関西広域連合のカウンターパート方式に見る災害等緊急事態における自治体支援のあり方について - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 宮城県議会 不登校・ひきこもり対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議座長。

自由民主党・県民会議
 事務局長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局長。
 芸術文化議員連盟 副幹事長。
 防衛議員連盟 幹事長。
 防災議員連盟 事務局長。
 日越交流宮城県議会議員連盟 幹事長代理。
 みやぎの印刷産業振興を考える議員連盟 事務局長。
 宮城オルレ・トレイル推進議員連盟 事務局長。
 宮城県議会行政書士議員連盟 事務局長。
日韓親善宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県スポーツ議員連盟 幹事。
  宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 副幹事長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党青年局 中央常任委員(東北ブロック)。
自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。

宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
みやぎパラボウリング協会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区PTA連合会理事。
 若林区まちづくり協議会会員。
 沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会会長。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 仙台市地域ぐるみ生活指導連絡協議会幹事。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

関西広域連合のカウンターパート方式に見る災害等緊急事態における自治体支援のあり方について

2011年07月04日 18:00

えんぴつを被災地に、ということで、
メルマガの読者のみなさんはじめ、ツイッター、ブログなどから
本当にいろいろな方の協力をいただきました。


えんぴつを被災地に【災害支援のご報告】
http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-319.html


なかでもドイツ在住のTさんにも遠い土地からご協力いただきました。

Tさんからいただいたメールを読みながら、
私も同じような考えを持っていたので、

ぜひ読者の皆さんとシェアしたいと思い、
まずはTさんのメールを許可をいただきましたのでご覧ください。



────────────────────────────────────
【以下Tさんのメールを引用】


渡辺様

メールありがとうございます。


ドイツ政府が早々に原発の廃止を決めたことや、イタリアの国民投票で
原発プランをストップしたなどのニュースは日本でも話題になったかと思います。


こちらでも毎日のように同僚達から被災地はどうなっているのかと聞かれますが、
ドイツでのニュースはいうまでもなく、日本のニュースサイトでも
ここ最近、被災地関連のニュースがかなり減ってきているので、正直なところ
復興の進捗具合や、避難された方々の生活状態、そして4月に新学期を迎えた
子供たちの様子などわからないことだらけで、むしろ渡辺様のような個人ブログの方
で情報を求めたりしている次第です。


さて、それにしても鉛筆もノートもたくさん集まりましたね。すべてご家族で整理したり
被災地に送る手間も大変だったと思います。ありがとうございました。


地震と津波のニュースを聞いて、すぐに国際的な救援機関を通じて寄付を
しましたが、果たしてその集まった義捐金がいつ被災者の方々に届くか
わからないので、渡辺様の子供たちを具体的な方法で応援しようという
アイデアには本当に感謝しています。


もし文具など送れるオフィシャルなチャネルができれば、また教えてください。


ところで質問があるのですが、日本の市町村あるいは学校は日本国内でパートナーシップ
を結んだりして、こういう非常時に助け合うネットワークを構築しているのでしょうか?


私がどこかで読んだ限りでは、仙台市と札幌市がそのような提携をしていて、仙台市向けの
救援物資が札幌市に集められてオーガナイズされたと書かれていたと思いますが。


日本の市町村が海外の町と姉妹都市関係を結び、文化交流をはかるのも結構ですが、
たとえば、岩手県の海岸側と内陸側、あるいは福島県の町と大阪府の町などように
国内東西南北でそのようなネットワークを築き、非常時にはコミュニケーションや援助の
オフィシャルなチャンネルとして活用することは可能ではないでしょうか?

(大阪在住の私の母は地元の市役所に援助物質の送り先を聞きに行ったそうですが、
ここでは扱っていないとのつれない返事だったそうです。)


これは学校レベルでもあてはまると思います。恐らくいくつかの学校では
国内外を問わずそのような交流関係を持っているところもあると
思いますが、少なくとも私が学んだ学校では「地域を超えた具体的な」
関係はなかったように思います。もしそのようなネットワークが学校レベルでも
あって、どこかのサイトで一目瞭然であれば、具体的な援助を
企画するのも幾分かやりやすくなると思うのですが、いかがでしょうか?


現在の都道府県制に代わる道州制の議論も最近やかましくなっているようですが、
(ドイツの連邦制は理にかなっていると信じているので、個人的には大幅な
自治裁量を持つ道州制には賛成です)現在の都道府県の枠を超えて
広域自治体を作るのであれば、却って市町村レベルでのネットワークが
重要になってくると考えています。


いずれにせよ、あくまで被災地から遠く離れたドイツで思うことなので、
現実離れしている質問と意見かもしれませんが、EU圏内で国境を越えての
活動が日常茶飯事であることをみると、先進国のトップにいる日本が
国内の資源を最大限に活かせるようなネットワーク作りで最先端を
行くことは決して不可能ではないと信じています。


それでは、メルマガでのアップデートを待っています。


【引用ここまで】
────────────────────────────────────


先日、高松からの給水車の話をしましたが、
本当に各地域から自治体の災害支援があり、
大いに助かりました。

現状は東北だけではなく、全国の各自治体で、
災害支援協定を結んでいるところが多いと思います。

しかし、これはそれぞれの自治体の判断になっていて、

例えば今回甚大な被害を受けた、
岩手県の三陸地方では隣接する市町村で綿密な協定を結び、

津波が来た場合はどのように動くかが決められていましたが、
地震と津波の被害があまりにも大きく、

協定を結んでいた自治体すべてが機能マヒしてしまうという
状況に陥ってしまいました。




そういう意味で、今回仙台から見ていて非常にありがたかったのは、


関西広域連合の自治体支援


です。

平成22年12月に特別地方公共団体として、
関西2府5県で構成された関西広域連合ですが、

震災直後より自主的に、


岩手県 ← 大阪府、和歌山県

宮城県 ← 兵庫県、徳島県、鳥取県

福島県 ← 滋賀県、京都府



というように支援自治体を振り分けて、
警察・消防・医療の支援や要員の派遣などを実施しました。


震災直後の大混乱の行政にバラバラに乗り込んでこられるよりは、
事前にカウンターパートを決めてはいってこられた方が、
連絡調整がやりやすくなります。


これは、平成20年に起きた中国の四川大地震の復興を、
豊かな自治体が貧しい自治体を支援するという意味合いも含めて、
政府がカウンターパートを決めて支援する

「対口支援」

が元になったのではないかと言われています。


神戸市が仙台市を支援するなど、
政令市同士のつながりといった、
ふだん付き合いのある自治体がお互いを助け合えるといいのですが、

ミクロでみると、今回の災害はあまりにも規模が大きかったために、
公的支援がなかなか行き渡らず、

震災発生当初は個人的つながりが
支援の命綱となっていたところも多かったです。


これは個人的にもまさにそうで、
全国に親せきや友人がいる方のところには、
応援がすぐさま来ていましたね。

日ごろのお付き合いが大事だということをあらためて感じます。




>日本の市町村が海外の町と姉妹都市関係を結び、文化交流をはかるのも結構ですが、
>たとえば、岩手県の海岸側と内陸側、あるいは福島県の町と大阪府の町などように
>国内東西南北でそのようなネットワークを築き、非常時にはコミュニケーションや援助の
>オフィシャルなチャンネルとして活用することは可能ではないでしょうか?



Tさんがまさにおっしゃる通りで、
今回の関西広域連合のようなカウンターパートを、
それぞれの市町村、都道府県で
国が間に入って事前に設定しておく、

そして、アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁(FEMA)のような
災害の多いわが国の緊急事態のあり方を様々な角度から想定しておくことが
必要なのではないかと感じました。



さて、
えんぴつ支援はもう終了しましたが、
文部科学省がポータルサイトを立ち上げていましたので、
ご関心のある方はぜひご覧ください。


子どもの学び支援ポータルサイト(文部科学省)
http://manabishien.mext.go.jp/
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/342-11b7e1e3
    この記事へのトラックバック



    fx