アサヒビールのCSR活動の原点 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

アサヒビールのCSR活動の原点

2011年05月19日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。


私の履歴書─昭和の経営者群像〈3〉


山本為三郎のお話の続きです。


昭和14年、ビール界は生産173万5000石という最高記録を達成、
山本は絶頂期を迎えていました。

ビールの原料である大麦や砕米も、
食糧に影響のないよう、
お上に迷惑をかけずにとやってきていましたが、

昭和20年5月、ときの大蔵省主税局長池田勇人氏に呼び出されます。
会議室には、陸軍と海軍の幹部も臨席、


「もうわれわれは安閑としてビールを飲んでいられるときではない。

 一部の工場を軍へ渡してもらう。

 その工場で、居抜きのままの設備と原料を使って醗酵をやり、それから液体燃料を造って航空用にする」

はじめから命令でした。


大工場の目黒とキリンの広島工場を渡せと言われ、
翌朝目黒工場に政府関係者が視察にやってきます。

しかし皮肉なことに、前夜の空襲で工場は全焼。

「山本五十六元帥は、航空機上では炭酸ガスが不足するので、
 ビールと一緒に炭酸ガスを飲んで耐久時間を長くすると言われていた。

 ビールを造ることも国策ではないか」

と山本は主張するも、

とにかく、工場二つと手持ちの原料をみな出せとのこと。


これではビール会社は完全にお手上げ。
七十年近く続いたビール業の幕をここで閉じるのかと思ったそうです。

まもなく、山本の自宅も焼失、大阪の家も空襲でやられます。

そして八月の終戦を迎えました。


不幸中の幸いは、ビール工場の軍需転換が途中でストップしていたこと。
もう半年も戦争が続いていたら、
相当の打撃だったろうと山本は述べています。

いったん生産設備を失い、
ビールが出ないとなればホップの栽培も打ち切りとなります。

ホップ、酵母、麦を元通りに回復するには、
少なくとも五年や七年の歳月を要したことだろうと。



戦後昭和21年、GHQの占領下で、またもや、
酒はすべてストップ、原料は全部供出しろとの命令が下ります。


この命令が出る前に、GHQの経済科学局最高顧問だった、
リチャード・A・メイという友人が、山本を訪ねます。

リチャードは、GMの四代目の日本代表者だった男で、
山本に

「日本のビールはどうなるのかね」

とたずねます。

山本は率直に、

「最高170万石までになったが、現状では50万石前後しかできていない。
 麦が20万石あれば何とか続けていけるんだが。」

と話します。

この後、リチャードは、マッカーサーに説明し、

「日本の食糧生産は戦争のため昨二十年が最低記録で、

 米は4500万石、雑穀は1500万石しかできない。総計6000万石。

 ところでビールの製造を続けるのには麦が20万石あればよろしい。

 300分の1。たった一日分の食糧ではないか。

 食糧配給を一日ずらせば日本人にビールが飲ませられるのだ。

 こういうことを考えてやるのが米国の占領政策ではなかろうか」

と述べ、GHQの人たちも納得したのだそうです。
しかもビールだけではなく、酒類全部が助かりました。



また戦後間もなく、独占禁止法ができることになり、
当時の日本のビール界では、

山本のいた大日本麦酒が七割五分のシェアを占めていたため、
問題とされました。

そこで、会社を二つに分けることにし、
社員は同じ学歴、同じ能力のカップル(一対)の組み合わせを
つくって双方に分かれさせる。

工場も全国的に平均し、
生産能力も販売地盤も均衡のとれた理想的な二分割案をつくったのでした。

そして昭和24年9月1日、
朝日麦酒、日本麦酒が分離、発足しました。

現在のアサヒビールとサッポロビールですね。



山本は、ロータリークラブ活動や外国音楽家の招へいなど
企業外活動にも熱心に取り組みます。

いまでもアサヒビールのCSR活動は熱心ですね。

大正12年にはヴァイオリニスト、ハイフェッツを日本に招きます。
ハイフェッツの話は、なるほどなあと思いました。


────────────────────────────────
【引用ここから】


ハイフェッツは言葉を続けて言った。

『山本さん、あなた方は日本にいて何も苦労がない。

 島国で一系の皇室をいただき、同じ言葉を使い、

 ともに喜び、ともに悲しむことができる。

 実に幸福だ。

 私の生まれたエストニアは、ヨーロッパ戦争のため、
 ドイツ領になったりロシア領になったり、
 国際連盟の管理になったり、六たび国籍が変わった。

 われわれの国では財産というものがもてない。

 結局、身につけたものよりほかに、財産はないのだ。

 学問とか芸術とか、身体についたもの以外は財産ではない。

 あなた方から見れば音楽で明暮れるわれわれの生活を楽しいように思われるかもしれないが、
 はなやかなわれわれの生活の裏は実に涙なのだ』

(中略)

涙を浮かべてせつせつと語るハイフェッツの話に、
私も思わず目がしらを熱くした。

私はこのときハイフェッツの人間性に触れたような気がし、
ひたむきな彼の性格の中に、実に繊細な神経がかよっていることを痛いほど感じた。


【引用ここまで】
────────────────────────────────



山本は、民芸運動への支援、東宝映画の支援、
新大阪ホテルの創立、などなど積極的に
関西地域の発展などにも寄与していきます。


読み終えてみて感じるのは、山本為三郎という人は
根津嘉一郎、宮島清次郎といった先輩に恵まれた人だなあということです。

もちろんそれは、山本自身が父親ほど年の離れた先輩と
媚びず、しかし誠実に礼儀正しく付き合ったからこそなんだろうと
思います。


根津嘉一郎は、山本いわく

「目下の人には将棋の駒を落として付き合うことのできる人」

だったということで、
これもまた懐の深さを感じさせます。




現在のアサヒビールは、ビール類シェア首位。
総合酒類・飲料メーカーであり、カゴメの筆頭株主。
自販機でカルピスと連携もしています。

東日本大震災で操業停止中の福島工場(福島県本宮市)が
6月中に再稼働する見通しとなったそうで、
東京電力管内以外の工場ではフル生産をするそうです。

この夏はビール系飲料を1割増産するそうで、
アサヒビールは攻める夏となりそうです。







私の履歴書─昭和の経営者群像〈3〉
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/295-88c7c68f
    この記事へのトラックバック



    fx