岩切章太郎(宮崎交通会長)─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

岩切章太郎(宮崎交通会長)─昭和時代の私の履歴書

2011年06月08日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。


私の履歴書─昭和の経営者群像〈3〉



岩切 章太郎(いわきり しょうたろう)は日本の実業家。
宮崎交通グループの創業者。宮崎県宮崎市出身。

宮崎を観光地として整備した立役者として「宮崎観光の父」と呼ばれる。



明治26宮崎県生れ。
東大卒、住友総本店を経て、
大正15年宮崎市街自動車設立。
昭和18年宮崎交通と改称。
日南海岸の観光開発など、
自然を生かした独自の開発で宮崎を観光立県した。
60年7月16日死去。


「私の履歴書」は昭和40年8月に連載している。


現代に生きる私たちからすると、

「宮崎」「観光」

と聞くと、東国原英夫前宮崎県知事が思い浮かびますね。

「どげんかせんといかん」

と言いながら、宮崎のマンゴーをセールスしたり、
観光地の宣伝をトップ自らやっていました。


しかし昭和時代に、
そのまんま東が生まれる前から、

宮崎を観光立県しようとして、
宮崎から新しい日本のビジネスモデルを模索していたのが


岩切章太郎という人です。


岩切は、子どものころから非常に病身でした。
この子はとても長生きできまいと心配されたほど。

岩切がのちに田舎住まいを志向するようになった理由の一つでもあります。

九人兄弟の長男であったこと、
高等学校を卒業した年に父が死んだこと、

そして何より子どものころから妙に故郷の何やかやに
愛着と関心を持って育ったために、

郷里に結びつける絆がいろいろあったことなどが
岩切が田舎住まい志向になった理由でした。


父親は事業に興味が多く、
宮崎農工銀行・日州銀行・日向水力電気をはじめ、

新聞社やその他そのころ宮崎で新しく起こる事業で
父が参画しないものはないと言っていいほど。

最後は宮崎軽便鉄道株式会社社長として全力を尽くしたのでした。


岩切は旧制一高に入学し、上京しますが、
病気のため、二年のときに一年間休学します。

肺尖カタルという病気で、
神田の二木謙三博士のところへ通い、診療を受けていました。


────────────────────────────
【引用ここから】

ある日私が少し悲観し過ぎていたのであろう、
かたわらの火ばち、それは茶色をした陶器の火ばちだったが、
その火ばちの縁に火ばしを二本横たえて、

岩切君、
この火ばしをよく見よ、
ちょっとさわってもすぐ落ちるが、
さわりさえしなければ何年もこのままで落ちることはない。

人間のからだもこの火ばしのように、
非常に不安定のようだが、
案外だいじょうぶなものだから、
悲観する必要はないんだよ、

と教えていただいた。

この二木先生のことばはその後も私の脳裏に強く生きている。


【引用ここまで】
────────────────────────────


また一高一年のとき、岩切は先輩と伊豆一周の徒歩旅行をします。
土肥の旅館に泊まって、夕方船で沼津へ出発というとき、

散歩の途中に菓子屋を見つけ、
なつかしいと枇杷ようかんを買って二人で食べていました。

そんなことをしていたら帰りの時間が遅れ、
夕食を食べていたときに船が来たとの知らせが来ます。

すぐ立ち上がろうとすると、
仲居さんが

食事を半分にして出発するものではないと泣くように止めます。

それで岩切たちは船に乗るのをあきらめ、
出発を延期したのでした。


ところがその時乗るはずだった汽船愛鷹丸は、
港を出てすぐに沈没、乗組員中助かったのは三人だけという
大事故が起きたのでした。

人生とは妙なものである、と岩切は書いています。





ちょっとしたちがいが生死を分けるということは
本当に妙なものです。

生きているということは、
たまたま偶然のことで、

しかも多くの人たちのおかげで生かされているということは
今回の震災でよくわかりました。





岩切は大学二年の冬、26歳のときに結婚します。
大学三年で長男が生まれます。

そして、大学三年のときに、
元宮崎県知事であった有吉忠一神奈川県知事を訪ね、

「卒業したらどうするのか」

と尋ねられます。


────────────────────────────
【引用ここから】

宮崎に帰ろうと思います、
といったものだから有吉さんはびっくりされて、

なに、宮崎に帰ったって詰まらんじゃないか、
しかし一体宮崎に帰って何をするつもりか、
と聞かれるので、

“民間知事”をやるつもりです、

といってしまった……

この時思わず口に出た民間知事という言葉が、
その後の私の一生を貫く一つの方針になってしまったのだから
人生とは全く妙なものである


【引用ここまで】
────────────────────────────


大学卒業後、二、三年は中央で実社会を見た方がよいと
言ってくれる人があったので、

願書を出し、無事通過したのが住友銀行でした。

面接でも、三年間おいていただきたいと
わがままなことを臆面もなく言う岩切でした。

住友はイカモノ食いだから、
ひょっとすると採用されるかも知れんと言われた通り、
岩切は採用され、経理課に配属されたのでした。

住友の三年半は楽しい生活でしたが、
いよいよ宮崎に帰るということになります。



ここで岩切が思ったのは、


つねに日本のいちばん新しい傾向から目を離さぬように努力しよう、
そうすれば今自分のいる位置がすぐわかる、
そしてこれではならぬと立ち上がることができるだろう


ということでした。
そして、宮崎に帰るにあたり、三つの基本方針を決めます。


1、世の中には中央で働く者と、地方で働く者とがあるが、
  私はあくまで地方で働く方で終始しよう。

2、上に立って旗を振る人、下にいて旗の動きを見て実際の仕事をする人とあるが、
  私は旗を振る方でなく、旗を見て実際に仕事をする側の方の仕事をしよう。

3、人のやっていること、やる人の多い仕事はしない。
  新しい仕事か行き詰まって人のやらぬ仕事だけを引き受けてやってみよう。



大正13年4月、岩切は宮崎に帰り、
家の商売(綿糸綿布卸と石油)のみならず、

宮崎回漕合名会社代表社員、
宮崎農工銀行監査役、

そして翌年には宮崎商工会副会長、
合名会社日米商会代表社員
宮崎木材工芸株式会社社長となり、

どんどんどんどん
仕事をしていきます。


大正15年には、宮崎交通の前身である、
宮崎市街自動車株式会社を創立してその社長になりました。

この発端は、
警察部長からの意向で、

宮崎には電車がないので、宮崎市民のために市民の足として
バス事業を経営してもらいたいとのことから生まれたのでした。

フォードのトラックシャシーのうえに
木製の箱を乗せたバスだったそうで、

東京から来た友人に宮崎は不思議な町だ、
「家が町の中を走っている」と言われ大笑いしたことがあったそうです。


事業は順調に行っていましたが、
ここで岩切にとって最悪の事態が訪れます。

岩切章太郎、30代半ばのことでした。


つづきは明日以降に。







私の履歴書─昭和の経営者群像〈3〉





関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/315-d238a75d
    この記事へのトラックバック



    fx