fc2ブログ

人口減少でサッカーも弱くなるのか?

twitterで、サッカー日本の低迷、オリンピックのメダル減少は、少子化が一つの理由ではないかとつぶやいてみたところ、いろいろ反響があったのですが、今日営業の合間にふらりと立ち寄った本屋でおもしろい本を見つけたので、思わず購入。


原田泰『日本はなぜ貧しい人が多いのか―「意外な事実」の経済学』(新潮選書、2009年)


原田さんは、大和総研のチーフエコノミスト。74年東大農卒業後、経済企画庁入庁、内閣府経済社会総合研究所総括政策研究官などを経て現職。

この本は、人々が思い込みにとらわれているテーマを、事実によって、また経済学によって説明していて、なかなか興味深いです。「高齢化で医療費増は本当か」、「日本の教育論議は、なぜ『信念の吐露』にすり替わるのか」「なぜ中国は急速な成長ができるのか」などなど。


サッカーについては、ちょうど同じテーマで書かれていたので、なるほどと思いながら読む。人口が減少すると、日本では運動能力に優れた人材が減少してしまうんでないか、という仮説です。

昔から、

所得分配の不平等な国ほどサッカーが強い

という説があるそうです。日本とアメリカでサッカーが弱いのは、サッカーママが芝生のグラウンドに子どもを連れて行ってあげるからという説があるんだとか。これが本当か?というところから始まる。

FIFAランキングでみると、1位はブラジル、日本は48位。所得分配は、世界銀行が計算するジニ計数を使う。この二つのデータを見てみても、不平等度が高まるほどFIFAランクが上昇するという関係は見られなかった。

また別に、

豊かであるほどサッカーが強い

という説もあるのだとか。そこで、人口、一人当たり所得、所得分配についてのみ考える。すると、

人口が多いほど、一人当たり所得が高いほどサッカーは強いが、所得分配が不平等でもサッカーは強くならない

ことがわかるわけです。係数を計算すると、人口が倍になるより、一人当たりGDPが倍になったほうがサッカーが強くなるということもわかると。



第51回「所得分配の不平等な国はサッカーが強い?」(NIKKEINET 2006/09/22)
http://bizplus.nikkei.co.jp/colm/harada.cfm?i=20060920c3000c3


経済の話で、数字が出てきたりするとややこしいのですが、主張が常に正しいとは限らず、事実で分析することが大事な時もあるわけです。まあしかし、「事実」を歪曲する人もいたりするので、常にだまされないようにしないといけないわけですが。

サッカーが強くなるには、国が豊かになることも、サッカー人口を増やすことも大事だと思いますが、結局のところ、肉食男子が増えなければだめなのではないかなあと、この動画を見て感じました。



Soccer Comedy
http://www.youtube.com/watch?v=wuEcLjbUS1E
関連記事

コメント

非公開コメント

ご支援御礼(令和元年10月)

渡辺勝幸は令和元年10月に行われた宮城県議選に若林選挙区から立候補し、10,273票という貴重な票をいただき、宮城県議会議員に二回目の当選を果たしました。今後ともふるさと宮城の復興完遂のために尽力してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

宮城県議選若林選挙区(令和元年10月27日執行・投票率28.18%)
当 渡辺勝幸    自民現  10,273
当 三浦奈名美   立民新 7,634
当 福島一恵    共産現 7,047
次 高橋克也    自民新 6,486

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
132位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
東北地方
20位
アクセスランキングを見る>>

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

メルマガを毎日書いています!

【仙台発!】政治家であり起業家である渡辺勝幸の日刊メルマガ。9年以上、3,300日以上連続でメルマガを書いています。政治経済の裏事情、起業家、経営者向けのおトク最新情報を、独自の視点と素早く貴重な情報で、意識の高い経営者、ビジネスパーソンに毎日お届け。1通20円ですが、得られる情報はメディアにないものとなります。失業、起業、震災、選挙落選、そして当選とここ数年波乱万丈な人生を送っている筆者が、東北の真の復興のための活動報告も。著者は宮城県議会議員(仙台市若林区)44歳。起業集団株式会社つくる仙台経営(起業支援、創業スクール事業)、東北大学大学院講師。
メルマガ購読・解除
 

ご支援御礼(平成27年10月)

渡辺勝幸は平成27年10月に行われた宮城県議選に若林選挙区から立候補し、10,041票という貴重な票をいただき、宮城県議会議員に初当選しました。今後ともふるさと宮城に強い経済をつくるために尽力してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

宮城県議選若林選挙区(平成27年10月25日執行・投票率31.28%)
当 渡辺勝幸    自民新  10,041
当 福島かずえ   共産新 9,433
当 細川雄一    自民現 7,490
次 千葉あさこ   民主新 5,849

渡辺勝幸後援会事務所

渡辺勝幸後援会事務所
984-0816 仙台市若林区河原町1-7-29-101
TEL 022-398-6266 FAX 022-398-6269

最近の講演報告・講演実績

検索フォーム

アクセスランキング

ご支援御礼

渡辺勝幸は平成23年11月に行われた宮城県議選に若林選挙区から立候補し、5,042票という貴重な票をいただきましたが、落選いたしました。残念な結果ではありましたが、今後ともふるさと宮城の復興のために尽力してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

宮城県議選若林選挙区(平成23年11月13日執行・投票率34.65%)
当 細川雄一    自民現 7,728
当 本多祐一朗   社民現 6,536
当 千葉達     自民現 6,031
  福島かずえ   共産新 6,000
  渡辺勝幸    無新  5,042
  菊地ゆきお   み新 2,903
  小野寺かずたか 無新 978


120216 gaitorokuchonomeAkXOfoVCMAAmJYo 早朝街頭を続けています。平成24年1月撮影。

渡辺勝幸の政治活動を応援していただける方は、まず無料の「渡辺勝幸後援会メールマガジン」にご登録ください!

【渡辺勝幸応援団よりのお願いです】
渡辺勝幸後援会に入る方法

このブログについてご説明

このブログは、渡辺勝幸が3,300日以上毎日書いているメルマガ「日本一元気になるビジネスマガジン」の過去記事を中心に構成しています。メルマガでは、ブログに書けない話なども書いていますので関心のある方はぜひどうぞ。メルマガ登録はこちらから。

メルマガを3,300日以上毎日書いています

【仙台発!】政治家であり起業家である渡辺勝幸の日刊メルマガ。 9年以上、3,300日以上連続でメルマガを書いています。 政治経済の裏事情、起業家、経営者向けのおトク最新情報を、独自の視点と素早く貴重な情報で、 意識の高い経営者、ビジネスパーソンに毎日お届け。 1通20円ですが、得られる情報はメディアにないものとなります。 失業、起業、震災、選挙落選、そして当選とここ数年波乱万丈な人生を送っている筆者が、東北の真の復興のための活動報告も。 著者は宮城県議会議員(仙台市若林区)44歳。 起業集団株式会社つくる仙台経営(起業支援、創業スクール事業)、東北大学大学院講師。

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QRコード

Facebookページに「いいね!」

「いいね!」するだけで、つくる仙台の日々の更新情報が届きます。たまに「ここだけの情報」をお伝えします!