今後の日本経済(東北経済)の見通しを無料で読み取る方法 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 宮城県議会 不登校・ひきこもり対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議座長。

自由民主党・県民会議
 事務局長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局長。
 芸術文化議員連盟 副幹事長。
 防衛議員連盟 幹事長。
 防災議員連盟 事務局長。
 日越交流宮城県議会議員連盟 幹事長代理。
 みやぎの印刷産業振興を考える議員連盟 事務局長。
 宮城オルレ・トレイル推進議員連盟 事務局長。
 宮城県議会行政書士議員連盟 事務局長。
日韓親善宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県スポーツ議員連盟 幹事。
  宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 副幹事長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党青年局 中央常任委員(東北ブロック)。
自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。

宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
みやぎパラボウリング協会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区PTA連合会理事。
 若林区まちづくり協議会会員。
 沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会会長。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 仙台市地域ぐるみ生活指導連絡協議会幹事。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

今後の日本経済(東北経済)の見通しを無料で読み取る方法

2011年06月10日 18:00

情報はタダではありません。
有用な情報にはそれなりの投資が必要です。

タダで情報を得ようとしたり、
適正な代価を払わないで得をしようとすると
だいたい失敗します。

私もいろんな失敗をしました。


ただし投資をして勉強をしていくと、
無料の公開情報の蓄積が大きな情報源になることがわかってきます。



今後の日本経済の動向、見通しを見るうえで、
私がこれはいいなと思っている無料の公開情報が、
内閣府の「景気ウォッチャー調査」です。




「景気ウォッチャー調査」とは、

地域の景気に関連の深い動きを観察できる立場にある人々の協力を得て、

地域ごとの景気動向を的確かつ迅速に把握し、

景気動向判断の基礎資料とすることを目的とする




もので、地域の生の声がよくわかるものです。

もちろんこれは、最終的には内閣府でまとめていますので、
内閣府のバイアスがかかっていることはたしかです。

地域でいろんな人と会いながら、
酒を飲んだときに聞こえてくる声とは
またちがうかもしれません。


しかし、これを毎月見ていくと、
ある程度の景気動向が見えてきます。

経営者の方はじめ多くの方は今後の景気動向が
大いに気になることと思います。

投資家の方もこれを読むことで、
得られるものは多いでしょう。



この景気ウォッチャー調査、
東北の部分を内容を一部抜粋して掲載してみます。

家計動向・企業動向ともに、
現状は厳しい声であふれています。

また、雇用関連の声では、
いい話がまったくない状況です。


東北はやはり厳しい状況だと再認識するとともに、

それでは南関東はいいのかなと見てみれば、
南関東も景気がいいとはいえない状況ですね。

景気が悪いという声が大きいです。


いろいろな業界のいろいろな立場の人の
生の声をひと目でみることができるので、

今後の日本の経済状況が気になる方は
ぜひビジネスに生かしていただければと思います。






景気ウォッチャー調査(平成23年5月調査) 平成23年6月8日公表
景気判断理由集(現状)東北の部



【家計動向関連】

よくなっている

百貨店(営業担当)
販売量の動き・ゴールデンウィーク前後から売上が伸びてきている。
東日本大震災直後の買物自粛による反動で、
春物や初夏物が大きく動いている。
また、被災者の身の回り品の購買やお見舞い返しでの需要が出てきている。
さらに、従来販売量が少なかった備蓄品等の防災グッズも売れている。


やや良くなっている
商店街(代表者)
来客数の動き・人出の多さはゴールデンウィークに限ったことでなく、
その後も続いている。
特に、飲食、食品を中心に好調を維持している。
郊外の大型店の復旧の遅れが寄与しているようである。


やや良くなっている
百貨店(売場主任)
来客数の動き・競合店の休業により、来客数が増加している。
また、東日本大震災の被害を受けた沿岸部や他県からの
来店も多くなっている。


やや良くなっている
百貨店(販促担当)
来客数の動き・売れ筋アイテムが明確になり、仕掛けへの反応が見られるなど、
夏物のファッションの動きが活性化し、売上をけん引している。
また、プライスラインも上昇傾向にある。


やや良くなっている
コンビニ(経営者)
来客数の動き・当地に避難してきている人が買物に来ていることもあり、
多少回復傾向が見られる。


やや良くなっている
コンビニ(エリア担当)
来客数の動き・東日本大震災の復興需要など周辺環境の変化によって
来客数が大幅に増加している店舗が、
特に主要道路沿いにおいて多くなっている。
これらのうち、売上が伸びている店の多くは、たばこの売上増によるところが大きい。


やや良くなっている
乗用車販売店(経営者)
販売量の動き・東日本大震災の影響で、新車や補修部品等の供給不足は残るものの、
客の来場及び新車受注のペースは戻りつつある。
4月末からの受注残が多く、納期が間に合うものに限定されるが、
売上のボリュームも上がってきている。


やや良くなっている
一般レストラン(経営者)
来客数の動き・東日本大震災以降、しばらく動きはなかったが、
ゴールデンウィーク明けから、来客数が若干伸びてきている。


変わらない
商店街(代表者)
お客様の様子・東日本大震災以降、客層に変化が見られるものの、
販売量に変化は見られない。


変わらない
一般小売店[医薬品](経営者)
来客数の動き・東日本大震災の影響で、繁華街ではいまだに閉まっている店も多いため、
深夜は人が全く歩いていない。
週末のみ、各地からきている応援隊やボランティアの方々が食事に来ており、
多少のにぎわいをみせている。


変わらない
スーパー(経営者)
お客様の様子・地元スーパー等、競合店のチラシが復活し、
消費者が買い回るようになってきている。


変わらない
コンビニ(エリア担当)
来客数の動き・復興による特需が大きな要因となり、
東北6県全体の来客数は前年比7%の伸びを示しているが、
被災県の内陸部や日本海側の数値の伸びは小さい。


変わらない
衣料品専門店(経営者)
販売量の動き・例年と比べ、販売量が少なすぎる。


変わらない
その他専門店[呉服](経営者)
来客数の動き・節電のために店内の照明を少し落としているため、
客が節約という気持ちになっており、購買意欲が減退する様子が見られる。


変わらない
通信会社(営業担当)
お客様の様子・大半の業界では、売上が伸び悩むなか、
通信費を削減しており、3か月前と比べると明らかに下向きである。


変わらない
美容室(経営者)
来客数の動き・結婚式へ出席される方や、花見やお祭りに出かける
方々の来店が多くなっている。


やや悪くなっている
商店街(代表者)
お客様の様子・引き続き、食料品や日用品など生活に直結した商品は
そこそこ動いているものの、化粧品等の不要不急と
思われる商品の動きが非常に悪い。


やや悪くなっている
スーパー(経営者)
来客数の動き・ゴールデンウィークの動きは思ったほど悪くなかったが、
4月から徐々に来客数が減少している。
また、前年の野菜相場高の反動による単価減もあり、
マイナスが続いている。


やや悪くなっている
コンビニ(エリア担当)
それ以外・東日本大震災の被災地かそうでないかで、大きな差が出てきている。
また、数字的に好調な店舗と、苦戦している店舗の二極化が見られる。


やや悪くなっている
乗用車販売店(経営者)
販売量の動き・自粛ムードに加え、販売に繋げるための好材料が少なく、
営業スタッフが苦労している。


やや悪くなっている
住関連専門店(経営者)
来客数の動き・東日本大震災以降、細々とした仕事の依頼があり
売上も多少はあるが、来客数が増えない。


やや悪くなっている
その他専門店[白衣・ユニフォーム](営業担当)
販売量の動き・クールビズ関係の商品の動きに期待しているが、
まださほどの動きはない。
また、ポロシャツの引き合いが見込まれているが、動きはまだ鈍い。


やや悪くなっている
一般レストラン(スタッフ)
単価の動き・大手外食チェーンが値引きキャンペーンを行っている影響で、
客単価、来客数共に減少している。


やや悪くなっている
観光型旅館(スタッフ)
それ以外・東日本大震災で落ち込んだ販売量は戻りつつあるが、
逃した利益を取り戻すことはできない。
給与削減や解雇により何とか維持しているものの、
今後、解雇による人手不足を補う具体的手段が無い。


やや悪くなっている
都市型ホテル(スタッフ)
お客様の様子・東日本大震災の復興需要があり、
イベントや宿泊の稼動状況だけを見れば前年を上回っている。
しかし、婚礼需要は激減したまま回復のめどが立っておらず、
全体としては前年割れの状況となっている。


やや悪くなっている
通信会社(営業担当)
お客様の様子・当県においても地域差はあるが、新規の設備投資意欲が
あまり感じられない。


悪くなっている
一般小売店[書籍](経営者)
販売量の動き・東日本大震災の影響は大分落ち着いてきているが、
市中銀行の預金残高が異常に増えていることからも分かるとおり、
消費マインドが相当落ち込んでおり、販売量も大きな打撃を受けている。


悪くなっている
百貨店(経営者)
単価の動き・不要不急の商品の動きが鈍く、
付加価値の高い商品の動きも悪い。


悪くなっている
衣料品専門店(店長)
お客様の様子・東日本大震災の影響は心理的にまだあるようで、
震災前のような買い方に戻っていない。


悪くなっている
その他専門店[食品](経営者)
来客数の動き・東日本大震災以降、観光客が激減しているため、
旅館などのサービス業は無論のこと、専門小売店、
特に特産物を扱う店舗は大変な状況が続いている。


悪くなっている
高級レストラン(経営者)
来客数の動き・東日本大震災以降、
来客数も客の様子も全く良いところがない。


悪くなっている
観光型ホテル(経営者)
来客数の動き・総会の季節であるがほとんどなく、
一般客は前年比で2割程度減少している。
しかし、災害復興のための警察や支援隊を含めると、
来客数は前年比で7割増となっている。
なお、3、4月のキャンセル分の復帰はほとんどない。


悪くなっている
都市型ホテル(経営者)
お客様の様子・前月同様、復旧支援の方々が宿泊しており、
宿泊に関しては前年比160%の売上となっているが、
これは特需であるため、参考にはならない。
レストラン関係は低額のランチは良いが、
高額メニューの売上は落ちている。
婚礼や宴会、祝賀会といったようなものは自粛ムードもあり、
一切取りやめとなっている。


悪くなっている
通信会社(営業担当)
お客様の様子・取引先からは、売上が前年比30%減との声が聞かれる。


悪くなっている
通信会社(営業担当)
販売量の動き・販売商材が被災地へ優先的に流れているため、品不足の傾向がある。


悪くなっている
その他サービス[自動車整備業](経営者)
来客数の動き・東日本大震災の直接物損は免れたものの、
自粛ムードにより、人は来ないし、物も売れないため、回復できない。




【企業動向関連】

良くなっている
食料品製造業(経営者)
受注量や販売量の動き
東日本大震災後、観光客は減少したものの、
復興関係者のお土産や首都圏等での震災応援イベントでの需要があり、
営業店舗数は震災前に戻ってないにもかかわらず、
売上は前年比で2けた以上の伸びとなっている。


やや良くなっている
食料品製造業(総務担当)
受注量や販売量の動き
東日本大震災の影響は徐々になくなり、
普通の状態となりつつあるが、受注は良好のまま推移している。
加えて、業務店の客も増加している。


やや良くなっている
通信業(営業担当)
取引先の様子
東日本大震災からの復興が進みつつあり、
中小企業向けのサービス提供が特需になっている。


やや良くなっている
経営コンサルタント
取引先の様子
東日本大震災により被災した中小製造業においても、
徐々にではあるが生産活動が回復しつつある。


変わらない
繊維工業(経営者)
取引先の様子
東日本大震災以降、市況の回復状況がはっきりと見受けられない。


変わらない
通信業(営業担当)
取引先の様子
取引先の反応に呼応するように、今年度に入ってからの受注量が前年同期比で減っている。


変わらない
コピーサービス業(経営者)
受注量や販売量の動き
いまだ大きな変化は見られない。被災地からの受注状況は全体の10~15%となっている。


やや悪くなっている
食料品製造業(総務担当)
受注量や販売量の動き
ゴールデンウィーク後、売上の厳しい状況が続いている。


やや悪くなっている
電気機械器具製造業(営業担当)
取引先の様子
ごく一部で受注に特需のような動きがみられるものの、
それ以外の取引状況は非常に落ち込んでいる。


悪くなっている
農林水産業(従業者)
それ以外
東日本大震災と福島第一原子力発電所の事故により、
野菜は利益が出ないほどの安値となっている。


悪くなっている
出版・印刷・同関連産業(経理担当)
取引先の様子
東日本大震災以降、売上が激減しており、
取引先においても廃業、倒産する会社が多くなってきている。
支払の決済期限を伸ばす取引先も増えている。


悪くなっている
輸送業(経営者)
取引先の様子
東日本大震災で被災した荷主の復旧の進捗状況を把握しきれていない。


悪くなっている
公認会計士
取引先の様子
東日本大震災による損失処理や得意先からの受注減などにより悪化している。



【雇用関連】
良くなっている



やや良くなっている



変わらない
人材派遣会社(社員)
採用者数の動き
職業安定所は東日本大震災の被災者向けの求人であふれているが、
マッチングはなかなかうまくいっていない。


変わらない
職業安定所(職員)
求人数の動き
新卒については特に影響は見られないが、
生産や消費等が回復していないために、
事業主の求人意欲がやや低下しているように見受けられる。


変わらない
職業安定所(職員)
求人数の動き
新規求人数は増加基調で、新規求職者は減少基調にある。
ただし、新規求人の増加幅は低下しており、厳しい状況が続いている。


やや悪くなっている
新聞社[求人広告](担当者)
周辺企業の様子
東日本大震災の被災地において復旧復興の動きが始まるとともに、
住宅需要が高まっており、住宅関連に回復が見られる。
また、流通も少しずつ良くなってきている。
一方で、レジャー及びサービス関連は厳しい状態が続いているなど、
業種によってかなりのばらつきがある。


やや悪くなっている
職業安定所(職員)
求人数の動き
求人の前年比の増加幅は減少してきており、
有効求人は依然として低迷している。


悪くなっている
人材派遣会社(社員)
周辺企業の様子
東日本大震災を機に契約解除の申し出が約20%増加しており、
3、4月は収支が欠損状態となっている。


悪くなっている
新聞社[求人広告](担当者)
それ以外
東日本大震災後、徐々に仕事の受注は増えてきたが、
前年同月に比べると売上は70~80%台で推移している。



景気ウォッチャー調査(平成23年5月調査) 平成23年6月8日公表
景気判断理由集(現状)東北の部
http://www5.cao.go.jp/keizai3/2011/0608watcher/touhoku1.pdf
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/317-5e271a59
    この記事へのトラックバック



    fx