起業したいけど資金がない場合の解決法─株式会社ММコンサルティングの上野光夫さん - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 
自由民主党・県民会議
 事務局長
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
みやぎパラボウリング協会 会長。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

起業したいけど資金がない場合の解決法─株式会社ММコンサルティングの上野光夫さん

2011年06月20日 18:00


起業したいけれど資金がないのでどうしたらよいのか、
という質問も多いです。

大きく分けて3つの方法があります。



1、親族・知人から借りる

2、国・自治体からの助成金を利用する

3、日本政策金融公庫(旧国民生活金融公庫)や商工会などから低利融資を受ける





1は、よくあるパターンですが、
親から借りたり、友人から借りるという手法です。

いままでの生き方が問われます。
信用のない友人にはお金を貸さないでしょうし、

人それぞれ事情があるので、
お金を貸してほしいと言われても簡単に貸せるものでもありません。

友人を失う可能性も考慮して、
慎重に考えましょう。



2も、利用している方はけっこう利用しています。
探してみると、国の補助制度や自治体の補助があったりするのです。

誰を雇うか、どんな業種を扱うか、
どんな規模なのかによって、
助成金制度はそれぞれまちまちです。

しかし、要件にあえば「返済不要の資金」が手に入るので、
利用できるのであれば、利用しないのはもったいないです。


スタート時に余裕資金があれば
事業の成長の度合いも早くなるので、

早く黒字法人になって助成金分の税金を払ってもらえれば
世の中にも貢献できますね。



3について、
事業を始めようとする方の多くが、
日本政策金融公庫の融資を検討していることと思います。

この公庫は政府系の金融機関で、
長期の低利融資がのぞめます。


それならやっぱり日本政策金融公庫で借り入れをしよう!


と普通は思うわけですが、
たとえ政府全額出資の機関とはいえ、


誰でも簡単に融資をしてもらえるわけではありません。


不思議なことに、
融資がうまくいかなかったという人も知っていますし、
何回申し込んでも簡単に融資がおりるという人もいます。




経済産業省後援の起業支援団体ドリームゲートの
アドバイザーで、


上野光夫さん
http://admin.dreamgate.gr.jp:8080/consul/pro/mmconsulting/



という方がいます。

この方は、政策金融公庫で融資課長をしていたという、
まさに融資のすべてを知っている方で、

過去に5,000人の起業家の融資を支援してきた方です。


お話しした印象も、
大変落ち着いていらっしゃる方で
また相談しやすく、
丁寧にやさしく回答していただける方です。


先日、起業する前と起業した後のどちらのケースが
公庫の融資を受けやすいのだろうかという話があり、

せっかくだからプロ中のプロに聞いてみた方が話は早いと思ったので、
上野さんに聞いてみました。


懇切丁寧な回答だったので、
無料では申し訳ないなと思いつつ、

もしかするとこのメルマガ読者のみなさんで
同じような疑問をもっていらっしゃるかも知れないと思いましたので、

上野さんに許可をいただき、
メール回答をここにシェアしたいと思います。


────────────────────────────
【メール引用ここから】


渡辺勝幸様

ご相談ありがとうございます。

「起業前と起業後の、どちらが審査に通りやすいか」という趣旨のご質問ですね。

まず、融資側が「起業前」と「起業後」で、どのようなポイントをチェックしているのか、ということについて簡単にご説明します。

(起業前の場合)
 ・経営者としての資質(これまでの経歴からどうか)
 ・起業のためにどんな準備をしているか
 ・投資計画は妥当か(投資金額、自己資本と借入の割合、立地条件など)
 ・採算見通しはあるか
 ・事業が厳しいときに支援してくれる人はいるか

(起業後の場合)
 ・事業をスタートしてからの売上、収益実績はどうか
 ・今後の採算見通しはどうか
 ・自己資本と他人資本の割合はどうか
 ・必要としている資金は設備資金か運転資金か、投資効果はどうか

ざっとこんな感じです。

「起業前」と「起業後」で、審査面での最も大きい違いは、「営業実績があるかどうか」という点です。
審査側の立場に立てば、「起業後」は営業実績があるので、「審査しやすい」ということになります。

かといって、必ずしも「起業後」のほうが「審査が通りやすい」とは言えません。なぜなら、スタート後の営業実績が赤字の場合は、「今後も赤字が続くのではないか」という見方をするときもあるからです。

むしろ、実績がなくてもしっかりとした事業計画がある「起業前」のほうが、すんなり審査に通ることもあります。

結論としては「起業前」、「起業後」のどちらかが審査に通りやすいかというのは、「一概には言えない」ということになります。

「起業前」か「起業後」のいずれの時点で融資申し込みをするかは、起業家の方がどのタイミングで資金を投入する必要があるか、という観点でお決めになるのがよろしいかと思います。

また、「事業が回転してから資金不足に陥ったため」融資を申し込むというケースには、おおまかに分けて次の二通りがあると思います。

(1)予想よりも売り上げが少なく赤字が続いてしまい、その穴埋めをしなければならない状態。

(2)予想通りあるいは予想以上に売り上げが上がったので、追加の仕入れ資金などが不足している状態。

(2)の場合は、事業が活発である状態なので、審査は通りやすいといえます。でも、(1)の場合は、「今後、黒字化できるかどうか」ということをチェックされますから、「今後こうやって黒字化する」という事業計画書を作成して融資申し込みをすることが必要です。

なお、「起業前」に融資を受けられた場合は、「起業後」に追加融資を受けようと思っても、既に融資残高が残っているため、審査ではやや厳し目に見られることになります。

ですから、「起業前」に融資を受けようとする場合は、当面(1年程度)の余裕資金も視野に入れて資金調達をされることをお勧めします。


【メール引用ここまで】
────────────────────────────


いかがでしょうか?

融資側のポイントをお聞かせいただけるというのは、
いわゆる「裏事情」ですので、

なかなか聞こうと思っても教えてくれるはずのない情報です。

そして読んでいくとわかるのですが、
上野さんは


無理のない経営


を教えてくださいます。


起業するということは、
はじめて経営するということなので、

どの程度の経営が「無理のない」経営なのか
わからないものです。

それは無茶ぶり!
とプロから見ればわかる経営でも、
本人からすると一生懸命やっていたりするものです。


そんな上野さんが、以下の日程で起業セミナーを開催されるそうです。

7月23日(土)
7月30日(土)
8月6日(土)



なかなか貴重な話がきっと聞けることと思いますので、
起業に関心のある方、起業された方などには、
ぜひ大事な秘訣を知っていただきたく、オススメしたいと思います。


http://www.kigyoseiko.com/






MMコンサルティングでは、起業に役立つセミナーを随時開催しています。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「起業家必見!賢いお金の貯め方借り方」

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

開催日時 : 2011年7月23日(土)13:30~17:00

開催場所 : アットビジネスセンター東京駅八重洲通り

     (東京都中央区八丁堀1丁目9番 八丁堀ハタビル401号室)

参加料金 : 5,000円(事前にお振り込み)

募集定員 : 30名


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 起業資金の調達方法は、公的金融機関から借入するのが近道です。

 でも、たとえ公的金融機関であっても、起業資金を借入することは、それほど容易とは言えないのが実態です。

 このセミナーでは、日本政策金融公庫で5,000人の起業家を支援した実績をもつMMコンサルティング代表の上野が、「起業資金を借入するための極意」をお伝えします。

 また、起業資金をすべて借入でまかなったら、成功の可能性は低くなります。やはり一定割合の「自己資金」が必要になります。

 第2部では、『お金が貯まらない人の悪い習慣39』ほかのベストセラーの著者である、田口智隆氏が、効果的に「自己資金」を貯める方法について伝授します。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


(内 容)

第1部 「起業資金はこうやって調達しよう!」

(講師:(株)MMコンサルティング代表 上野 光夫)


第2部 「起業のための自己資金はどうやって貯めるの?」

(講師:(株)ファイナンシャルインディペンデンス代表 田口 智隆氏)


お申込みはこちらのサイトをご覧ください

http://www.kigyoseiko.com/
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/328-fb2d8313
    この記事へのトラックバック



    fx