fc2ブログ

「東京2020オリンピック」から私たちが学ぶべきことは多い

4213042_s.jpg


令和3年(2021年)7月23日に、

「東京2020オリンピック」
⇒ https://olympics.com/tokyo-2020/ja/

の開会式が、国立競技場にて行われました。


日本で開催される2回目のオリンピックでありますが、
新型コロナウイルス感染症が全世界で拡大したために一年延期をするという、
たいへん厳しい状況下での開催となりました。

開会式においては各国選手が入場しながらも無観客ということで、
これもまたオリンピック史上初めてとのことです。


本来であれば昨年開催されていたはずのオリンピックであり、
また紆余曲折や様々な批判も多かった大会でしたが、

まずは無事にわが国の首都で開会式が行われたことに、
ほっとしたという安心とうれしさを感じました。


たくさんのアスリートが、
この大会に向けて尋常ならぬ努力を重ねてこられたこと、
そしてこの大会を実現するために、
裏方として多くの方がご努力をされてきたことに、
まずは感謝の気持ちと応援をしたいなと思うところです。


周辺警備には全国の警察本部の方々が数カ月をかけて尽力をされていますし、
会場の国立競技場をはじめ周辺施設整備に携わった方々も、
たくさんいらっしゃったことと思います。

警備には宮城県警察からも人員派遣がされていますし、
新国立競技場には、47都道府県の木材が利用されているとのことで、
宮城県からも南三陸町の木材が使われています。

復興五輪ということで宮城県においてもサッカー競技が開催され、
有観客ということで賛否両論ありましたが、
その試合内容も楽しみにしているところです。


今回の東京オリンピックも日本の総力が結集されており、
アスリート以外の方々の、見えないけれどもそれぞれの分野で、
力を発揮されていることにあらためてありがたいことだなと思います。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


昭和39年(1964年)の前回東京オリンピックでも、
当時の英知を結集して国立競技場が建設され、
東海道新幹線や首都高速道路など、日本人の各分野の力が発揮され
東京の都市としての力がオリンピックを契機として高まったと言われています。


しかしあまり言われていませんが、
歴史を紐解くと、前回昭和39年のオリンピックにおいても、
国内で「なぜ今オリンピックなのか」という声があったのだそうです。


その一つの理由は、戦後まだ20年たっていないなかで、
復興は途上であり、国力に余裕はないというもの。
まだまだ「戦後」であり、敗戦国から抜け出すという雰囲気ではなかった時代でした。


もう一つの理由は、昭和39年が歴史的な水不足の年となり、
オリンピック開始直前まで、東京の水がめが干上がってしまい、
都民の生活が立ち行かなくなるほどの大渇水となってしまったことにより、
政府に対する大きな不満がぶつけられていたのだそうです。


そのなかで、当時の池田内閣は、
こうした大きな批判のなかで、
田中角栄大蔵大臣や、河野一郎オリンピック特命担当大臣、
小泉純也防衛庁長官を中心として、水不足対策等に奔走していたのでした。


しかしこのオリンピックが終わってみると、
わが国は高度経済成長、急速な復活を遂げ、
再び国際社会の中心に復帰する大きな転換点であったと評価されることになりました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


また、オリンピックは平和の祭典であり、
開催期間中はいかなる戦争も政争も控えるというのが、

「オリンピック休戦」

の意味であるとされています。

紛争をスポーツに置き換えることで争いをなくすという理念は、
平和国家である日本においてオリンピックが開催される
今回も大切にしていかなければならないと思います。


昨年来、コロナ禍においては、
私もそうですが、不安や怒りがあふれ出す毎日になっています。

不安や怒りが行き着く先がどうなるかは、
歴史が証明しているところです。

和の国である日本が果たすべき役割は大きいのではないでしょうか


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


そして、わが国のアスリートだけではなく、
全世界から素晴らしい選手が東京へ、そして宮城にもやってきます

オリンピック開催期間中は、選手の紹介などを通して、
アスリートから学ぶことも多くありますね。

世界レベルのアスリートは、
肉体的にトップレベルであることはもちろんですが、
精神的にも、その生き方などを尊敬すべき方が多いので、
試合以外のところにも目を向けていきたいところです。


オリンピック憲章にもその精神は書かれていますが、
オリンピックの価値は、
卓越、友情、敬意の三つにあるとされています。


「卓越」
スポーツに限らず人生においてベストを尽くす。
体と頭と心の健全な調和をはぐくむ。

「友情」
スポーツでの喜びはもちろんのこと、チームでともに戦ったり、
対戦相手とも交流することで、友情をはぐくみ、
結果として平和でよりよい世界の構築に寄与する。

「敬意」
対戦相手にも互いに敬意を払い、
ルールを尊重することでフェアプレー精神をはぐくむ。


この三つの精神は、世界レベルのアスリート、オリンピアンだけではなく、
私たち普通に毎日を暮らす人間にでも、
すぐにでも取り入れることのできる大切な精神ではないかと思います。



いま私たちが日本に生きていることは、
ありがたいことであり、
そしてこの東京オリンピックが開催される年にめぐりあうこともまた、
ありがたいことであるなと思います。

そしてオリンピックが自国で開催されるからこそ、
さらに関心も抱くものですし、
オリンピックから学ぶべきことは多いのではないかと感じます。


全世界のオリンピアンの活躍を目にしながら、
そしてオリンピックの価値、平和の祭典を感じながら、
およそ一カ月、東京オリンピックから多くのことを学んでいきたいなと思うところです。



関連記事

コメント

非公開コメント

ご支援御礼(令和元年10月)

渡辺勝幸は令和元年10月に行われた宮城県議選に若林選挙区から立候補し、10,273票という貴重な票をいただき、宮城県議会議員に二回目の当選を果たしました。今後ともふるさと宮城の復興完遂のために尽力してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

宮城県議選若林選挙区(令和元年10月27日執行・投票率28.18%)
当 渡辺勝幸    自民現  10,273
当 三浦奈名美   立民新 7,634
当 福島一恵    共産現 7,047
次 高橋克也    自民新 6,486

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
132位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
東北地方
20位
アクセスランキングを見る>>

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

メルマガを毎日書いています!

【仙台発!】政治家であり起業家である渡辺勝幸の日刊メルマガ。9年以上、3,300日以上連続でメルマガを書いています。政治経済の裏事情、起業家、経営者向けのおトク最新情報を、独自の視点と素早く貴重な情報で、意識の高い経営者、ビジネスパーソンに毎日お届け。1通20円ですが、得られる情報はメディアにないものとなります。失業、起業、震災、選挙落選、そして当選とここ数年波乱万丈な人生を送っている筆者が、東北の真の復興のための活動報告も。著者は宮城県議会議員(仙台市若林区)44歳。起業集団株式会社つくる仙台経営(起業支援、創業スクール事業)、東北大学大学院講師。
メルマガ購読・解除
 

ご支援御礼(平成27年10月)

渡辺勝幸は平成27年10月に行われた宮城県議選に若林選挙区から立候補し、10,041票という貴重な票をいただき、宮城県議会議員に初当選しました。今後ともふるさと宮城に強い経済をつくるために尽力してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

宮城県議選若林選挙区(平成27年10月25日執行・投票率31.28%)
当 渡辺勝幸    自民新  10,041
当 福島かずえ   共産新 9,433
当 細川雄一    自民現 7,490
次 千葉あさこ   民主新 5,849

渡辺勝幸後援会事務所

渡辺勝幸後援会事務所
984-0816 仙台市若林区河原町1-7-29-101
TEL 022-398-6266 FAX 022-398-6269

最近の講演報告・講演実績

検索フォーム

アクセスランキング

ご支援御礼

渡辺勝幸は平成23年11月に行われた宮城県議選に若林選挙区から立候補し、5,042票という貴重な票をいただきましたが、落選いたしました。残念な結果ではありましたが、今後ともふるさと宮城の復興のために尽力してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

宮城県議選若林選挙区(平成23年11月13日執行・投票率34.65%)
当 細川雄一    自民現 7,728
当 本多祐一朗   社民現 6,536
当 千葉達     自民現 6,031
  福島かずえ   共産新 6,000
  渡辺勝幸    無新  5,042
  菊地ゆきお   み新 2,903
  小野寺かずたか 無新 978


120216 gaitorokuchonomeAkXOfoVCMAAmJYo 早朝街頭を続けています。平成24年1月撮影。

渡辺勝幸の政治活動を応援していただける方は、まず無料の「渡辺勝幸後援会メールマガジン」にご登録ください!

【渡辺勝幸応援団よりのお願いです】
渡辺勝幸後援会に入る方法

このブログについてご説明

このブログは、渡辺勝幸が3,300日以上毎日書いているメルマガ「日本一元気になるビジネスマガジン」の過去記事を中心に構成しています。メルマガでは、ブログに書けない話なども書いていますので関心のある方はぜひどうぞ。メルマガ登録はこちらから。

メルマガを3,300日以上毎日書いています

【仙台発!】政治家であり起業家である渡辺勝幸の日刊メルマガ。 9年以上、3,300日以上連続でメルマガを書いています。 政治経済の裏事情、起業家、経営者向けのおトク最新情報を、独自の視点と素早く貴重な情報で、 意識の高い経営者、ビジネスパーソンに毎日お届け。 1通20円ですが、得られる情報はメディアにないものとなります。 失業、起業、震災、選挙落選、そして当選とここ数年波乱万丈な人生を送っている筆者が、東北の真の復興のための活動報告も。 著者は宮城県議会議員(仙台市若林区)44歳。 起業集団株式会社つくる仙台経営(起業支援、創業スクール事業)、東北大学大学院講師。

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QRコード

Facebookページに「いいね!」

「いいね!」するだけで、つくる仙台の日々の更新情報が届きます。たまに「ここだけの情報」をお伝えします!