就活キュッカ2012内定者報告(Nさん) - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 宮城県議会 不登校・ひきこもり対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議座長。

自由民主党・県民会議
 事務局長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局長。
 芸術文化議員連盟 副幹事長。
 防衛議員連盟 幹事長。
 防災議員連盟 事務局長。
 日越交流宮城県議会議員連盟 幹事長代理。
 みやぎの印刷産業振興を考える議員連盟 事務局長。
 宮城オルレ・トレイル推進議員連盟 事務局長。
 宮城県議会行政書士議員連盟 事務局長。
日韓親善宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県スポーツ議員連盟 幹事。
  宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 副幹事長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党青年局 中央常任委員(東北ブロック)。
自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。

宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
みやぎパラボウリング協会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区PTA連合会理事。
 若林区まちづくり協議会会員。
 沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会会長。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 仙台市地域ぐるみ生活指導連絡協議会幹事。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

就活キュッカ2012内定者報告(Nさん)

2011年07月23日 16:10

 初めまして、就活キュッカ2011に参加したNと申します。渡辺さんをはじめとする多くの方のお力をいただき、今年4月後半に企業から内定を頂くことができました。

私が初めてキュッカに参加したのは就職活動が本格化しだす1月末でした。就活キュッカで社会人、内定者の方々からアドバイスを頂く中で、就職活動に対する姿勢が私の中で大きく変化し、その結果として、今回のような嬉しい結果を得られたものだと思っています。 キュッカに参加した期間は短く、あまり参考にならないかもしれませんが、この報告がこれから就職活動を始める方に少しでもお役にたてたら幸いです。


 7月

 半ば旅行気分でインターンシップを探し、たまたま私の研究テーマとマッチングするものを見つけたため、さっそく応募。非常に倍率の高いインターンシップだったようですが、特に対策をするわけでもなく大阪まで面接に行き、幸いにも選考を通過しました。このインターンシップ先が現在の内定先となります。


 8月

 3週間のインターンシップに参加しました。ここで私は自分の専門を生かして働くことの楽しさを知りました。またこのときの密度の濃い企業研究の結果が、この後の選考にも有利に働きました。


9月、10月

 合同説明会に参加し始めました。このとき失敗したことは、メモを取るだけで満足してしまい、その先の自己分析に繋げられなかったことです。情報収集に偏るばかりに、自分のあこがれる企業や好きな業界(食品業界、ゲーム業界)に強い志望を抱き、自分の専門を生かした企業にはあまり魅力を感じませんでした。


11月、12月

 年度末の学内発表、サークルの発表会準備などに忙しく、就職活動から遠ざかっていました。説明会に参加しても、どこも同じようなことを言っているように聞こえ、就職活動がつまらなくなってきました。


年明け~1月半ば

 このとき志望度の高かった食品業界のエントリーシートの提出が始まったのがこの頃です。しかし、エントリーシート通過率は非常に低いものでした。私は自分のエントリーシートの説得力のなさに気づくことができず、「食品業界は狭き門だから」と自分に言い聞かせていました。先輩から渡辺さんを紹介してもらったのはこのときです。


1月末

 1月末渡辺さんに個別面談をしていただき、自分の自己分析不足、説得力のなさにショックを受けた私は、翌週の就活キュッカから参加することにしました。そこで受けた模擬面接は散々なものでした。「だらしない」「話が長くて何が言いたいかわからない」「本当にここに勤めたいの?」とのアドバイス。就職活動の本格化し始める時期でしたが、振出しに戻って自己分析、業界研究をしなければと焦るようになりました。


2月

エントリーシートの締切に追われていました。この頃就活キュッカのアドバイスで最も役に立ったのは、自分のエントリーしようとしている企業の序列を表にし、スケジュールを明確にするというものでした。これを行うことで、心に多少余裕をもって活動ができました。


3月

 震災の影響で、選考スケジュールに大きな変更が出ました。私は仙台で被災し、1週間ほど経ってから、関西の姉のもとに身を寄せ、大阪や福岡で選考をすすめることにしました。非日常の中でも就職活動を続けられたのは、就活キュッカで出会った志の高いライバルたちがいたからでした。


4月

2社から内定を頂きました。このころ就活キュッカで扱った「理想の新入社員とは?」というトピックで私の気持ちに大きな区切りがついたような気がします。私が当初強く志望していたゲーム業界、食品業界では、私は理想の新入社員になり得ないと思ったからです。ですから、そのほとんどがエントリーシート落ちなのにも納得がいきましたし、逆に自分の専門を生かしたモノづくりができる企業に対する志望度が高くなりました。このときのトピックがなければ、私はまだ就職活動を続けていたかもしれません。


就職活動を有利に進めるデータやツールが豊富に存在する、つまずいたときに相談できる先輩方がいる、そして一緒に頑張ろうと思える仲間がいるという3つの心強さが就活キュッカの良さであり、私が無事に就職活動を終えられた理由だと思います。

情報に溢れ、地理的にも有利なライバルが、関東には沢山います。加えて就活キュッカには自分よりも熱心な学生と、どんなことも真剣に受け答えしてくれる先輩方がいました。地方の私には、彼らに負けないよう、きちんと応えられるように、と就職活動を続けられたことが大きかったと思います。

 以上が私の内定報告です。

 最後になりましたが、これまでご支援くださった渡辺カツユキさんをはじめとする就活キュッカの皆様に感謝申し上げます。ここぞというタイミングで支えになったのは、キュッカという存在でした。本当にありがとうございました。

(Nさん・東北大院工・化学業界内定)
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/364-0b508e37
    この記事へのトラックバック



    fx