永田雅一(大映社長)─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

永田雅一(大映社長)─昭和時代の私の履歴書

2011年05月25日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。


私の履歴書─昭和の経営者群像〈3〉


永田 雅一(ながた まさいち)は、
日本の実業家、映画プロデューサー、プロ野球オーナー、馬主。

昭和初期から後期にかけて活動していた。
大言壮語な語り口から「永田ラッパ」の愛称で知られる。

戦後、河野一郎や岸信介との交流から、
一時政界のフィクサーとして有名。


明治39年京都市生れ。
大正13年日活入り、
昭和9年第一映画社創立、
17年大日本映画製作(大映)専務、
22年から追放期間を除き46年倒産するまで社長。
『羅生門』など日本映画の最盛期を作った。
60年10月24日死去。


「私の履歴書」は昭和32年5月に連載している。



永田雅一は、明治39年1月8日に
京都市中京区三条通り油小路下ルに生まれます。

生家は染料と友禅の問屋で、
いわゆる素封家でしたが、
永田が三歳のころから家運が傾き始めます。

工場が火事になったり、
お手伝いと小僧が金を持って駆け落ちしたり、
転落に拍車がかかります。

しまいには父が友人の借金の保証をして破産に。

借家住まいとなったのが、小学校に上がったころの話。


父はそんなときでも一升酒を飲み、
母の信仰は深くなっていきます。

母は日蓮宗の総本山である身延山に年に二、三回参詣し、
朝晩読経を上げていました。

永田もいつの間にかお経を読むようになっていました。


母の悲願は、没落した永田家をなんとか再興、
雅一の代で再建できればと。
十二、三歳の永田少年は母の願いを成就させたいと考えていました。


小学校時代の永田は優秀で、組長か副組長をしていましたが、
中学校に行く気はありませんでした。

家を再興するには、金を儲けなければ。
小僧に行こうと。

両親はあきれましたが、強い決意に、
母方の親戚のおじが東京に出ているということで、
永田は青雲の志をいだき上京することになりました。



おじは東京証券交換所で常務をしていたのですが、
こういうところは小僧になるのにも
中学くらいの学歴がいるらしく、
補欠試験を受けて永田は大倉商業に入ります。

いまの東京経済大学、大倉喜八郎の作った学校ですね。


おじの家では、書生やお手伝いさんと一緒に
拭き掃除、草むしり、靴磨きなどをさせられます。

ところが突如父親が47歳で脳出血により急死。
ここで永田は張り詰めていたものが急激にしぼんでいきます。

なぜなら、両親健在のうちに永田家を復興させたいと
燃ゆるがごとき念願が挫折してしまったから。

大倉商業は4年で中退、
おじの家からもいたたまれず出てしまいます。


社会の風当たりは強く、
文房具の配達などをしてやっと月に12,3円をかせぐ。
下宿代は月15円なので、足りない分を母にねだるという状況。

その日、その日を過ごしているうちに、

大正12年9月1日。

関東大震災が起きます。


永田は青年団の一員として整理によく働きます。
それが認められ、避難民を送る長崎丸に便乗を許され、
神戸に行き、京都に帰ることができました。

心配していた母親は息子の帰郷を泣いて喜んでくれます。



そのころ京都では、
労働運動や社会主義運動が急速に台頭していました。

世の中も混乱し、自分の思いも挫折し、
友達も大勢走っていたということもあり、
永田は次第に社会主義にかぶれていきます。

特高に絶えず尾行されたのも一種のスリル。
英雄気取りでいろいろなデモや集会に参加し、
それ以外は特になすこともなくブラブラしていました。


震災後の社会不安が、
多感な青年を社会主義運動に走らせたというところでしょうか。

となると、
現代の震災後も、社会不安から
さまざまな社会運動、政治運動が
これから起こってくるのかもしれません。


母は永田のこの状況に、大いに嘆きます。


────────────────────────
【引用ここから】


没落して自分の夫婦の代では家が再建できなかった。

せめてセガレにと期待をかけていた。

そのセガレは関東大震災で危い生命が助かって、
やれうれしやと将来を楽しみにしていたところ、

こともあろうになんぞや、
警察官に夜となく昼となく尾行される身の上とは!

母は父の位牌を膝の前にして私を折檻した。
泣いて口説きもした。

しかししょせんは時代の相違である。

『お前のようなものを家においてはご先祖に申しわけがない。出ていっておくれ』

お定りの愁嘆場となった。


【引用ここまで】
────────────────────────


母の家から追放され、
京都の簡易食堂旅館に友人のつてで流れ込みます。

これを経営していたのが、日活の池永浩久で、
食堂で三度に一度は会っていました。

あるとき、池永が永田らに対し意見します。


「君らいい青年が、なすこともなくブラブラしているとは、なんていうザマだ。

 第一、社会主義とはなんであるか心得ているのか。

 君らは、ほんとうのところ社会主義者でもなければ、不良青年でもない。

 それでは一体、なんなんだ』


永田はこのときのことを覚えていて、
大正13年の年末、
友だちと一緒に撮影所の近くを通ったとき、
池永を訪ねる気になり、初めて撮影所というものを見学します。

当時はサイレント時代、映画は幼年期。
しかしひとわたり撮影所を見て、永田は非常な感動を覚えました。

これは新しい仕事だ、真に創造的な仕事だ、
よしこの世界に飛び込んでやろう、

そう思って率直に自分の考えを池永に告げます。

永田は、上京した時のこと、父が死んだとき、
母に折檻されたことなど走馬灯のように思い出しながら、

働こう、という気持ちが体の中から澎湃として
湧き上がってくるのを覚えたのだそうです。


働きはじめて三カ月、毎朝きちんと定時に出かけ、
その精励ぶりからそこそこの給料をもらうようになりました。

給料帳を持って母親のところへ行き、
「まじめにこの通り働いているから」と詫びを入れます。

母親も喜んでくれ、
かくて永田は晴れて自分の家から毎朝出勤する身となったのでした。


それからのち、大過なく勤め、給料も徐々に上がり、
八年目の昭和七年には120円の給料取りになります。

これは当時ちょっとした銀行の支店長級のサラリーでしたが、
思いがけぬ落とし穴が待っていました。



恩人でもあった、池永浩久が突如失脚したのでした。



当時日活の常務にまでなっていた池永は、
時に利あらず、放漫政策のゆえをもって
横田社長から辞めさせられたのでした。

他の二、三の重役も同時に辞任、
撮影所千四、五百人の従業員に対し

『二百人の首を切る。一割減俸』

という言い渡しが突然行われたのでした。
昭和七年の日活大旋風といわれるものです。

当時は労働組合もない時代で、
「減俸反対」とてんでんに叫んでいるだけ。

いくらかでも社会主義をかじっていた永田は
頼もしく見えたらしく、

「減俸反対期成同盟」

を立ち上げ、委員長を選挙で選んだところ永田が当選。

いまでいうところの労使交渉を行います。
退職金を引き上げさせ、希望退職者を募り、
なんとか減俸を免れます。

争議は解決したのでした。


しかしその後、分裂騒ぎがあり、
永田は製作部長兼企画部長兼総務部長として、
俳優や監督を引き抜き東奔西走、

トーキーの第一作となる「丹下左膳」を売り出したところ、
空前の大ヒットとなったのでした。



丹下左膳 [DVD]
阪東妻三郎 (出演), 淡島千景 (出演), 松田定次 (監督) | 形式: DVD




永田は日活再建にさらに尽力、
東京の「日劇」と大阪の「大劇」の乗っ取りを
中谷社長から命じられます。

大劇乗っ取りは失敗しますが、
日劇との提携には成功。



当時のトーキー映画は、いまでいうと新興勢力、
ネットビジネスみたいなものと言えるかもしれませんね。

永田は若くして頭角を現し、
才覚を生かして、日活を再建して
新しい時代を切り開こうとしていたように思えます。

丹下左膳のヒットは永田にとって
大きな仕事を成し遂げた実感のある出来事だったと思います。


しかし好事魔多し。

昭和9年8月に悲劇が訪れます。

永田は三十歳を前にして岐路に立たされたのでした。


明日に続けたいと思います。





私の履歴書─昭和の経営者群像〈3〉






関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/301-21cc3019
    この記事へのトラックバック



    fx