日本経済新聞経済教室 大竹文雄大阪大学教授の「大災害の経済学を考える」 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 宮城県議会 不登校・ひきこもり対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議座長。

自由民主党・県民会議
 事務局長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局長。
 芸術文化議員連盟 副幹事長。
 防衛議員連盟 幹事長。
 防災議員連盟 事務局長。
 日越交流宮城県議会議員連盟 幹事長代理。
 みやぎの印刷産業振興を考える議員連盟 事務局長。
 宮城オルレ・トレイル推進議員連盟 事務局長。
 宮城県議会行政書士議員連盟 事務局長。
日韓親善宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県スポーツ議員連盟 幹事。
  宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 副幹事長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党青年局 中央常任委員(東北ブロック)。
自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。

宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
みやぎパラボウリング協会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区PTA連合会理事。
 若林区まちづくり協議会会員。
 沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会会長。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 仙台市地域ぐるみ生活指導連絡協議会幹事。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

日本経済新聞経済教室 大竹文雄大阪大学教授の「大災害の経済学を考える」

2011年05月30日 18:00


復興について、
ああでもないこうでもないと、
いろいろ思いめぐらしながら、

できることは実行していこうと
少しずついろんなことをやったりしています。

一方で実家も被災しているので、
とりあえず仙台に帰ったときは、
家の中の整理などして
昔のノートやら手紙やら本やらを処分したりしています。


中長期的に復興というものを考えたときに、
識者が喧々諤々いろいろな議論をしていますので、
そういうものも勉強していきたいと思っています。


平成23年5月2日月曜日の日本経済新聞、

「経済教室 大災害の経済学を考える/既得権破り長期成長/再分配と効率化の両立を」

という記事で、大阪大学の大竹文雄教授が
復興に関して経済学的視点から書かれていましたので、
読者のみなさんにシェアしたいと思います。


─────────────────────────

ポイントは以下の通り


大災害、資産が少ない層への影響より深刻

研究でも「短期的な成長鈍化避けられず」

復興計画策定、若手が主導し長期的視野で



─────────────────────────


研究によれば、

日本の家計は様々な個別の家計が直面する、
不況や失業などの所得ショックに対応できていない

そうで、さらに、

阪神大震災のときに生活水準を引き下げざるを得なかった人たちと
そうでない人たちがいる

ことも研究の結果分かったそうです。



つまり、

震災前の時点で担保価値のある資産をもっていた人たちは、
震災後も借り入れができたため、
生活水準を落とさなくて済んでいた。


一方、
震災前の時点で、借り入れが困難な状態にあった人たちは、
震災によって生活水準の低下に直面。
また義援金は生活水準を保つほどには効果がなかった。



研究の結果、
災害が人々に与える影響は一様ではなく、
もともと担保価値がある資産が少なかった人たちに
より深刻な被害が及ぶということ。




わかりやすくいうと、

お金持ちは担保があるから借金できてなんとかなるけれど、

もともとお金持ってなかった人は
借金もできないのでよけいに苦しくなるということ。




また、経済全体としてみた場合、
大災害は、経済成長にマイナスに働くと予想できるし、
復興需要による景気拡大の効果もある。


経済産業研究所の研究によると、

大災害は短期的には経済にマイナスであると。



それでは長期的にはどうであるかと言うと、
研究結果は必ずしも一様ではないのだそうです。


その中で、大災害に見舞われた国が
長期的に高い経済成長を達成する
という結果が得られるのは、


シュンペーターのいう創造的破壊のプロセスが
大災害によって加速されるから
ではないか、


と外谷英樹名古屋市立大学准教授は解釈しています。


大災害が非効率な産業の衰退を速め、
より効率性の高い産業に転換されていく


ということなのだそうです。


震災復興を契機に、

産業構造を変え、生産性を高めていく。
教育によって人的資産を蓄積する。




さらに、大竹教授は、
復興計画で地域の特性をいかすには、
方向性を決める際、

長期の視点を取り入れることを必要条件としていくべき
としています。


復興政策に携わる人は、
例えば30歳代や40歳代に限定し、
50歳以上の人々は知識や資金の面で
彼らを応援することに徹するといった工夫も必要だと。

なぜ年齢で制限するかと言うと、
被災地域の多くは高齢化率が高く、
単純に政治的なプロセスで復興計画を策定すると、
短期的な視野の復興計画がつくられる可能性が高いから。

既得権を中心とした復興計画であれば、
災害後の経済成長は期待できない
と。





うちもけっこうな被害を受けましたが、
それでも二重ローンに苦しんでいる方々に比べれば、
まだいいほうだとおもいます。

影響が大きく困っている方々への政策的支援は
細かく丁寧に見ていかなければなりませんね。

復興を契機に産業構造を変え、
生産効率を上げるようにしていく。

若い世代でがんばっていきたいものです。

関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/306-eea87f94
    この記事へのトラックバック



    fx