私がクビになってあれからちょうど一年! - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 総務企画委員会副委員長。
 宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会委員。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。

宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。42歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。
平成28年 宮城県議会 保健福祉委員会 委員。 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

私がクビになってあれからちょうど一年!

2011年07月12日 18:00

今日7月11日で、メルマガ300号を達成しました!
長いようで短いようでよくわかりませんが、

300本のメルマガを書くことにより、
いろんな人とメールをやり取りし、
リアルでお会いし、さまざまな世界を見ることができたのは
本当にありがたいことと思っています。


300号も書いていると、
本当にいろんなことがあったなあと思います。


私は人よりいろんな経験をさせてもらっているなあと
つくづく感じるのですが、

今日は私の失業が決まってから
ちょうど一年の記念すべき日でもあります。


2010年7月11日。
参議院議員選挙投票日。

マスコミでは、
わが陣営の不利は後半になればなるほど
報道され、どんどん人が離れていくのを表情と声色と肌で感じました。


7月11日の投票日は、
当落いずれの結果が出るにしても、
議員が記者会見をするという段取りにしていましたので、

各社マスコミと連絡を取りながら、
およその時間設定などの調整をその日はしていました。


そしてNHKの宮城県選挙区の当落結果が分かった時点で、
議員をお迎えしようと、

運転をしてくださっていたMさんと
車の中でNHKのテレビをじっと見守っていました。



忘れもしない、そのとき、

NHK大河ドラマ「龍馬伝」の名シーンが
ちょうど流れていました。



Mさんはこの厳しい戦いをいつも明るい笑顔で
支えてくださっていましたが、
そのときは坂本龍馬を二人で黙ってみていました。

7月11日の「龍馬伝」は前半部のクライマックス、
武市半平太の切腹のシーンだったのです。

─────────────────────────────────
【以下wikipedia引用】

武市半平太(たけち はんぺいた)
演:大森南朋(少年時代:桑代貴明)

土佐藩白札(後に上士格に昇進)。龍馬の幼馴染みで無二の友。
文武両道の秀才で、城下で道場を営み、門弟達からは面倒見の良い兄貴分として慕われている。愛妻家で下戸。

黒船来航をきっかけに攘夷思想に目覚め、剣術修行を名目に出た江戸で各藩の攘夷派の士と交流するが、そこで土佐藩が後れを取っていると感じる。帰国して、参政・吉田東洋に攘夷を説くが退けられ、上士に対抗して攘夷を藩論とするために下士を結集して土佐勤王党を結成する。東洋に藩政を免職された柴田備後と結び、東洋の追い落としを図るが手段を選ばぬ行動に走るようになり、遂には勤王党員に東洋を暗殺させる。

吉田東洋を暗殺し、藩の実権を掌握した後は京に進出。土佐藩を尊皇攘夷運動の旗頭に担ぎ上げ、一時は朝廷を動かすほどの権力を握る。しかし、尊皇攘夷派の衰退と共に失脚し投獄される。1年半に及ぶ獄中闘争の末、牢を訪れた山内容堂と対話して全ての罪を認める。その後、牢を訪れた龍馬と弥太郎に未来を託した後、切腹を命ぜられ壮絶な最期を遂げた。

【引用ここまで】
─────────────────────────────────


福山雅治の坂本龍馬が必死になるも、
武市半平太は最後は切腹、
壮絶な最期を遂げたシーンでした。


壮絶な最期を見せられた直後に、
NHKは選挙報道特集番組に変わり、

一番最初に宮城県の当選確実が報道され、
わが陣営も一瞬にして最期を迎えました。


なぜか涙はまったく出ませんでした。
あまりにも壮絶だとそういうものなんでしょうね。



平成22年7月11日は、私にとって一生忘れられない日になりました。

武市半平太の悔しい思いが、
なんだか痛いほどよく分かりました。




みなさんの人生で一番つらかった思い出の日はありますか?

その日はどんな日だったでしょうか?

きっとつらかったことと思います。




あの日以来すべてを失ったことで、
私のこの一年間はまったくの白紙から歩んできました。

まったくの白紙なら、
ここから好きなように絵を描けるわけです。

またさらにこれからの一年で、
少しずつ少しずつ、みんなと絵を描いていきたいと思っています。


400号までメルマガが書けるか、
いったい何号まで書けるのかまったく分かりませんが、

読んでくださっているという人が一人でもいると
とてもうれしいものです。


300号まで続けられたことを読者の皆さんに
あらためて感謝したいと思います。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/350-ef540ef5
    この記事へのトラックバック



    fx