宮崎の大地に絵をかくカントリージェントルマン、岩切章太郎 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 宮城県議会 不登校・ひきこもり対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議座長。

自由民主党・県民会議
 事務局長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局長。
 芸術文化議員連盟 副幹事長。
 防衛議員連盟 幹事長。
 防災議員連盟 事務局長。
 日越交流宮城県議会議員連盟 幹事長代理。
 みやぎの印刷産業振興を考える議員連盟 事務局長。
 宮城オルレ・トレイル推進議員連盟 事務局長。
 宮城県議会行政書士議員連盟 事務局長。
日韓親善宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県スポーツ議員連盟 幹事。
  宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 副幹事長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党青年局 中央常任委員(東北ブロック)。
自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。

宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
みやぎパラボウリング協会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区PTA連合会理事。
 若林区まちづくり協議会会員。
 沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会会長。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 仙台市地域ぐるみ生活指導連絡協議会幹事。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

宮崎の大地に絵をかくカントリージェントルマン、岩切章太郎

2011年06月09日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。


私の履歴書─昭和の経営者群像〈3〉


岩切章太郎のお話の続きです。


宮崎に帰り、バリバリと仕事をこなしていた岩切は、
大正15年には、宮崎交通の前身である、

宮崎市街自動車株式会社を創立し、
その社長となります。


バス事業は順調にいきましたが、
昭和2年、宮崎市の中心をなす
橘橋が洪水で流出してしまいます。

幹線路線が真ん中で真っ二つになってしまい、
営業も成り立たず。


さらに熊本の工兵隊が急造してくれた本町橋で、
なんと二度も大きな事故が続いて起こってしまいます。

会社のバスが大淀川に落ちて、
鐘紡大淀工場長だった相川さんが即死という惨事でした。


新聞は市街自動車ではなく「死骸自動車」だと悪口を書き、
株主はすっかり前途を失望して
今のうち株を売りたいと言い出したりします。

岩切も、初めて自分の仕事で人を殺した痛手がこたえたのか、
妙な熱病にかかって一カ月以上転地療養せねばならぬようになります。

親戚も親族会議を開き、
あんな危険な仕事はやめさせようといい、

岩切にとってまさに最悪のときでした。


しかし岩切は、
市民の足として委託されてはじめたもの、
そしてバス事業自体将来性のある事業と思っていると主張、

株主から売却の提案もありましたが、
きっぱり断ります。


この事故で強く心にこたえたのは、
亡くなった相川さんのお兄さんの言葉。

死んだ弟はしかたがないが、
岩切さん、どうか弟を犬死にさせないようにしてください、と。


岩切はこの言葉を一生懸命に考えてみます。
どうしたら相川さんを犬死にさせないですむか。

熱病がよくなって、
指宿に一カ月転地療養している間も、
絶えず胸に刻み込んで考えていました。


──────────────────────
【引用ここから】


そうだ、会社がもし無事故の会社になれば、
相川さんの尊い死が原因だから、
相川さんの死も尊い意義が生まれる。

もし私どもが依然として事故を起こせば、
その時こそ相川さんは犬死にになる。

ここだナと私の考えが決まった。


【引用ここまで】
──────────────────────


転地先から帰ると、事故対策、
修養会を中心とする従業員の精神的向上、
無事故手当の制度創設などに取り組みます。


そして、昭和8年には宮崎で大博覧会が開催され、
遊覧バスが発展、会社の営業規模も大躍進を遂げるようになりました。



岩切は新しい仕事か行き詰まった仕事をやる、
という根本方針を立てていましたが、

宮崎交通が新しい仕事とすれば、
行き詰まった仕事の代表としては、
日向中央銀行の整理がありました。


昭和初期の日本の財界パニックの影響で、
各県で銀行の大合同が行われました。

宮崎県でも八つの銀行が合同して、
日向中央銀行が創立されます。

しかし経営は厳しく、
しまいには重役の私財提供によって
借り入れする必要まで出てしまいます。

そこで社外重役から、
新人を入れて改革にあたらせよとの声が上がり、
岩切に白羽の矢が立ったのでした。

引き受けるか、断るか、ずいぶん迷った末ようやく決心がつきます。
行き詰まったことを引き受けるのが根本方針の一つだと。

難問題。
いやなことや苦しいことが次々と起こってくるにちがいないから、
頼まれて引き受けたのだと考えていると、
必ず不平不満が起きるだろう。



「頼まれているのではない。
 自分から進んで、自分から求めてはいったのだと考えることにした。
 そしてそのことをしっかり自分自身に言いきかせた。」



昭和6年38歳のときに、岩切は日向中央銀行に入行します。
岩切は健闘しますが、
翌年、宮崎銀行、日向中央銀行は相次いで倒れました。

整理案作成、預金者の承諾書の調印、債権の回収、預金の支払い。
破産銀行の整理は、実際やったものでないとわからぬつらさ、苦しさがありました。

岩切の働き盛りの四十前後は、
銀行整理のために全精力を使って過ぎてしまいました。

最も苦しい六年間だったと岩切はいっています。

預金者からは泣かれる、
株主からは責められる、
債務者からはうらまれる、
全く八方ふさがりの苦しさ。


岩切は、二つの目的という話をここでしています。
仕事をするのは何のためか?

生活のためであることはもちろんですが、

一つは修行のため、
もう一つは社会のため、

であると。





岩切は、宮崎交通、日向中央銀行の整理のほかにも、
観光事業に力を入れました。

コドモノクニ、堀切峠、サボテン公園、日南海岸の整備などなど。

最初は社長の道楽だ、と言われていましたが、
日南海岸が全国的にも有名になったり、
公園事業が黒字になってきたりしました。


「すべて観光は人まねではいけない。
 その土地土地の特徴を生かしながら、
 新しい美しさを作り上げていかねばならないというのが私の主張である。」



──────────────────────
【引用ここから】

観光は小さい目先だけのソロバンをもっては何もできない。

長い目でみた大きなソロバンをもってこそ、
ほんとうの観光施設ができるのではないかと思っている。

人が喜ぶことという一点にピントを合わせておけば、
必ずいつかは、みんなに喜ばれる時がある。

その時私どもは今までの苦労のすべてが報いられるのである、
というのが私のソロバンである。


観光とは、知らせる、見せる、また来たいと思わせるの三つであるが、
その最後のまた来たいと思っていただくという一点に
すべてのピントを合わせて、
宮崎交通はやってきたのである。

そして今日の宮崎ブームの根源もまた、
このまた来たいと思っていただいた方々の、
口づての宣伝の力によるのではないかと思っているのである。


【引用ここまで】
──────────────────────


今日の宮崎の発展の礎は、
岩切章太郎によるものと言っても
言いすぎではないように感じました。

昭和のエリートたちは、
ほとんどと言っていいほど地方で育ち、
上京し、東京で活躍してきました。

岩切は例外だと言えるかもしれませんが、
地方経済の苦しいなか、

こういう人たちが、カントリージェントルマンとして
それぞれの地方でがんばっていたからこそ、
日本の国力が強かったのだと言えると思います。

まだ田舎には、
良識あるカントリージェントルマン、
地方から国を思う人々がたくさんいます。

経済の力が衰えるにつれて、
田舎の力も衰えてしまっていますが、
こんな生き方をする、
これからの日本のリーダーがいてもいいのではないかと思いました。


大地に絵をかく宮崎人。

岩切章太郎。





私の履歴書─昭和の経営者群像〈3〉





関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/316-9cf5b9c0
    この記事へのトラックバック



    fx