ありがとうはその場で、その瞬間に─仙台一高の同級生N君とお別れしてきました - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 宮城県議会 不登校・ひきこもり対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議座長。

自由民主党・県民会議
 事務局長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局長。
 芸術文化議員連盟 副幹事長。
 防衛議員連盟 幹事長。
 防災議員連盟 事務局長。
 日越交流宮城県議会議員連盟 幹事長代理。
 みやぎの印刷産業振興を考える議員連盟 事務局長。
 宮城オルレ・トレイル推進議員連盟 事務局長。
 宮城県議会行政書士議員連盟 事務局長。
日韓親善宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県スポーツ議員連盟 幹事。
  宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 副幹事長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党青年局 中央常任委員(東北ブロック)。
自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。

宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
みやぎパラボウリング協会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区PTA連合会理事。
 若林区まちづくり協議会会員。
 沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会会長。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 仙台市地域ぐるみ生活指導連絡協議会幹事。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

ありがとうはその場で、その瞬間に─仙台一高の同級生N君とお別れしてきました

2011年05月31日 18:00

昨日(5/29)、高校時代の同級生N君が
今回の震災で津波の犠牲になったので、
関係者有志がお別れの会を企画してくださり、

私も高校時代N君とは親しくしていたので、
最後のお別れをぜひと思い、
参列してきました。

私は高校時代に応援団をやっていたのですが、
その応援団の一大イベントに、
仙台一高・仙台二高の野球定期戦の応援がありました。

私が団長をしていた当時は人手が足りず、
困っていたところ、
N君と今回お別れの会を企画してくれたH君が中心になって、
裏方作業などを積極的に手伝ってくれました。

応援団応援団。


その中でもN君は、黙々と作業をこなし、
日のあたる応援団幹部の裏方役を最後までしっかりとこなしてくれました。

ときには相手校である仙台二高に言うべきことを言う
調停役を果たし、われらの前線外交官の役目をつとめてくれました。

本当にありがたかった。

N君たちのおかげで、
いまでもこのイベントが続いていると言っても
言いすぎではないと思っています。



時は過ぎ、

同窓会などでしょっちゅう会ったり、

ときには七ヶ宿の山奥で炭を置くイベントでも一緒だったりしました。


仙台の風物詩である


「定禅寺ジャズストリートフェスティバル」


で実行委員を務めていたN君でしたので、

共通の知人とジャズを肴に飲んだり、
卒業してからもいろんな形で交流が続きました。


最後に会ったのは、
昨年末の同窓会。


仙一ホルモン@仙台市青葉区国分町で、仙台一高46回の同窓会をしました
http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-138.html


いま思えば、もっと話をしておけばよかった。

震災後まもなく、
N君が行方不明になったと聞き、
呆然としました。

数週間して遺体があがり、
いろいろ考え思ったとき、後悔したのは、

高校時代支えてくれた彼に、


「ありがとうを言えなかったこと」


です。

いまさら、メルマガに書いても届くわけではないのです。



みなさんも、きっと人生、
これからいろいろな場面があると思います。

ちょっとしたことでも、
感謝の気持ちはその場で、その瞬間に伝えないとダメだなということを
あらためて知らされました。

ぜひ、


「ありがとうはその場で、その瞬間に」


ということをオススメしたいと思います。



最後に、応援団長として
お別れのエールをやらせていただきました。

終わってから、H君と握手して、
何かお互い言おうと思ったのだけれど、

何かお互い言葉が出てこなくて、
ただ握手して別れました。


天国にエールは届いただろうか?






─────────────────────────────────

「彼らの恩忘れぬ 名取・閖上で消防士3人殉職」(河北新報)


 東日本大震災で多くの人が津波の犠牲になった宮城県名取市閖上地区で、市消防署閖上出張所で活動中の消防士3人も殉職した。救助された住民は「彼らのおかげで今がある」と、職務を全うして亡くなった3人に感謝している。

 殉職したのは高橋淳さん(40)、荒川健一さん(36)、野地航(わたる)さん(35)の3人。
 3月11日の大地震直後、閖上2丁目で車椅子生活を送っていた元警察官の赤間憲広さん(62)は自宅で身動きが取れなくなった。タンスが倒れ、玄関で車いすを昇降させる装置も停電で停止。妻や近所の人だけでは動かせず、駆け付けた3人に助け出された。その後も、1人が閖上公民館近くのグラウンドまで約100メートルの距離を車椅子を押して避難させてくれた。
 「(閖上の)市場に避難を呼び掛けに行く」。その言葉が、別れ際の赤間さんの耳に残った。避難した公民館の2階から見ると、安全な場所まで高齢者を送り届け、沿岸部にとって返す3人の姿が目に入った。
 現在、市内の老人ホームで避難生活を送る赤間さんは「消防も警察も自分の命を顧みずに人命救助に当たるのが仕事だが、実際に殉職者が出るのはつらい。私にとって彼らは神様」。職務に殉じた恩人を忘れない。
 「(近くの)日和橋で『急いで逃げてください』と交通整理していた」「市場で車に乗っている民間人に、お年寄りの避難協力をお願いしていた」。赤間さん以外の住民にも、3人の活動は印象に残っていた。
 市消防本部によると、ポンプ分隊長を務めていた高橋さんは温厚だが意志の強い消防士。努力家の野地さんは独自に着衣泳のクラブに参加し、多くの人を救うための勉強を重ねていたという。
 荒川さんは市消防本部予防課の所属だったが、当日は閖上出張所に応援に入っていた。「小さい頃から親に反発せず、優しい子だった」と父の竹捷(かつ)さん(67)は思い返す。「最後まで消防士の責任を全うし、親として誇りに思う」。遺影の息子に語り掛けた。(小木曽崇)


2011年04月25日月曜日





【11/6/6追記】
このメルマガ記事を読んでくださったMさんが主宰しておられる、

NPO法人まほろば教育事業団・広島まほろばの会
http://blog.goo.ne.jp/hyb77192303

における素読の会の教材として、この文章を取り上げてくださるとのありがたいお話をいただきました。
Mさんどうもありがとうございます。

その他いろいろな方からよかったとのご感想いただきました。ありがとうございます。




Click, please!

人気ブログランキングへ






ブログにかけない話などはメルマガ(現在読者数約9000人)で書いています。

いま巷で話題の「日本一元気が出るビジネスコラム」を独自の視点とまだ知られていない情報でお届け。就活で内定をめざし悩むあなた、独立をめざし会社設立、社会起業、アイデアに頭を悩ませるあなた、毎日のビジネスにモデルを描きつつも資格の勉強もがんばるあなた。明日の人生へのヒントを。ビジネス、政治経済、子育て、読書、起業、音楽など、日本一の元気マガジンをめざします。意識の高い経営者、ビジネスマン、起業をめざす方々を中心に読まれています。著者は仙台出身36歳、政策・経営コンサルタント。

下のフォームにメールアドレスを入力し送信ボタンを押すだけで、毎日ためになる情報をお届けします。

















関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/307-d319ea56
    この記事へのトラックバック



    fx