩から航空界と縁をもつようになります。


大森の下宿にこもり、
土曜の晩だけ玉突き、日曜にテニスという生活、
それ以外は勉強ばかりし、

下宿のおかみさんにたまには遊びにいったらどうかと
いわれるほどでした。

実はそのころから妻との文通が始まっていて、
手紙のくるのが待ち遠しく、
遊びたいという気持ちにならなかったのだそうです。


そして昭和4年2月、
兵隊検査で甲種合格になり、
福岡県大刀洗飛行第四連隊に幹部候補生として入営しました。


直前の1月11日、郷里で結婚式を挙げます。
新婚わずか10日にして愛妻を実家に残し、
松尾は軍隊生活を送ることになったのでした。


このあとの松尾の人生については、
明日以降に続けます。




松尾静磨
臆病者と言われる勇気を持て。安全航行こそ、最大の使命であり、責任である。



私の履歴書─昭和の経営者群像〈5〉
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

  1. 履歴書の書き方の見本 | URL | -

    とても魅力的な記事でした。
    また遊びにきます。
    ありがとうございます!!

  2. 渡辺カツユキ | URL | -

    Re: タイトルなし

    履歴書の書き方の見本 さん

    どうもありがとうございます。


    > とても魅力的な記事でした。
    > また遊びにきます。
    > ありがとうございます!!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/368-3dd15e83
この記事へのトラックバック



fx