fc2ブログ

宮城県議会議会運営委員会の県外調査に行きました(滋賀県、兵庫県)





1月31日から2月1日まで、
宮城県議会 議会運営委員会の県外調査ということで、
滋賀県議会、兵庫県議会へ超党派で出向き、
議会のペーパーレス化を中心に調査をしてまいりました。


現在、宮城県議会は完全ペーパーレス化に向けて試行中の段階です。


議会運営委員会とは、
議会の運営、ルールなどについて議論をする委員会で、


直接県民に関わる政策とは距離がありますが、
政治家が議論をする土台となる場ですので、
議会の要となる委員会であるとも言えます。


●宮城県議会議会運営委員会


委員長 佐々木 幸士(自由民主党・県民会議)
副委員長 横山 隆光(自由民主党・県民会議)
委員 ゆさ みゆき(みやぎ県民の声)
委員 荒川 洋平(みやぎ県民の声)
委員 天下 みゆき(日本共産党宮城県会議員団)
委員 遠藤 伸幸(公明党県議団)
委員 渡辺 忠悦(立憲・無所属クラブ)
委員 伊藤 吉浩(自由民主党・県民会議)
委員 渡辺 勝幸(自由民主党・県民会議)
委員 佐々木 賢司(自由民主党・県民会議)
委員 石川 光次郎(自由民主党・県民会議)
委員 中島 源陽(自由民主党・県民会議)


●滋賀県議会


定数は44名(宮城県議会は59名)、
大津市を県庁所在地としており、滋賀県は約140万人の県人口。
面積は4017平方キロメートルとなっており、その面積の6分の1が琵琶湖です。


自由民主党滋賀県議会議員団が20、
チームしが県議団が12、
さざなみ倶楽部3、滋賀維新の会3、公明党滋賀県議団2、
日本共産党滋賀県議会議員団2、無所属1。


欠員は1とのことです。


代表質問は全定例会で実施(宮城県議会は2月及び9月定例会)、
5人以上の交渉会派に割り当て。


一般質問は一人年間120分以内、1回の発言時間は30分以内(答弁時間含まず)となっていますが、


令和5年2月定例会より議事運営効率化の取組として1回の発言時間を25分とする取り組みを実施しているそうです。


全議員が5常任委員会のいずれかに所属、
4つの特別委員会は定例会議期間中2回程度、定例会期間外は月1回開催。


県議会だよりを発行、県内全域に新聞折込(6紙)により配布。
また、テレビ広報を実施、定例会議における代表質問、一般質問等を放映。
(宮城県議会では県議会だよりを年4回新聞に掲載)


子ども県議会を実施。子ども議員(小中学生40人程度)が約半年間、
体験活動や学習会を行い、執行部に質問する。


ペーパーレス化の取組では、
タブレット端末の貸与、SideBooksにより審議調査資料の閲覧を実施しており、
議会関係資料は全てペーパーレス化することとしています。


グループウェアはサイボウズを利用して、
連絡や資料共有を実施。


議会のルールはそれぞれの議会により様々な歴史がありますので、
多様な慣習があるわけですが、
今回はペーパーレス化の取組を進めるにあたりどういう取り組みが可能なのかは、
他県の事例を聞くと非常に参考になります。


若い世代の方が多いビジネスの世界からすると、
議会のデジタル化は遅れているように見えると思いますが、
多様な世代、多様な地域から選出されている地方議員が議論をするときに、
完全ペーパーレス化を進めるためには、
漸進的な取組もやむを得ないと思いますが、
いずれは諸課題を乗り越えてペーパーレス化に取り組めると思います。


●兵庫県議会


定数は86名(宮城県議会は59名)、
神戸市という政令市を要する兵庫県議会です。
兵庫県は約536万人の県人口。面積は8401平方キロメートルとなっています。


自由民主党37、
維新の会21、
公明党13、
ひょうご県民連合9、
日本共産党2、
無所属4。


7常任委員会で審査(宮城県議会は6常任委員会)。
議会運営委員会は定数12。


代表質問は全定例会で実施(宮城県議会は2月及び9月定例会)。
一般質問は1日5人で、6月は1日、9月は3日、12月は2日、2月は4日となっています。


質問時間は1人45分以内で、質問30分、答弁15分目途(再質問を含んでの時間とのこと)。
質問方法は、一括、分割、一問一答の各方式から選択。


ペーパーレス化の取組では、兵庫県議会も、
紙資料の配布を廃止しています。


また、オンライン委員会の実施や、
オンライン委員会調査(管内調査)も試行しているとのこと。


しかし、オンプレミス型・WiFiモデルのため、
庁外からペーパーレス会議システムに接続できず、
またタブレットとWindowsPCの二台持ちになっているとのことです。


次期システムの導入に向けて検討を進めているとのこと。


また、本会議場の耐震性能不足問題が生じており、
現在兵庫県議会は議場ではなく、兵庫県公館の大会議室で実施しているとのことで、
立派な公館も見せていただきました。


新たに当選された、斎藤元彦兵庫県知事のもと、
県庁において恒常的に出勤率4割を目指していく「新しい働き方モデルオフィスの実施」を進めているとのこと。


庁舎の改築もこうした働き方の変化に合わせて、
凍結したりしており、県職員の働き方、庁舎の在り方が変化していくのでしょう。


そのためにはやはり紙はなくさなければならないということで、
仕事のやり方も変化していきそうですね。












ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


滋賀、兵庫の取組を調査しましたが、
宮城県議会でのペーパーレス化をさらに進めるための課題も見えてきました。


そして、それぞれの議場に実際に足を運び雰囲気も感じながら、
宮城県議会とのちがい、
ルールのあり方やそれぞれの経緯などを知る貴重な機会でもありました。


議会運営は政策形成や行政と直接は関りがない、
つまり住民生活に直接影響があるものではありませんが、
間接的に大きな影響があるものです。


なかなか取り上げられることも少なく地味な分野ですが、
議会の土台を支える重要な、政治家の醍醐味ともいえる分野ですので、


これからペーパーレス化というテーマも含め、
議会運営の研究も進めていきたいと思っています。


(第4889号 令和6年2月2日(金)発行)
関連記事

コメント

非公開コメント

ご支援御礼(令和元年10月)

渡辺勝幸は令和元年10月に行われた宮城県議選に若林選挙区から立候補し、10,273票という貴重な票をいただき、宮城県議会議員に二回目の当選を果たしました。今後ともふるさと宮城の復興完遂のために尽力してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

宮城県議選若林選挙区(令和元年10月27日執行・投票率28.18%)
当 渡辺勝幸    自民現  10,273
当 三浦奈名美   立民新 7,634
当 福島一恵    共産現 7,047
次 高橋克也    自民新 6,486

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
182位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
東北地方
27位
アクセスランキングを見る>>

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

メルマガを毎日書いています!

【仙台発!】政治家であり起業家である渡辺勝幸の日刊メルマガ。9年以上、3,300日以上連続でメルマガを書いています。政治経済の裏事情、起業家、経営者向けのおトク最新情報を、独自の視点と素早く貴重な情報で、意識の高い経営者、ビジネスパーソンに毎日お届け。1通20円ですが、得られる情報はメディアにないものとなります。失業、起業、震災、選挙落選、そして当選とここ数年波乱万丈な人生を送っている筆者が、東北の真の復興のための活動報告も。著者は宮城県議会議員(仙台市若林区)44歳。起業集団株式会社つくる仙台経営(起業支援、創業スクール事業)、東北大学大学院講師。
メルマガ購読・解除
 

ご支援御礼(平成27年10月)

渡辺勝幸は平成27年10月に行われた宮城県議選に若林選挙区から立候補し、10,041票という貴重な票をいただき、宮城県議会議員に初当選しました。今後ともふるさと宮城に強い経済をつくるために尽力してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

宮城県議選若林選挙区(平成27年10月25日執行・投票率31.28%)
当 渡辺勝幸    自民新  10,041
当 福島かずえ   共産新 9,433
当 細川雄一    自民現 7,490
次 千葉あさこ   民主新 5,849

渡辺勝幸後援会事務所

渡辺勝幸後援会事務所
984-0816 仙台市若林区河原町1-7-29-101
TEL 022-398-6266 FAX 022-398-6269

最近の講演報告・講演実績

検索フォーム

アクセスランキング

ご支援御礼

渡辺勝幸は平成23年11月に行われた宮城県議選に若林選挙区から立候補し、5,042票という貴重な票をいただきましたが、落選いたしました。残念な結果ではありましたが、今後ともふるさと宮城の復興のために尽力してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

宮城県議選若林選挙区(平成23年11月13日執行・投票率34.65%)
当 細川雄一    自民現 7,728
当 本多祐一朗   社民現 6,536
当 千葉達     自民現 6,031
  福島かずえ   共産新 6,000
  渡辺勝幸    無新  5,042
  菊地ゆきお   み新 2,903
  小野寺かずたか 無新 978


120216 gaitorokuchonomeAkXOfoVCMAAmJYo 早朝街頭を続けています。平成24年1月撮影。

渡辺勝幸の政治活動を応援していただける方は、まず無料の「渡辺勝幸後援会メールマガジン」にご登録ください!

【渡辺勝幸応援団よりのお願いです】
渡辺勝幸後援会に入る方法

このブログについてご説明

このブログは、渡辺勝幸が3,300日以上毎日書いているメルマガ「日本一元気になるビジネスマガジン」の過去記事を中心に構成しています。メルマガでは、ブログに書けない話なども書いていますので関心のある方はぜひどうぞ。メルマガ登録はこちらから。

メルマガを3,300日以上毎日書いています

【仙台発!】政治家であり起業家である渡辺勝幸の日刊メルマガ。 9年以上、3,300日以上連続でメルマガを書いています。 政治経済の裏事情、起業家、経営者向けのおトク最新情報を、独自の視点と素早く貴重な情報で、 意識の高い経営者、ビジネスパーソンに毎日お届け。 1通20円ですが、得られる情報はメディアにないものとなります。 失業、起業、震災、選挙落選、そして当選とここ数年波乱万丈な人生を送っている筆者が、東北の真の復興のための活動報告も。 著者は宮城県議会議員(仙台市若林区)44歳。 起業集団株式会社つくる仙台経営(起業支援、創業スクール事業)、東北大学大学院講師。

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QRコード

Facebookページに「いいね!」

「いいね!」するだけで、つくる仙台の日々の更新情報が届きます。たまに「ここだけの情報」をお伝えします!