くよくよしてもはじまらぬ、心気を一変しよう─田代茂樹 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 宮城県議会 不登校・ひきこもり対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議座長。

自由民主党・県民会議
 事務局長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局長。
 芸術文化議員連盟 副幹事長。
 防衛議員連盟 幹事長。
 防災議員連盟 事務局長。
 日越交流宮城県議会議員連盟 幹事長代理。
 みやぎの印刷産業振興を考える議員連盟 事務局長。
 宮城オルレ・トレイル推進議員連盟 事務局長。
 宮城県議会行政書士議員連盟 事務局長。
日韓親善宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県スポーツ議員連盟 幹事。
  宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 副幹事長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党青年局 中央常任委員(東北ブロック)。
自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。

宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
みやぎパラボウリング協会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区PTA連合会理事。
 若林区まちづくり協議会会員。
 沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会会長。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 仙台市地域ぐるみ生活指導連絡協議会幹事。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

くよくよしてもはじまらぬ、心気を一変しよう─田代茂樹

2011年07月07日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。


私の履歴書─昭和の経営者群像〈4〉


田代茂樹のお話の続きです。

田代は、自分のやりたい機械の商売の仕事に就職を実現し、
アメリカ行きも実現、仕事も順調に進んでいました。
ニューヨーク在勤三年目の夏、
田代は友人と一週間の休暇をキャツキル山脈のほとりにあるホテルで
テニスをして過ごします。

ところが帰ってから、身体の調子が悪い。

医師に診てもらうと、肋膜炎だからすぐに入院せよと言われました。
経過は一進一退でしたが、ある日血痰が出てしまいます。

肺結核では助からんだろう、という不安に襲われました。

「切に望んでいたアメリカ生活もかなえられた今日、
 三十にみたぬ若さで、しかも異国で果てねばならぬのか…などと思い悩んだ」

辛島支店長をはじめ、同僚からいろいろ慰められ力づけられますが、
憂うつな日々が続きます。



常々指摘していますが、「成功のための三条件」

1、大病をするか

2、刑務所に入るか

3、放蕩(浪人)をするか


 いずれかの苦労をしなければいけない。


田代の場合は、ここで1番目の「大病」をしていますね。




その年のクリスマスの前夜に、看護婦さんたちが美しい声で
クリスマス・カロルを歌うのを病床で聞きました。

神の啓示というのか、
その夜「くよくよしてもはじまらぬ、心気を一変しよう」
ほん然決意しました。

不思議なことに、それから熱も下がり元気も出て退院、
長期療養に出かけることになりました。

この一言に、田代の姿勢があらわれているのではないかなと
読みながら感じました。



大正10年1月~11年4月までは
カナダの国境近くの湖畔で療養し、
4月にニューヨークに帰ることになりました。

この時は、いろいろな本が読めたのと、
孤独を味わうことを学んだのが大きな収穫だったと田代は回想しています。


しかしある朝、
トイレに行くと血尿が出ます。

検査をして予定通りニューヨークに帰りましたが、
数週間後検査の結果が分かり、
左の腎臓が悪いので摘出手術をすることになりました。

大正11年の夏、5年過ごした米国を後にし帰国。
手術は無事成功しました。


──────────────────────────────
【引用ここから】

すっかり元気になって、翌年の二月から東京本店機械部で働くことになった。

ニューヨークで病気になってから二年半という長い療養生活の後、
再び出勤できるようになったのは、
ほんとうにうれしくありがたいことであった。

これも三井物産にいたおかげであり、
先輩の方々や同僚の皆さんの暖かい友情に支えられ、力づけられたからである。


【引用ここまで】
──────────────────────────────


大正12年9月1日の大震災のときは、
田代は日本橋の三井本店二号館の六階にいました。

日比谷の松本楼に火の手があがるころ、
九段から新宿に出て、中野の自宅までてくてくと歩きました。



腎臓が一つではよい嫁はもらえぬと
独身で通そうとしていた田代でしたが、

大正14年10月、結婚します。
田舎の父母もこれで安心と大喜びしましたが、


翌15年の9月1日、

難産で母子ともに忽然として逝ってしまいます。


義母と田代はその場でぼう然として
涙もでなかったと回想しています。


何とも言えません。。。。。



昭和に入り、田代は飛行機の商談に活躍します。
中島飛行機の中島知久平社長の意を酌み、

英国のエンジンメーカーに製造権獲得の交渉をし、
成功します。


昭和2年5月に父が亡くなりますが、
田代は10月に再婚します。


そして昭和3年、ロンドン支店に転勤が決まりました。

アメリカ経由でロンドンへ向かいましたが、
途中ニューヨークで病気で心配をかけた人たちに
元気になった姿を見てもらおうと会いに行きます。

みんなに大いに喜んでもらえた田代でした。


ロンドン支店の支店長は島田勝之助

これは以前、北海道炭礦汽船社長の萩原吉太郎のことを
このメルマガでも書きましたが、

この萩原が慕っていたのが島田であり、
島田の北炭社長就任に伴って萩原も三井をやめたというほどの人ですね。

こうやって別々の二人の人生に、
ある一人の人物が重要人物として出てくるのは
非常におもしろいですね。

一人の人間は多くの人に影響を与えているのだということを実感します。


ロンドンで田代は、
船舶用ディーゼルエンジン、発電機やボイラー、兵器を扱います。

昭和4年には豊田喜一郎が来英、豊田式自動織機のライセンスを、
当時世界一流の紡績機メーカーであったプラット・ブラザース社に売ります。

わが国技術輸出の第一号でした。



二年あまり下宿生活をしていた田代でしたが、
やっと家族をロンドンに迎えます。

発育不全だった長男と妻とともに、
郊外の静かな家で五年足らずの生活をします。

日本からの要人を迎え、交際し、
丸々七年ロンドン生活を楽しんだ田代でしたが、
昭和10年、本店から帰朝許可が来ました。


ヨーロッパをまわりパリを経由して
マルセイユから帰国します。
名古屋支店長代理として帰国。

帰国早々病床の母を故郷に見舞います。
口は聞けませんでしたが、うれし涙を流していました。
その二ヶ月後安らかに逝ったそうです。



昭和12年1月、東洋レーヨン取締役に就任。
本社工場であった石山の滋賀工場で
田代は新たなスタートを切りました。

わが国レーヨン産業の開花期末葉にあたり、
8,500人の従業員を擁し、工場はフル操業をしていました。

着任一週間後に名古屋に残してきた家内から
二男誕生の吉報を入手。

田代は慣れない工場勤務に尽力します。


昭和15年、盲腸炎をこじらせ二回の手術。
そして長男が亡くなります。
十三年妻が何とか育て上げたいと精根つくした子どもでした。

しかしその一ヵ月後に長女が生まれ、次男もすくすくと育ちました。


昭和16年1月滋賀工場長に就任。
第二次世界大戦もはじまり、工場の生産もその日暮らしという状況になります。

昭和20年7月にはB29の爆撃を受け、
工場は爆死者14名、重軽傷者250余名という大惨事となりました。

間もなく終戦となり、
11月、田代は社長に選任されました。

続々と復員者が帰ってきたので、よろこんで迎え入れ、
ペニシリンの製造、鉄道車両の修理などもやりました。


しかし昭和22年6月、
三井財閥の子会社常務ということで追放を受けることになりましたが、
翌年解除となります。

そして、
昭和25年代表権を持った会長として元の巣にもどりました。

東レの会長としての初仕事はナイロンの工業生産を実現すること、
米国デュポン社からライセンスを譲り受けることでした。


─────────────────────────────
【引用ここから】

「芦屋の寮でデュポンのオッファーを入手した。
 ロイヤリティーの前払いとして三百万ドルを要求している。

 一ドル三百六十円のレートで、十億八千万円となる。

 資本金七億五千万をかなり上まわる金額で、
 ウーンと思わずため息が出た。

 ビールを飲んでぐっすり眠って翌朝、手紙を再読していると、
 分割払いの考えが浮かんできた」


続いて、帝人と共同で英ICIからポリエステル系繊維「トレロン」の
独自開発と、合繊の三本柱をそろえた。

デュポン特許の高値導入が、繊維王国、
さらには輸出大国への道を開く。


【引用ここまで】
─────────────────────────────



最後に、田代の経営観について書かれていましたので、引用します。


現代の企業経営者は、社会全体に対して奉仕をすることを義務付けられている、と私は考える。

社会奉仕の具体的な一例として、経営者はもちろん社員が、
地域社会における各種の社会的活動や行事に積極的に参加し、
援助と協力をする、ことなどがあげられよう。

東レという会社の業績があがるのは、
つまりは社会や国家の恩顧によるものであり、
それを忘れてはならぬ。

企業も個人と同様、自分たちの住む社会を
より住みよいものにするよう奉仕すべきである。





八十を超えた時の回想録ですが、
田代は「腎臓一つでよく今日まで元気で来たものだ」と、

ありがたいことで、いつも感謝の心を忘れない、
と述べています。


田代は悲しい出来事に何度も遭遇していますが、
そのたびに、くよくよすることなく、
乗り越えてきたんだろうと感じました。

文章自体はさらっとしていますが、
この人の履歴書の行間は、重いです。







私の履歴書─昭和の経営者群像〈4〉
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/345-5b5558cf
    この記事へのトラックバック



    fx