fc2ブログ

宮城県議会大震災復興調査特別委員会で県内調査その2ー亘理町、東松島市、気仙沼市、南三陸町を訪問

337421955_231039639414023_7614605946326559314_n.jpg


3月22日から24日にかけて、
宮城県議会大震災復興調査特別委員会の県内調査で、
被災自治体を訪問し、復興の現状についてお話を伺ってまいりました。

22日名取市、山元町、岩沼市
23日亘理町、東松島市、鮪立漁港(気仙沼市唐桑)
24日気仙沼市、南三陸町311メモリアル



各自治体における復興の現状と課題について、
非常に有意義なお話をたくさん伺うことができました。


「被災者支援、心のケア・復興について」
「災害公営住宅の現状について」
「東日本大震災の伝承への取組について」
「福島第一原発処理水放出による風評被害等の影響について」
「自治体が考える課題等について」



亘理町 山田周伸町長はじめ町議会、町幹部の皆様
東松島市 あおい地区の小野竹一会長はじめ市議会、市幹部の皆様
鮪立漁港 県気仙沼地方振興事務所の皆様
気仙沼市 菅原茂市長はじめ市議会、市幹部の皆様
南三陸町 南三陸町311メモリアル


336181368_3496786677308302_1518747420888975865_n.jpg

各市町議会議長はじめ議員の方々、
市町の職員幹部の方々にご同席いただき、
復興の状況について詳細にご教示いただきました。

ハード面での復興は完了してきていますが、
被災した地域においては連動して様々な課題が生じてきており、

阪神大震災の復興は、25年とも30年とも言われていますが、
12年経った現在においても、あるいはだからこそ、次の課題が生じているとも感じられました。

人口減少やコロナ禍は全国的な課題ですが、
被災地においては複合的に課題が先進的になっている状況もあります。

国の支援だけではなく、防災という観点等からみて、
モデル的に取り組むべきテーマがたくさんある、
そうであるならばやはり国を挙げて、県を挙げて、
取り組んでいかなければならないと感じました。


亘理町では防災倉庫整備事業も進んでおり、
備蓄品の整備など次の災害に備えた動きが印象的でした。

東松島市では、被災以前からまちづくりに熱心な自治体でしたが、
あおい地区の住民と行政の協働まちづくりが震災後いかに進められたか、
また現在の課題についてもご教示いただきました。

気仙沼市唐桑の鮪立漁港では、復興が進んだとはいえ、
ハード面での復興がまだ完了していない現場を見てきました。

この漁港は、有名な唐桑の「つなかん」が目の前にあり、
美しい景色が広がっています。
渡辺謙さんが語りで出演した映画化もされていますので、
ぜひ関心ある方にはご覧いただきたいと思います。

映画「ただいま、つなかん」
⇒ https://tuna-kan.com/


337414866_235841465519577_167498687001780736_n.jpg

気仙沼市では、菅原市長はじめ市議会の方々からも活発にご意見を賜り、
やはりコミュニティの再生・維持には難しいものがあることを感じました。

337274753_440477871609725_4309822839292627744_n.jpg

南三陸町では昨年10月に開館した、「南三陸311メモリアル」を訪問、
ラーニングプログラムを体験しました。

このラーニングプログラムは自分自身のこととして、
自然災害について学び合う南三陸311メモリアルのメインコンテンツ。

住民の証言映像をご覧いただき、
「もし自分がそこにいたら、どう考え行動するか」をまわりの人と対話しながら考えます。

このメインコンテンツは、南三陸町の町民90人に80時間のインタビューをしてつくられたものとのことで、
防災という観点からも、議会や行政関係者の皆様には、
ぜひ全国から訪問して体験してほしいと感じました。

またクリスチャン・ボルタンスキーの現代アートや、
隈研吾さんの建築など、
視察や教育旅行としても充実した内容になっているものと感じます

さんさん商店街では、写真家佐藤信一さんにもひさしぶりにお会いすることができました。

337524946_199560312771144_3462738602976147111_n.jpg

337722442_694796989066274_8648716150219275204_n.jpg

3日間県内被災地をくまなく回るハードスケジュールでしたが、
ハード面での復興だけが復興ではないということを改めて感じました。

とはいえ、ここからの課題は、おそらく被災地以外の方々にはわかりにくいものとなり、
全国共通の課題が、被災により複合的に悪化しているということを
宮城県として国に対して訴えていかなければならないと感じます。

同時に、課題先進地であるだけではなく、
防災という観点では全国の行政のモデル的存在になることができるという可能性も感じました。

「備え」をどう考えるか、
全国の地方議員の同志のみなさんにも、
宮城県の被災市町の取組をぜひ共有していきたいと思っています。


お忙しいところ、県内調査の機会をいただいた皆様に、
心より感謝申し上げます。


関連記事

コメント

非公開コメント

ご支援御礼(令和元年10月)

渡辺勝幸は令和元年10月に行われた宮城県議選に若林選挙区から立候補し、10,273票という貴重な票をいただき、宮城県議会議員に二回目の当選を果たしました。今後ともふるさと宮城の復興完遂のために尽力してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

宮城県議選若林選挙区(令和元年10月27日執行・投票率28.18%)
当 渡辺勝幸    自民現  10,273
当 三浦奈名美   立民新 7,634
当 福島一恵    共産現 7,047
次 高橋克也    自民新 6,486

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
370位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
東北地方
51位
アクセスランキングを見る>>

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

メルマガを毎日書いています!

【仙台発!】政治家であり起業家である渡辺勝幸の日刊メルマガ。9年以上、3,300日以上連続でメルマガを書いています。政治経済の裏事情、起業家、経営者向けのおトク最新情報を、独自の視点と素早く貴重な情報で、意識の高い経営者、ビジネスパーソンに毎日お届け。1通20円ですが、得られる情報はメディアにないものとなります。失業、起業、震災、選挙落選、そして当選とここ数年波乱万丈な人生を送っている筆者が、東北の真の復興のための活動報告も。著者は宮城県議会議員(仙台市若林区)44歳。起業集団株式会社つくる仙台経営(起業支援、創業スクール事業)、東北大学大学院講師。
メルマガ購読・解除
 

ご支援御礼(平成27年10月)

渡辺勝幸は平成27年10月に行われた宮城県議選に若林選挙区から立候補し、10,041票という貴重な票をいただき、宮城県議会議員に初当選しました。今後ともふるさと宮城に強い経済をつくるために尽力してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

宮城県議選若林選挙区(平成27年10月25日執行・投票率31.28%)
当 渡辺勝幸    自民新  10,041
当 福島かずえ   共産新 9,433
当 細川雄一    自民現 7,490
次 千葉あさこ   民主新 5,849

渡辺勝幸後援会事務所

渡辺勝幸後援会事務所
984-0816 仙台市若林区河原町1-7-29-101
TEL 022-398-6266 FAX 022-398-6269

最近の講演報告・講演実績

検索フォーム

アクセスランキング

ご支援御礼

渡辺勝幸は平成23年11月に行われた宮城県議選に若林選挙区から立候補し、5,042票という貴重な票をいただきましたが、落選いたしました。残念な結果ではありましたが、今後ともふるさと宮城の復興のために尽力してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

宮城県議選若林選挙区(平成23年11月13日執行・投票率34.65%)
当 細川雄一    自民現 7,728
当 本多祐一朗   社民現 6,536
当 千葉達     自民現 6,031
  福島かずえ   共産新 6,000
  渡辺勝幸    無新  5,042
  菊地ゆきお   み新 2,903
  小野寺かずたか 無新 978


120216 gaitorokuchonomeAkXOfoVCMAAmJYo 早朝街頭を続けています。平成24年1月撮影。

渡辺勝幸の政治活動を応援していただける方は、まず無料の「渡辺勝幸後援会メールマガジン」にご登録ください!

【渡辺勝幸応援団よりのお願いです】
渡辺勝幸後援会に入る方法

このブログについてご説明

このブログは、渡辺勝幸が3,300日以上毎日書いているメルマガ「日本一元気になるビジネスマガジン」の過去記事を中心に構成しています。メルマガでは、ブログに書けない話なども書いていますので関心のある方はぜひどうぞ。メルマガ登録はこちらから。

メルマガを3,300日以上毎日書いています

【仙台発!】政治家であり起業家である渡辺勝幸の日刊メルマガ。 9年以上、3,300日以上連続でメルマガを書いています。 政治経済の裏事情、起業家、経営者向けのおトク最新情報を、独自の視点と素早く貴重な情報で、 意識の高い経営者、ビジネスパーソンに毎日お届け。 1通20円ですが、得られる情報はメディアにないものとなります。 失業、起業、震災、選挙落選、そして当選とここ数年波乱万丈な人生を送っている筆者が、東北の真の復興のための活動報告も。 著者は宮城県議会議員(仙台市若林区)44歳。 起業集団株式会社つくる仙台経営(起業支援、創業スクール事業)、東北大学大学院講師。

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QRコード

Facebookページに「いいね!」

「いいね!」するだけで、つくる仙台の日々の更新情報が届きます。たまに「ここだけの情報」をお伝えします!