上司との信頼関係、広島原爆、昭和25年の大争議─倉田主税 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 宮城県議会 不登校・ひきこもり対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議座長。

自由民主党・県民会議
 事務局長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局長。
 芸術文化議員連盟 副幹事長。
 防衛議員連盟 幹事長。
 防災議員連盟 事務局長。
 日越交流宮城県議会議員連盟 幹事長代理。
 みやぎの印刷産業振興を考える議員連盟 事務局長。
 宮城オルレ・トレイル推進議員連盟 事務局長。
 宮城県議会行政書士議員連盟 事務局長。
日韓親善宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県スポーツ議員連盟 幹事。
  宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 副幹事長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党青年局 中央常任委員(東北ブロック)。
自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。

宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
みやぎパラボウリング協会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区PTA連合会理事。
 若林区まちづくり協議会会員。
 沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会会長。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 仙台市地域ぐるみ生活指導連絡協議会幹事。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

上司との信頼関係、広島原爆、昭和25年の大争議─倉田主税

2011年06月30日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。


私の履歴書─昭和の経営者群像〈4〉


倉田主税のお話の続きです。
会社に入ってから大学出との賃金差で気分が滅入ったり、
会社と軍隊を行ったり来たりで、
まだ魂を入れて仕事をしたことがなかった倉田でした。


しかし大正5年の秋ごろ、故郷へ帰っていた倉田に
小平から「新規の計画があるからすぐ帰れ」との電報がやってきます。


小平からの話とは、


電線の製造



でした。
電気機械の製造にはおびただしい数の銅線がいるのですが、
その銅線は外注していました。

自前で作れれば、コストが安くなるし、
製品の質の問題も自分で解決でき、納期が遅れることもなくなります。

かねてから倉田は小平所長に意見を具申していたのでした。


倉田が入っていくと、小平は

「おおきたか」

と待ちかねていたように迎えて

「お前がかねがね言っていた電線製造に日立製作所が踏み切ったからやれ」

とやぶから棒に言います。

倉田は耳を疑います。
それまで、電線製造メンバーの一人に加われぐらいのことだろうと思っていたからでした。


────────────────────────────────
【引用ここから】

小平さんが「やれ」というのは、
ことばは簡単でも実はたいへんなことである。

小平さんは、産業技術の自己開発こそが、
日本経済成長の原動力であるという堅い信念をいだいていた。

日立製作所を創業したのもその信念を実践するためであった。

したがって、小平さんが「やれ」という以上、
電線製造の出来上がった機械をよそから買ってきてはいかぬということなのである。

(中略)

私は思いあぐねて「さあ、出来ましょうか」と心細い返事をした。

と、小平さんは

「お前なら出来るからやれ」

と言った。力強い声だった。

私はその瞬間、電気にかかったようになった。

最高の経営者であるばかりか、東大の電気科を出て技術的にも社内の第一人者であり、
日ごろ尊敬してやまない所長が、
私に

「お前なら出来る」

と言ったのだ。信頼を語るにこれ以上のことばがあろうか。

その時私は、入社以来大学出に大きな給料差をつけられて不愉快だったことも、
これまで型抜きというような、
どちらかと言えばサイドの仕事をさせられていたことへの不満も消えてなくなっていた。

そして自分は、
どんなことがあろうと小平さんの信頼にこたえなければならないと、
ただそれだけで頭がいっぱいになっていた。

(中略)

私はその瞬間から小平さんを絶対信頼した。
そしてこれこそ俺の一生の仕事だと心に決めたのである。


【引用ここまで】
────────────────────────────────


倉田は以後、二十年間電線と取り組むことになるのです。


大正6年銅線製造の方針決定が社内に公示されました。
他社の工場に産業スパイに行ったり、
朝から晩まで工場に詰めたりして、関係者の間を飛び回ります。

機械を動かしてみるとすぐ故障が起き、
そこを修理すると、また別の個所が故障したり、
しまいには機械をたたき壊したくなる日々。

ほとんど寝ずに機械の試運転実施を迎えましたが、
大勢の社員が見守る中、
残念なことに機械は止まってしまいます。

その時誰かが、

「倉田君、やっぱり習わぬ経は読めないナ」

と言います。まさにその通りで、この一言は倉田にこたえました。


試行錯誤を繰り返します。
試運転を繰り返していると、
ときどき小平所長がやってきてだまって後ろから見ていました。

そんな時に限って故障ばかり。

しかし小平は

「ずいぶん苦労するねえ、しっかり頼むよ」
と温かく励ます。

「お前なら出来る」と言い切ったあの時の態度を
いくら倉田が失敗を重ねても、小平は決して変えませんでした。

倉田はそのたびに感銘し、発奮します。


そのころ、今まで電線を外注していた
古河電工から



「聞くところによると、貴社では電線製造に踏み切ったそうですが、
 もし製造をやめるならば、当社は今後十年間の利益を補償する用意があります」

との申し出がありました。
得意先を失うまいと古河も必死です。

しかし小平はこれをけりました。

これにより、もし倉田が電線製造に失敗した場合、
古河から再び電線を供給してもらえないということになります。

倉田は死に物狂いになります。


「追い詰められてなりふりかまわなくなったとき、
 道は開けるものらしい。」




ついに試作に成功します。



小平は

「倉田君、ご苦労だったねえ」

と言ってにっこりされました。


電線の分野は、日立のメイン事業ではなかったので、
会社から外様扱いされた代わりに、
電線工場の運営はすべて倉田の独創でやれました。

二十年間、電線工場は一度も赤字を出さなかったのだそうです。



そして昭和13年、倉田は新しくできた軍納部長に就任します。
電線から離れるのは耐え難いことでしたが、
社長が言うのだから仕方がないと。

軍に納める兵器などを収めるため、東奔西走の毎日を送ります。


昭和18年には山口県笠戸工場長に就任。
潜航輸送艇、人間魚雷「回天」などの製造に携わります。

しかし昭和20年5月工場がB29の空襲を受けます。
「回天」の設計図と設計者は密かにお寺に疎開させていましたが、
なぜか同様に爆撃を受けていました。

明らかに、笠戸にはスパイが横行していたと倉田はのちに感じます。



昭和20年8月6日、広島で生産増強会議があるから出席せよと
中国総監から呼び出しがあります。

この会議は産業界代表と県知事が出席するもので、
倉田はだいたい前夜に広島に行き一泊することにしていましたが、

三日前の土曜日に海軍にいる長男がたまたま公用で徳山に来たというので、
帰りに下松の倉田の家に寄っていたのでした。

日曜は家で休んで、月曜の朝早くに広島へ行こうと、
六日の朝広島へ向かったのでした。

汽車は午前八時に広島へ着くことになっていたのですが、
なかなか来ない。

ようやく汽車がホームに入り出発は一時間遅れ。

上空に米軍機が飛んでいるのか、
空襲警報が出たり解除されたりを繰り返し、
広島へ向かいます。



────────────────────────────────
【引用ここから】

岩国を過ぎて大竹に差しかかったとき、また空襲警報が出た。

そのとたん、キーンという普通と違った金属性の変な音がした。

ひょいと窓越しに広島の空を見ると、
キノコ状の煙が空いっぱいに広がっている。

続いて火薬庫が爆発するようなドロドロドロドロという連続した爆音が聞こえてくる。

無気味な感じだった。

列車は、大竹を過ぎ廿日市でとまった。
広島まで約十五キロ、汽車で十五分前後の地点である。

すぐ駅長が来て「広島は大変なことになっています。この汽車は広島へ行きません」と言った。


しばらくすると、一天まっ黒になって、
あたりが夜のようにたそがれたかと思うと、はげしい雨になった。

黒い雨だった。

それが十分ほど降り続くと、
あとはからっと晴れて、
また強烈な太陽がさし込んできた。

私と長男は汽車が行ってくれないので仕方なく帰ったのだが、
あとで広島に落ちたのが原爆であり、
黒い雨は放射能の雨だと知って、
いまさらのように慄然とした。


【引用ここまで】
────────────────────────────────


終戦後、小平社長以下十六人の日立首脳陣は追放を受けました。
残された役員のうち58歳の倉田が最古参。

昭和21年1月常務。3月に社長に就任しました。


社長に就任した時、日立製作所は約4万4千人の従業員を抱えていましたが、
なべ、かま、海水から塩を作ったり、菓子やアメまで作って
糊口をしのいでいました。



そして昭和25年、組合は大幅な賃上げ要求をしてきましたが、
倉田は、過剰な人員の整理案を出し、大争議に発展しました。

社内はさながら暴徒の巣窟と化します。


ここでは倉田が、組合員のつるしあげの具体例をいくつも出していますが、
これはひどいというものがいくつもありますね。

当然警察沙汰になり捕まった人もいるのでしょうが、
管理職の中には泣き寝入りした人もいるのでしょう。

戦後すぐの組合がこんなにひどいものということを
あらためて知りました。

いまはもうこんなことはないのでしょうね。
たぶん。


六十数日のストののち、
8月10日に至って、当時ジャーナリズムが労使対決の天王山と呼んだ日立の争議は、
会社の勝利のうちに集結しました。



その後、社長会長を経て、
倉田は業界発展のため、
退職金を国産技術振興会に寄付したりして、
科学技術の振興に大きく寄与していくのでした。


倉田の小平との出会い、二人の信頼関係などは大いに勉強になります。
そして広島原爆のくだりは、大いに考えさせられました。

また、学生時代にストライキに詳しかった倉田だからこそ、
戦後の争議では組合に対し一歩も引かないという姿勢を
貫けたのだろうと推測します。

読み返してみると、
小平といういい上司との出会いが
倉田の人生を大きく変えたように感じます。

目の前に転がっている何でもない出会いが
実はいい出会いだったと後から感じることもあるものです。

いい出会いというものを大切にしたいものです。





私の履歴書─昭和の経営者群像〈4〉
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/338-e0b8cdd4
    この記事へのトラックバック



    fx