4歳で社会起業したアレックス・スコットのレモネード屋さんのお話 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 
自由民主党・県民会議
 事務局長
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
みやぎパラボウリング協会 会長。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

4歳で社会起業したアレックス・スコットのレモネード屋さんのお話

2011年07月26日 18:00

昨日は20歳のIT社長の話をしましたが、

今日はアメリカの4歳の起業家のお話です。


さすがアメリカ、
4歳で社会起業を果たしたアレックス・スコットちゃんという女の子がいます。
ザ!世界仰天ニュース 全米を動かした少女アレックス



1996年、アメリカコネティカット州で、
3200gの元気な女の子が生まれました。

アレキサンドラと名付けられた女の子は、
両親にかわいがられて育ちましたが、

1歳のとき、しばしば熱を出し、夜泣きがひどくなりました。

食欲も落ち、体重もなかなか増えず。


病院で検査をしてもらったところ、
アレックスは神経芽細胞腫だと判明します。


神経芽細胞腫とは神経に育つ
神経芽細胞が異常増殖して出来るガンのことです。


腫瘍はかなり大きくなっており、
脊髄にも転移していました。


アレックスの小さな体のなかの大きな腫瘍を摘出する
大手術が行われました。

16時間にもわたる手術は成功。

しかし摘出は成功したものの、
脊髄の転移への影響から足に障害が残る可能性がありました。

アレックスは退院後も必死に足を動かし、
何とか歩行器なしで歩けるまでに成長しました。

強い生命力。

このままガンにも打ち勝つのではないかと皆が期待しました。



しかし一年後にガンが再発。


腹部の腫瘍摘出は成功したものの、
つらい化学療法がアレックスを待っていました。


抗がん剤の投与。
食欲も元気も失われました。
入退院を繰り返します。

ガンの進行は何とか抑えられ、
2000年、アレックスは4歳に成長していました。


アレックスは病院のアイドルでした。
アレックスがいると笑顔が絶えない、そんな存在。


病院では同じ病気で闘っている女の子と友だちになりました。
おたがい励まし合う心強い存在。

やがて体調が回復し、一時退院を許されるアレックス。

「今、世界中でガンの研究をしているからきっといい薬ができるって
 …二人でがんをやっつけようね・・・」

元気になったら二人で外で遊ぼう。
そういって友達と別れたアレックス。

近所の人たちもアレックスの退院を
よろこんで出迎えてくれました。

しかし、家でも安静の日々。
そして病院で検査。


あるとき病院の友だちのもとへ遊びに行くと、
友だちはすでに天国へ行ってしまっていました。


4歳のアレックスなりに人の死を理解したのでしょうか。




あるとき、アレックスはテレビを見ていました。

子どもたちが働いてお金を得ることを学ぶために、
自宅の前でレモネードを売るという番組でした。


アメリカではよくある風景として有名ですね。
起業の本にはよく書かれている話です。

アレックスはこれをみてヒントを得ます。


「ママ、私ね、レモネードスタンドをやりたいの」


「お金を病院にあげるの。
 がんのお薬ができるように、そしてみんなを助けてあげるの、
 ガンをやっつけるんだ!約束したんだもん」


天国へ行ってしまった友達との約束でした。



2000年6月、両親の手助けも得て、

「アレックスのレモネードスタンド」

と名づけられたレモネードスタンドがオープンしました。


アレックスの病気を知る女性が最初のお客でした。
一杯60円。

話を聞き付けた近所の人たちが、
アレックスを励ますように集まります。

アレックスの笑顔。

レモネードの前には行列ができます。


集まったお金はほかの子どもたちのガンの治療に。
アレックスの思いが伝わり、
売上げは2000ドルに上りました。


アレックスの笑顔は輝き、
その後は、苦い薬も我慢して飲み、
治療や検査にも積極的に取り組むようになりました。



しかし、病状は悪化。


2001年フィラデルフィアの大きな病院に転院することになりました。


アレックスはいいました。

「ママ、今年もレモネードスタンド開きたいの」

6月、去年よりも立派なレモネードスタンドが完成します。
ここでも多くの客が集まります。

アレックスはどんなに疲れていても笑顔で接客。


やがて噂を聞きつけたアメリカ全土から募金が届くようになり、
集まったお金は、

小児ガン治療の研究に活かされる「アレックスのレモネード基金」
として管理されるようになりました。


日増しにアレックスは元気になっていきます。
そして、さらに両親を驚かせるのでした。
それは、

ガン治療の募金を目的としたレモネードスタンドを全米に広げたい

という壮大な思いだったのです。


その後全米でレモネードスタンドがオープン。

アレックスの目標通り、全米50州でスタンドのオープンを達成したのでした。
夢が叶った瞬間でした。



アレックスには好きな言葉がありました。


「人生が酸っぱいレモンをくれるならそれで甘いレモネードを作ればいい…」


アレックスは8歳にしてその言葉通りの人生を生きてきたのでした。



2004年8月1日。
アレックスは家族に見守られ、その短い生涯を終えます。



アレックスの死に、全米が涙します。


アレックスのレモネードスタンドは、
現在でも全米に1000箇所以上あります。

収益はすべてチャリティーとして小児がん研究に捧げられています。

そして50州すべてにスタンドがオープンした6月12日は
「アレックスのレモネードスタンドデー」と定められたのでした。






4歳で社会起業したアレックス・スコットのレモネード屋さん。

ポーター流にいえば、共通価値の実現を果たしたビジネスモデルと言えるでしょう。


わずか8年の生涯でしたが、
アレックスの生きざまは

小児ガンがなくなるそのときまで
永遠に多くの人に語り継がれていくことでしょう。










ちっちゃなアレックスと夢のレモネード屋さん [単行本]
リズ・スコット (著), ジェイ・スコット (著), パム・ハワード (イラスト),
藤井 あけみ (翻訳), アレックス・スコット
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/366-21054dd3
    この記事へのトラックバック



    fx