常に一歩でも前に進む―YKK吉田忠雄 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

常に一歩でも前に進む―YKK吉田忠雄

2011年07月14日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。


私の履歴書─昭和の経営者群像〈4〉



YKK吉田工業、吉田忠雄のお話の続きです。

昭和7年奉公先の古谷商店が倒産し、
涙を流した吉田でしたが、

昭和9年1月に同じ場所で、古谷商店の仲間とともに
サンエス商会という名前で店を開きます。

ファスナーの製造販売を手がけました。


新しくお客さんを見つけるのはなかなか容易ではありませんでしたが、
お得意先開拓に駆け回り、みどころがあるところには日に何度も通ったりしました。


昭和10年11月、駒子と結婚。

結婚の理由が面白いのですが、

1、体格のよい女性を
→自分が体が小さかったので、押し出しが悪い。せめて子供は立派な体格を。

2、少し無理をしても大丈夫なくらいの女性を
→生涯苦労をかけることになるだろうから、良家の子女ではだめだとあきらめる。



事業は順調に伸びていきます。
製品は量よりも「品質第一」で。
がま口からハンドバッグ、手芸用品、ジャンパー業者と広がります。

昭和13年、江戸川区小松川町に工場を新築、
名も吉田工業所に改めました。


しかし次第に戦況は長期化し、統制経済に飲み込まれます。

まず、ファスナーに使っていた銅の使用が一切禁止となります。
そこでアルミを原材料にファスナーを作りましたが、

アルミも統制になってしまいます。

何とか輸出の道を求めますが、
戦況悪化により輸出も手を引かざるを得なくなります。

こうして、昭和16年、
ファスナー業界は業界の全員が廃業となります。


このままでは野たれ死にと、吉田は商工省に相談し、
海軍の仕事をもらうことになります。

価格も安くし、質も認められ、
陸海軍指定向上となり何とかしのぎました。


昭和20年、陸軍の人から「東京はいずれ戦場になる」と聞いた吉田は、
小松川の工場を魚津に疎開させようと段取りをします。

3月10日から疎開を始めようと決めていましたが、
9日から10日にかけて、B29の東京大空襲。

工場や機械設備は一切灰になってしまいます。
東京中が大混乱。

吉田は持ち金を社員に分け与え、いったん解散します。
吉田自身も魚津に引き上げたのでした。


終戦後、新規まき直しで
全国にファスナーを売り歩きます。

復員もあり、社員も徐々に増えてきたのでした。


このころ、GHQのあっせんで米国人バイヤーがやってきました。
一本のファスナーを取り出します。

自分たちの商品に比べ、
その機能やデザインなどで、数段上の立派な品物だと
吉田は冷や汗がどっと噴出しました。


―――――――――――――――――――――――――――――――
【引用ここから】

米国から機械を導入しよう。

だがたまたまファスナー業界は当時、供給が需要に追い付かぬほど有卦に入っており

日本人は手先も器用だしこれまでの手植え式で十分やっていける、
といった考え方が、業界には支配的であった。

共同で機械を輸入する構想はご破算になってしまった。


「こうなったからには、一人でやろう」

と、資本金(19万8千円)の60倍以上の
3万5千ドル(1260万円)を投じ、全自動植え付け機を導入、
数年後には国内シェア95%という驚異的数字を生んだ。


【引用ここまで】
―――――――――――――――――――――――――――――――


昭和29年、創業20年を機に吉田は海外視察に出かけます。

日ごろから吉田は、米国と日本の生産能率の違いについて、
直接人員と間接人員の比率の差にあるのではないかと考えていました。


実際に米国のファスナー会社を訪ねると、
たまたま週給の支払日で、
社長が自ら従業員に現金を手渡していました。

事務員は一人もおらず、
面倒な経理事務は公認会計士に委嘱していると。

YKKでも間接人員を出来るだけ少なく抑えていこうと考えました。


そしてさらに吉田は、
サンフランシスコは人口約70万人で市会議員は7人、
ニューヨークは人口800万人に対し、25人。

ところが東京都議会議員は
人口650万人に120人。


「日本では、企業はもちろん、国家も地方自治体も、
 いっそう能率を上げる努力をしていかなければならないように思われるのである。」


まったくそのとおりだと思います。
しかし変わっていないですね。


吉田はアルミ合金の生産が軌道に乗り、
その生産量がファスナーで使う量を上回るようになったころから、
アルミサッシへの進出を考えます。

これには役員の間でもためらう空気が強かったそうです。
しかしYKKでは役員会の多数決で物事を決めるというやり方はとりませんでした。


「会社としては、つねによそより一歩も二歩も先に進んでいなければならないが、
 全員の意見が一致したときには、実はその事業を始めるのはおそいことが多い」


これはよくある話ですね。
みんなの意見が同じときは手遅れになっているということです。



最後に、吉田は振り返り、いろいろ大変な目にあったけれども、



どんなときでも私は「苦しい」と言ったことはなかった。
悪いときは悪いときなりに、

「こうすれば、なんとか活路が開けるのではないか」
「こうやると、もっと素晴らしいのではないか」

と、ないチエを絞りながらやってきた。
その場で考え込んでしまうより、常に一歩でも前に進むことを心がけてきた。



と述べています。

起業し、一代で世界的企業に育て上げた経営者の言葉には
一文一文に重みがあるように感じました。









私の履歴書─昭和の経営者群像〈4〉
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/352-ad4582ed
    この記事へのトラックバック



    fx