横浜市の子育て家庭応援事業「ハマハグ」について。 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 宮城県議会 不登校・ひきこもり対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議座長。

自由民主党・県民会議
 事務局長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局長。
 芸術文化議員連盟 副幹事長。
 防衛議員連盟 幹事長。
 防災議員連盟 事務局長。
 日越交流宮城県議会議員連盟 幹事長代理。
 みやぎの印刷産業振興を考える議員連盟 事務局長。
 宮城オルレ・トレイル推進議員連盟 事務局長。
 宮城県議会行政書士議員連盟 事務局長。
日韓親善宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県スポーツ議員連盟 幹事。
  宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 副幹事長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党青年局 中央常任委員(東北ブロック)。
自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。

宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
みやぎパラボウリング協会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区PTA連合会理事。
 若林区まちづくり協議会会員。
 沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会会長。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 仙台市地域ぐるみ生活指導連絡協議会幹事。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

横浜市の子育て家庭応援事業「ハマハグ」について。

2010年02月14日 23:31

あっちゃんの小学校入学の準備でいろいろ大変なわけですが、今日横浜市内のあるお店へ行ったときに目に入ってきたのが、アンパンマンに「ハマハグ」の文字。何だこれと思ってよく見てみると、横浜市の子育て家庭応援事業なんだそうです。


ハマハグ
http://www.hamahug.jp/index.asp


この「ハマハグ」は、子育て中や妊娠中の方が、ハマハグに協賛しているお店・施設で登録証を見せると、ちょっとした心配りから、安心・便利な設備・備品の提供、お得な割引・優待まで、子育てを応援するさまざまなサービスを受けられるというしくみ。

1月末時点で、登録者数は19,241人。協賛しているお店は2,093にのぼっています。


横浜市の平成20年度新規事業として、予算は500万円。
http://www.city.yokohama.jp/me/gyousei/zaisei/yosan/20yosan/pdf/1syuyou.pdf


たかだか500万円の予算ですし、評価は様々あるかと思いますが、直感的にああいいなあと思ったのは、横浜市がお店から広告料をもらっているわけでもなく、横浜市からお店に経費の補てんがあるわけでもないのですが、子育てに対する考え方を、お店の側もある種のメセナ的な発想で考えるきっかけになるんではないかなあということです。

うちの近くのマックでは、チーズバーガーのハッピーセットが安くなるようです。お店によっては「子供用のいすをご用意しています」という記述だけだったりもするわけですが、それもまた子育てに熱心かそうでないかが分かるのでそれまたよいかと。

これからの時代は、ある政策に対して財政的措置をとることが難しくなっていく時代です。費用対効果について厳格に考えつつ、どういう場合には例外が必要かということも考えなければなりませんが、いずれにしてもこのハマハグは、予算をさほどかけずに、2万人と2,000店に、子育てのためには何が必要かを考えるきっかけを与えたのではないかと思います。

実は第一印象では、あまり効果のない事業でないかなあとも思ったのですが、2万人が登録しているとなれば、これはけっこうな数ですから効果もあるでしょうね。横浜という都市ゆえの数かもしれません。そして、この事業はあくまで入り口として考え、二の矢、三の矢の子育て支援が必要になるでしょうが、いずれにしても予算を使わずに子育てを支援するきっかけをつくるという意味では、とても面白い事例だと思いました。


「こども青少年局新規事業等の進捗状況について(横浜市)」
http://www.city.yokohama.jp/me/sikai/pdf/siryo/j3_20080826_kd_1.pdf
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

  1. まいんど | URL | /RPW8Cqk

    横浜市内の京急の駅や京急百貨店、京急EXイン横浜東口、京急ストア、ウイング上大岡、京急バス杉田営業所、臨港バス鶴見営業所や京急不動産の営業所など京急グループの施設にはアンパンマン柄のハマハグのステッカーを貼らず、代わりに美少女戦士セーラームーンか、フレッシュプリキュア・ハートキャッチプリキュア・スイートプリキュア・スマイルプリキュア・ドキドキプリキュアのステッカーを貼り付けるそうです(これに対し相鉄の駅と相鉄バスの旭営業所・横浜営業所、横浜ベイシェラトンホテルタワーズ、相鉄ローゼン、相鉄フレッサインと相鉄不動産販売の営業所など総鉄グループの施設にはセーラームーンのステッカーのみ張りつける。また京急では今年の夏休みのアンパンマンのスタンプラリーの予定もない)。
    理由として、東日本大震災の影響でアンパンマンの人気が低迷していることと、京急の電車・バスと臨港バスは大部分の区間で海の近くを走っており、アンパンマンがばい菌マンにいじめられて「顔がぬれて力が」というシーンが去年の夏に発生した横浜市の隣町・横須賀市内での1500形電車の脱線事故を連想させて不吉・不適切なことと、京急沿線にはアンパンマンがきらいでセーラームーンやプリキュアが好きな人が多いためです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/32-0cbe2f1a
この記事へのトラックバック



fx