田代茂樹(東レ名誉会長)─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

田代茂樹(東レ名誉会長)─昭和時代の私の履歴書

2011年07月06日 18:00





昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。


私の履歴書─昭和の経営者群像〈4〉


田代茂樹

明治23年福岡県生れ。
大正2年明治専門学校卒。
三井物産で英米に12年滞在。
昭和11年東洋レーヨン入り。20年社長。
追放後、25年会長。
国産技術をもとにデュポン、ICIからの技術導入に成功。
56年8月8日死去。


「私の履歴書」は昭和47年6月に連載している。


田代は、明治23年12月5日、
福岡県遠賀郡香月村楠橋に二男として生まれました。
いまの北九州市八幡区にあたります。

田代本家は相当の資産家でしたが、
田代の家は分家で、

父親は村長を長年務めましたが、
報酬も大したことはなく、
子だくさんでもあったので質素な暮らしをしていたそうです。


土地は筑豊炭田の北端、
大小炭田が無数に点在、
石炭産業がまさにこれから発展しようという時代でした。


田代は祖母にかわいがられて育ち、小学校にもよく送り迎えをしてもらいます。

尋常小学校には満四歳のときに入学、
尋常小学4年を終え、高等小学校に入学します。

しかし生来弱かった体が一層弱くなり、
風邪はひく、腹は壊すということで、
一年間休学をしました。

体調も無事回復し、高等小学4年を卒業、
明治37年東筑中学に進みます。

中学も5年になると、
田代は仲良しの同級生と一緒に下宿をして勉強にいそしみます。

大学には行きたいと思っていた田代でしたが、
家が裕福でなく弟も三人いるので、
東京の高等商業(一橋大学)に行こうと考えます。


ところがたまたま、5年の半ば過ぎに
明治専門学校という工科の学校が新たにできると聞きます。

東京高商の受験が6月なので、
明治専門学校を力試しに2月に受験、
田代は合格します。

明治専門学校というのは、
いまの九州工業大学の前身。

当時の官立の工業専門学校が三年制であったのに対し、
明治専門は予科一年本科三年という四年制であること、
全寮制であること、兵式訓練を重視したことなどユニークな学校でした。


田代は東京高商受験のため上京するつもりで、
父に申し出たところ、たちどころに反対されてしまいます。

立派な学校に入学を許されたのはこのうえもないこと、
それに入学しないで東京に行くのはもってのほかと。


思いあぐんで親戚であり兄貴分の、
金子堅次郎(のちに三井の理事)に相談します。

金子は三井銀行に入社する直前のときでした。

金子は明治専門学校に入社したほうがよいと。
三、四年間の専門教育が必ずしも人間の一生を決めるとは思わぬと。


そのころ鉄道院総裁で政界の偉材と目されていた後藤新平を例示し、

「後藤新平は医学をやり医師として世に出たが、
 今は政治家となり将来の宰相と期待されている」

といった話を田代にしたのでした。



明治42年、田代は明治専門学校第一期生として入学します。

数学、物理、力学、化学、すべて英語の原書が用いられました。

小倉の連隊からより抜きの現役の軍曹と上等兵がやってきて、
新兵同様のきびしい兵式訓練も受けます。

学寮生活とともに、
先生方のお宅もよく訪問し、
家族同様の付き合いを深めていきました。


明治45年7月30日、明治の御代が終わります。
そして大正元年9月13日、明治大帝御大喪の当日、
乃木大将ご夫妻が赤坂の自邸で自刃され、先帝のみあとを追われます。

山川健次郎明治専門学校総裁は、東京、京都、九州各帝大の総長をされ、
日本の教育界の第一人者でした。

会津藩士で、白虎隊に志願されたが
年が幼いというので許されなかったという人物。

また山川はかねて自殺否定を唱えていたので、
この乃木大将自刃を山川先生はどう考えておられるのだろうか、
と田代は気になりました。


その後の倫理講話で、山川は

「乃木将軍ご夫妻の最期は、武士の亀鑑でまことに立派である」

と讃えられます。さすが民間の乃木将軍といわれた山川先生である、
と一同深い感銘を受けたのでした。



私ごとですが、私渡辺の大学生のときの卒業論文がこのテーマでした。

「西洋文明と日本的価値観の邂逅 ─キリスト教徒内ヶ崎作三郎の明治天皇崩御観」

というテーマで、なかなかいま読んでもおもしろいテーマだと思っていますが、
当時は教授陣でも賛否両論だったようです。

なつかしや。



田代は卒業式を迎えますが、
第一回の卒業生で唯一就職が決まりませんでした。

機械商売の会社に入りたいと申し出ていたのですが返事がありませんでした。

卒業式も迫ったある日、
松本校長にまだ就職が決まらないと話すと、

松本先生は
「そうか、いま思い出したが、
 先日三井物産の支店長が機械の卒業生がほしいと言っていたが、
 商社の希望者はいないだろうと返事をしておいた。

 今ならまだ間に合うだろう。
 紹介してあげるから、明日にでも行って見たまえ」

とその場で紹介状を書いてくださいました。

翌朝松本先生から、
「門司に行く用事が出来たので、三井の支店長に話しておくよ」

との電話。

卒業式が済んで一週間もたたぬ日に、
田代は三井物産から、

「見習いとして入社が決まった。即刻出社せよ」

との通知を受け取りました。


田代は

「その時のうれしさは六十年後の今も忘れられぬ」

と回想しています。



大正2年、田代は三井物産に入社しました。
最初は門司支店機械掛として、カタログ類の整理をやります。


私の履歴書を見るとよくわかるのですが、
当たり前のことなのですが、

財界の大物たちもどんなに学歴があったりしても、
ほとんど雑用から仕事が始まっていますね。

当たり前なんですが。



大正3年になると第一次世界大戦がはじまります。
八幡製鉄所向けのベンゾール・プラントの注文を田代は手がけました。


入社後間もなく専門学校出の連中で、
合宿生活を始めます。

いまでいうシェアハウスですね。
田代たちはテニスや野球を楽しみます。


三井物産では出身学校によって初任給がちがい、

東京と神戸の高商は四年制で、35円。
三年制の専門学校と私立は、25円。

したがって田代の月給は25円でした。
同僚は35円組なので対等の付き合いができにくい。

そこで考え付いたのがアルバイト。

八幡製鉄所で「鉄と鋼」という社内誌が毎月出ていたので、
米英雑誌からの記事翻訳を引き受け、

週に二晩から三晩やって毎月十円をかせぎます。
対等の付き合いもし、なお余るので東京で勉強していた二人の弟に送金したのでした。


学歴差別を批判し悲観するのではなく、
追いつくためにどうするか考えた田代の発想は
勉強になります。


世界大戦は激しくなり、
八幡製鉄所の拡張設備は米国から輸入することに。
門司支店の機械関係を田代が担当するようになります。


そして大正6年、
田代はニューヨーク支店転勤を命ぜられました。

15日間の船旅でシアトル上陸、
鉄路で5日シカゴへ、一昼夜でニューヨークへ到着します。

当時の三井物産ニューヨーク支店は、
マジソン・アベニューにあって、日本人社員は二十数人でした。

ニューヨーク滞在中、
明治専門学校でお世話になった松本先生が経済使節団の一員として訪米され、

田代は食事をごちそうになり、さらに
メーカーとの折衝も松本先生のペンシルベニア大学仕込みの英語でやっていただき、
その上大量の注文をいただくということに。



大正7年、第一次世界大戦が終結します。
日本から停戦後の処理などでヨーロッパへ行く軍人が次々とニューヨークへ到着、
戦後ブームとなり、産業界からも多くのお客さんがやってきました。

田代は文字通り応接に暇のない有り様となります。



自分のやりたい機械の商売の仕事に就職を実現し、
アメリカ行きも実現、仕事も順調に進んでいた田代でしたが、
このあと悲劇が訪れます。


つづきは明日以降に。









私の履歴書─昭和の経営者群像〈4〉





関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/344-f7271bcd
    この記事へのトラックバック



    fx