倉田主税(日立製作所相談役)─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

倉田主税(日立製作所相談役)─昭和時代の私の履歴書

2011年06月29日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。


私の履歴書─昭和の経営者群像〈4〉


倉田 主税(くらた ちから、1886年3月1日 - 1969年12月25日)は、
日本の実業家。
株式会社日立製作所二代目社長・会長。
弟には俳人の神崎縷々、三井鉱山社長を務めた倉田興人がいる。

久原鉱業所日立製作所に入社し、日立鉱山より産出される銅を用いての電線自主製造に携わる。

その後、公職追放された小平浪平の後を継ぎ、
1947年に日立製作所二代目社長に就任。以降14年間社長を務める。
社長歴任中に日本科学技術振興財団初代会長に就任、日立電線独立後は初代会長に就任した。
更には日立製作所会長退任後、
退職金を投じて財団法人国産技術振興会(現倉田記念日立科学技術財団)を設立するなど、
産業の国産技術確立に貢献した。



明治22年福岡県生れ。
日立製作所入り。昭和16年取締役。
戦後経営陣の追放で22年社長兼会長。
労働争議を処理、国産技術振興により
日立を方向づけた。36年会長。
35年日本科学技術振興財団会長。
44年12月25日死去。


「私の履歴書」は昭和44年7月に連載している。

倉田は、明治22年3月、
福岡県宗像郡神興村字津丸に生まれました。
代々造り酒屋でしたが、倉田が生まれたころに製糸業に変わります。

昔は土地もかなりあったようですが、
祖父の代になってから、
祖父が金山、炭鉱、出雲、屋久島の森林開発、
さらには台湾鉄道の建設などに手を出し、
ことごとく失敗。
田畑を手放していました。

それでも当時敷地は三千坪ぐらいあったというから、
戦前というのははすごいものですね。


尋常小学校時代は、
二つ下の妹節子のほうが成績が良くて、
まわりもいつも妹ばかりほめるので、
あまり仲がよくなくてケンカばかりしていたのだとか。


また、幼いころの倉田は、おじいちゃんこだったようで、
宗像神社のお祭りに連れていってもらった思い出や、

祖父が几帳面に毎日日記をつけていたことなどを思い出しています。
後年、祖父の日記帳を読むと、
倉田が少年のころいつ何をしたか、
大事なことはわかるようになっていたというのですから、
かなりの几帳面ぶりですね。

そんな祖父がなぜ事業に失敗したのか分からないという倉田ですが、
後年「おじいさんのおかげで助かりました」という、
多くの人のことばを聞き、今も祖父に感謝しているとのこと。


「私にはきちんとしておかないと気がすまないようなところがあり、
 一度決めたことはなんとも変えられない。

 これも多分に祖父の血を引いているからなのであろう。」



倉田は高等小学校へ入学、
最上級の四年になると修学旅行にいけました。

門司、小倉方面に決まった修学旅行でしたが、
直前になって門司あたりでコレラが発生したため修学旅行は中止と先生から言い渡されます。

待ちに待っていた修学旅行が、これらぐらいで中止するとは、けしからんと、
先生に何度も交渉、しかし埒が明かないので、
とうとう全員で授業を放棄、遠方の寺に立てこもります。

籠城は一日と持ちませんでしたが、
倉田はこの時、お先棒を担いだ一人として、
きかん坊の頭角が現れてきたと回想しています。


明治36年春、高等小学校の卒業を控え、
伝統もあり一流とされる福岡の修猷館中学に願書を出します。

しかしのんびりした時代だったこともあり、
試験の前に学校が休みになったので、
倉田は遠賀郡のおばさんの家へ遊びに行きます。

そこには年の近いいとこがいました。
海が近く、そこでは面白いように魚が釣れました。

それが楽しくて、毎日釣りに夢中になります。
しかし、そろそろ中学の入試があるころだと思いだし、
家に帰り、朝早く学校へ顔を出しました。

すると、同級生の一人が、試験をどうして受けなかったのか、
と言ってきます。

試験は昨日終わってしまったと。


釣りに夢中になっている間に、
試験日は過ぎてしまっていたのでした。


「いくらおっとり育ったといっても、これはひどかった。
 しかし過ぎたものはどうにもならない。
 ともかく中学の試験は来年にならなければないのである。
 私は一年浪人の身となった。」


いろいろ調べてみると、
小倉に県立の三年生の工業学校があることが分かり、
翌年春小倉工業高校に入学します。

科目は機械科のみ。

個性の強い同級生の多い学校でしたが、
倉田は成績も上昇し特待生になります。

しかし三年に進む少し前、
県の方針で従来の三年制では学力が十分に付かないから
在学年限を四年にするということになります。

倉田たちは、三年制だというから入学したのにけしからん、
とそれがついにストライキにまで発展します。

激高した倉田泰は寺に集まりストライキ決行を決め、
みんな小指を切って血判書に押しました。

校長との交渉など一歩も引かずに倉田は頑張り、
半年は授業、半年は実習という
学校が半分譲歩した形で事態収拾に。

倉田二回目のストライキでした。


明治41年小倉工業を首席で卒業、大阪高等工業を受けるべく、
郷里を旅立ちます。

しかし学力が足りず、入試に失敗、
悄然として九州へ帰ります。

中学の時と合わせて二年の浪人。
こんなところにいてはだめだと、倉田は父に許しを得て、
勉強のため上京します。


当時全国に東京、大阪、名古屋、熊本、仙台の五つの官立高等工業がありました。
切羽詰まって受けた仙台高等工業に合格し、
九州から日本を縦断して仙台まで行くことになりました。

現在の東北大学工学部ですね。


当初は片平町の下宿にいた倉田でしたが、
日就寮という寮の分寮に入ります。

この日就寮分寮は、
早川という仙台の篤志家が、
寮の人数があまり多すぎると自治の運営がうまくいかないからと、
広瀬川のほとり、伊達政宗の御霊やの向かいに
三十人前後を収容する寮を作って寄付したものでした。


これはおそらく、以前にメルマガで書いた
早川種三の父親が作った寮ですね。

今も東北大には同じ名前の寮があったはずです。


早川種三(興人相談役)─昭和時代の私の履歴書(11/3/8)
http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-205.html



仙台で学生生活を大いに謳歌した倉田ですが、
三たび、ストライキにかかわることになります。

明治44年、政府がこの年新設の東北帝大に
仙台高工を吸収して総合大学にすると発表したのでした。

「母校がなくなってしまう」

と全学の学生がいきり立ちます。
断固反対を全員一致で決議、学校当局と交渉します。

しかし学校側は反対せず、
倉田たちはついに文部大臣に直訴するという行動に出ます。

倉田は交渉団団長に。

上野駅には、地元選出代議士、菅原伝、藤沢幾之助が出迎え、
その晩は代議士の宿に泊まります。

第二次西園寺内閣、文部大臣は長谷場純孝。
内務省官房長、衆議院議長を歴任、
警察畑の出で西南の役にも出陣したという剛の者。

倉田は大臣に政府案撤回を主張、
大臣は話を聞いてくれましたが、


きみたちの母校愛は立派。しかし閣議決定なので、我が輩一人ではどうすることもできず。
諸君たちの気持ちは西園寺首相に伝える。


と会見を打ち切られてしまいました。

翌明治45年、仙台高工は東北帝大工学専門部となります。
しかし大正10年には東北帝大工学部から独立して再び仙台高工が誕生しています。




倉田は明治45年、久原鉱業所日立製作所に入社しました。
日立の創業は明治43年。

創業者の小平浪平氏が久原鉱業所の総帥久原房之助を説得して独立したのでした。

入社後、高専出と大学出の待遇の違いにがっかりしたり、
先行き見込みもないからやめようかと思ったこともありましたが、
もう少し辛抱してみようと倉田は我慢します。

普通に出社し、普通に退社する日々。

そして入社の年の十二月に下関重砲五連隊に一年志願兵として入隊します。
厳しい軍隊生活でした。


「いまさら兵隊の話でもあるまいと思われる方もあろうが、
 私どもの青年時代には、男子はだれもが兵営の門をくぐり、
 厳しい訓練を受けなければならなかった。

よかれあしかれその体験は、私どもの生涯に影響を与えている。」


召集を終え、日立に入社して五年目の年に倉田は結婚します。
27歳。

しかし、会社に入ってから大学出との賃金差で気分が滅入ったり、
会社と軍隊を行ったり来たりで、
まだ魂を入れて仕事をしたことがなかった倉田でした。




浪人生活とストライキ、
入社後の学歴コンプレックスなど、

倉田主税の前半生はどこかひねくれた、
失敗続きの人生というようにも見えなくもありません。


しかしこの後、倉田は魂を入れてやるべき仕事を見つけます。
明日以降に続けたいと思います。







私の履歴書─昭和の経営者群像〈4〉
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/337-22452e77
    この記事へのトラックバック



    fx