第一生命から東芝、経団連会長へ─石坂泰三 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

第一生命から東芝、経団連会長へ─石坂泰三

2011年06月16日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。


私の履歴書─昭和の経営者群像〈4〉


石坂泰三のお話の続きです。

洋行を終え、第一生命支配人心得となった石坂ですが、
ここから昭和21年末、社長を辞めるまでの32年間、
第一生命にいました。

この間は、日本における生命保険業の勃興時代でした。

入社当時は12,3番目であった第一生命も、
戦後間もなくのころには、

日本生命に次いで二番目に大きな会社となり、
戦争がなければ追いついたであろうと言われるほどでした。


第一生命時代の話は、
あまり出てこないのですが、

重役会のあり方について石坂は触れています。

当時の第一生命の常勤取締役はわずか二人。
矢野氏と石坂のみ。

あとはみんな社外重役で、
大橋新太郎、服部金太郎、松本健次郎、
今村繁三、浜口吉兵衛、森村義行
という一流の実業家の顔ぶれ。


────────────────────────
【引用ここから】

戦後は従業員から重役を出せという声が出て、
みなそうなった。

しかし、そういうことは私はナンセンスだと思うのだ。

たとえば、いま東芝で重役会を開いても
列席するのはみな私の部下で、

なんら清新な外部の知識ははいってこない。

ところが大橋、服部のような人となると話が違う。

一目で私達のやっていることを見抜く。

かつて私なんかは重役会に出るのにも、
大学の口述試験を受けるように勉強していったものだ。

先生方は将棋なんか指していて、
私らがお伺いを立てると

「さあ、それはどうかな」

なんていっていた。

そういわれると、こちらは

「こいつはマズイんだな」

とピンときた。

しかしその判断たるや、実に大したもので、
私はいまでも敬服している。


【引用ここまで】
────────────────────────


重役のあり方ということですが、
たしかに現代日本においては、
順当に出世して頭角を現したものが役員になりますね。

しかし役員は社長の元部下だったりするわけで、
当然年功序列の枠の中にあると。

さすれば、進言しづらい状況が生まれ、
なかなか言いたいことも言えず、
当然清新な発想なども生まれない。

戦前の重役会の方が、
柔軟で清新な意見が出てきていたというのは、
意外な発見でした。



石坂は二年浪人をし、
昭和23年に東芝に来ました。

最初は会長でというはずでしたが、
昭和24年社長に就任します。


石坂は、東芝に来るにあたって、
自分の腹心というようなものは一人も連れて来なかった。

単身乗り込んでいきます。



「それには理由がある。

 一人ならば出処進退が自由にできるが、
 人を連れていった場合、
 その人をやめさせて自分が残るわけにはいかないからだ。」



昭和24年6月に、
石坂は6,500人の人員整理をします。

当時の労組は話にならないほど荒れていました。
重役がスリッパでほっぺたをひっぱたかれたり。


昭和31年2月に、
石坂は経団連会長になります。

石坂は、この履歴書の最後に、


経済道義の高揚


について述べています。
いま日本の財界に欠けているのはこれだと。

無謀な出血競争は特によくないと言っています。





石坂の履歴書は、
その経歴や様々なエピソードを考えると、
もう少し中身の濃いものがあってもよかったのではないかなと、
ちょっと率直に残念な感想を私はもちました。

半世紀たった現在、
このように読む人間もいるわけで、

自分の人生なり日記なりを後世の人間が読むと考えると、
それなりに後世の人間が読むことも想定して書かないといけないですね。

なかなかむずかしいです。



私の履歴書─昭和の経営者群像〈4〉
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/323-f7acf578
    この記事へのトラックバック



    fx