トラウマを糧にする法その2―無力感を克服するには何が必要か? - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

トラウマを糧にする法その2―無力感を克服するには何が必要か?

2011年06月25日 18:00

ペンシルバニア大学教授のマーティン・E.P.セリグマンが、

『DIAMOND Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2011年7月号』に、

「ストレス耐性を強化するトラウマを糧にする法」と題して、


アメリカ陸軍の「総合的兵士適応度」(CSF)プログラム


について解説していますので、紹介したいと思います。


ここでは、リーダーたちに学習性無力感、鬱状態や不安、
失敗後のあきらめに対して免疫をつけさせ、

楽観主義で物事を考えるよう教育しています。

また、強靭な精神、際立った強み、
豊かな人間関係を構築することによって
再起力を習得し、

さらにその知識を部下に伝える方法を学ばせています。



DIAMOND Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2011年7月号


昨日は、セリグマン教授のインタビュー調査による、

ダグラスとウォルターという二人のパターンについて
見ていきました。

簡単に言うと

「楽観主義」と「悲観主義」

と言えるかもしれません。



さて、セリグマン教授は、60年代後半から

「学習性無力感」

について、研究をしてきました。

研究の結果、
イヌ、ラット、マウス、ゴキブリ、
そして人間も同じ結果が得られるとわかったそうです。


その実験とは以下の通り。


第一グループ耳障りな大きな雑音を聞かされるが、この音は目の前のボタンを押せば止めることができる。

第二グループ耳障りな大きな雑音を聞かされるが、この音はいくら止めようとしても止めることができない。

第三グループ被験者は何も聞かされない。


その後、翌日に、被験者はまったく新しい状況に置かれる。


ここでも雑音が聞こえるが、
それを消すには自分の手を12インチ(約30.5cm)ほど動かせばいいだけ。

第一グループと第三グループの被験者はこれに気づき、
雑音を避ける方法を容易に身につけました。


しかし第二グループの被験者は何もしない人がほとんどでした。

つまり、彼らは実験の第一段階で失敗し、
手の施しようがないことを悟って消極的になってしまったのでした。

そして、第二段階では、
また失敗することを恐れて、そこから逃れようとすらしない。


無力感を学習した


わけです。


おもしろい実験ですね。

何をやってもムダだと思うと、
消極的になってしまい、
何もしなくなってしまうのですね。


「やるだけムダだ」
「どうせできない」
「同じ結果になるだけだ」



こういう発想でしょうか。


ところが、
この研究には続きがあって、



逃れられないショックや雑音を体験した動物や人間のうちの約三分の一は、
決して無力感に陥らなかった




のだそうです。
なぜそうなるのか?

セリグマン教授の研究チームは、
15年を超える研究の末、「楽観主義」がその答えだとつきとめます。

研究チームは、アンケートを作成し、
被験者が口頭および記述による回答の内容を分析、
「説明スタイル」が楽観的か悲観的かを判定します。

その結果、


あきらめない人は、
挫折を一過性で局所的で変化しうるもの
(「すぐに終わるだろう、この場面だけのことだ、何とかなるさ」)
と解釈する習慣を持つ



ことが分かります。

この研究により、
学習性無力感、鬱状態や不安、失敗後のあきらめといったものに対して
どのように免疫をつけさせればよいのか、
ということがわかりました。
つまり、


楽観主義者のように物事を考えるよう教育すればよい


ということでした。

セリグマン教授は、ペンシルバニア大学の心理学部の教授とともに、
青少年向けにプログラムを開発、
これまでにフィラデルフィアから北京にいたるまで、
21の学校で反復実験されているそうです。

また、
教師自身が楽観的に生活するための技法を学び、
さらにその技法を生徒に教える方法を学ぶための
10日間のプログラムも開発、

このプログラムを受講した教師が担任する生徒の場合、
鬱状態や不安が軽減されることが確認されています。


2008年11月、陸軍参謀総長ジョージ・W・ケーシー・ジュニアから提案を受け、
アメリカ陸軍において、

身体と同様に心理的にも健康な軍隊をつくるべく、
再起力を測定し、ポジティブ心理学を教育する

というプログラムが始まります。

これが、CSF(総合兵士適応度)プログラムというもので、
1億4500万ドルを投じて実施されています。

このプログラムは、


1、心理的適応度テスト
2、テスト後に行う自己改善コース
3、新兵教育担当の軍曹向けのマスター・レジリエンス・トレーニング(MRT)


で構成されています。


この内容を知ると、強靭なアメリカ陸軍を支える、
精神的な一面が垣間見えるように思いました。


このプログラムが具体的にどのようなものであるのか、
これを知っておくだけでもちがうと思いますし、

新兵教育を担当されている軍曹が、
日本の多くの企業にもたくさんいらっしゃると思いますので、
詳しくはまた明日以降に続けたいと思います。







この記事だけではなく、失敗に学びたい人にオススメです。


DIAMOND Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2011年7月号


特集 失敗に学ぶ人 失敗で挫折する人


安心して失敗できる組織をつくる
失敗に学ぶ経営
エイミー C. エドモンドソン ハーバード・ビジネス・スクール 教授


マイクロソフト、3Mが実践する
「知的失敗」の戦略
リタ・ギュンター・マグレイス コロンビア・ビジネス・スクール 教授


「他責的」「無責的」「自責的」のカテゴリーから見る
失敗と責任の心理学
ベン・ダットナー ニューヨーク大学 特任教授
ロバート・ホーガン 元 タルサ大学 心理学部長


ストレス耐性を強化する
トラウマを糧にする法
マーティン E. P. セリグマン ペンシルバニア大学 教授


なぜ、ビジネスの論理と倫理を切り離してしまうのか
「意図せぬ悪事」の科学
マックス H. ベイザーマン ハーバード・ビジネス・スクール 教授
アン E. テンブランセル ノートルダム大学 教授


P&G前CEOが語る
失敗からしか学べない
アラン G. ラフリー 前 ザ・プロクター・アンド・ギャンブル・カンパニー会長兼社長兼CEO


成功への転換点
リーダーが失敗に学ぶ時
1.「マイクロマネジメント」を自覚した時
元 トレーダー・ジョーズ 社長 ダグ・ラウチ
2.「上手に失敗すること」の重要性
エンデバー CEO リンダ・ロッテンバーグ
3.有意義な経験は金銭的報酬に勝る
キュー・ボール CEO アンソニー・ジャン
4.「チャンスをふいにする」という失敗
エレベーション・パートナーズ共同創業者 ロジャー・マクナミー
5.勝利を収めるための条件
全米人道協会 会長兼CEO ウェイン・パーセル
6.リスクを取り続け、失敗してもまた挑む
マンダレイ・エンタテインメント 会長兼CEO ピーター・グーバー
7.失敗にはそれに見合う価値がある
ローズパーク・アドバイザーズ 共同創業者 ホイットニー・ジョンソン


失敗だけでは学べない
成功も厳しく検証せよ
フランチェスカ・ジーノ ハーバード・ビジネス・スクール 准教授
ゲイリー P. ピサノ ハーバード・ビジネス・スクール 教授


大惨事をいかに未然に防ぐか
ニアミス:隠れた災いの種
キャサリン H. ティンズリー ジョージタウン大学 マクドナー・スクール・オブ・ビジネス 准教授
ロビン L. ディロン ジョージタウン大学 マクドナー・スクール・オブ・ビジネス 准教授
ピーター M. マドセン ブリガム・ヤング大学 マリオット・ スクール・オブ・マネジメント 助教授


上海汽車、徳隆のM&Aから学ぶ
七転八起の失敗学
ピーター J. ウィリアムソン ケンブリッジ大学 ジャッジ・ビジネス・スクール 教授
アナンド P. ラマン 『ハーバード・ビジネス・レビュー』エディター・アット・ラージ


4つの知見から学ぶ
「失敗」の論点
1.新製品が失敗する5つの理由
シュナイダー・アソシエーツ 社長 ジョーン・シュナイダー
シュナイダー・アソシエーツ エグゼクティブ・バイス・プレジデント ジュリー・ホール
2.よい職場環境は鎮痛剤に勝る
ケンタッキー大学 助教授 C. ネイサン・デウォール
3.「顧客はいつでも正しい」わけではない
シンガポール国立大学 ビジネス・スクール 准教授
4.シリアル・アントレプレナーの「過剰」な楽観主義
ウォーリック・ビジネス・スクール 教授 デニズ・ユチェバシャラン
ダラム・ビジネス・スクール 教授 ポール・ウェストヘッド
ノッティンガム大学ビジネス・スクール 教授 マイク・ライト


OPINION
ものづくりの過去と未来
和田一夫 東京大学 経済学部経済学研究科 教授


CHIEF OFFICERS
ブランドの原点、成長力は、自分が最高と思えるものをつくること
川崎圭太 リシャールミルジャパン 代表取締役
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/333-eb71a54c
    この記事へのトラックバック



    fx