人間の究極のしあわせとは何か?─『利他のすすめ』大山泰弘(日本理化学工業会長) - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 総務企画委員会副委員長。
 宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会委員。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。

宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。42歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。
平成28年 宮城県議会 保健福祉委員会 委員。 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

人間の究極のしあわせとは何か?─『利他のすすめ』大山泰弘(日本理化学工業会長)

2011年05月09日 11:00


『日本でいちばん大切にしたい会社』という本があります。
そこで紹介されている、日本のシェアナンバー1のチョークを
作る会社の会長さんが書いたお話です。

この会社は、社員74人のうち、
なんと55人が知的障害者。






震災以来、

日本人の価値観に変化が起きたように感じます。
震災前は、


自己中心的
お金中心的



に世の中が回っていました。

いや、私はそうではないよという人も、
ちょっぴりどこかで思い当たるフシがあるはずです。


そうは言っても現実は自分のことを大事にしなきゃいけないし、
生きていく上ではお金は大事だよと思ってはいるでしょうが、

震災を経て、多くの方々が、
困っている人のために、自分のお金を、物資を、
人によっては体を使ってボランティアにまで行き、

誰かのために力を尽くしていました。



私は、みなさんに、
被災地の小学生にえんぴつを、と呼びかけましたが、

あっという間に多くの人が
たくさんの物資を送ってくださり、


「このような機会を設けてくださりありがとう」


とのそれこそありがたい言葉までいただきました。

こちらこそ、自分のふるさとの子どもたちのために
ありがたいなと思いながら、
不思議なことだなあと思っていました。



最近出版されたこの『利他のすすめ』は、
この私の疑問に答えを出してくれたように思います。

たいへん読みやすく、わかりやすい本ですので
ぜひ多くの人に読んでいただければと思います。



【周利槃特の話】


本書で紹介されていたお話です。

昔、お釈迦様の時代に周利槃特(しゃりはんどく)という人がいました。

この人は何を聞いても忘れる人で、
自分の名前すら忘れる人でした。

お兄さんはすこぶる優秀で、
お釈迦様のお弟子のなかでも一目置かれる存在でした。

しかし周利槃特はいつまでたってもお経も覚えられず、
騒動を引き起こしてばかり。

お兄さんは後始末に奔走します。


ある日、お兄さんはしびれを切らし、周利槃特に

「お前は迷惑をかけてばかりだからここを去れ」

といって、追い出してしまいました。

周利槃特は門の外で一人泣くばかり。


しばらくするとそこにお釈迦様が通りかかります。
そしてそっと近づいてこう語ります。


「お前にはお前の道がある。明日からこの言葉を唱えながら掃除をしなさい」


そして、お釈迦様は、


「塵を払わん、垢を除かん」


という言葉と箒を与えたのでした。


周利槃特は来る日も来る日もこの言葉を唱えます。
はじめはだれも見向きもしなかったのですが、

時がたつにつれ、多くの人が集まります。
その一心に掃除をする姿が尊く、
思わず手を合わせたくなるほどだったからです。


お釈迦様は周利槃特を修行最高段階の地位といわれる
十六羅漢の一人に選んだのでした。


いまでいうところの知的障害者です。
大山さんは、実は最初のころは自分もこの「周利槃特」に
見向きもしなかった一人だと告白します。



【知的障害者雇用のきっかけ】


1959年、大山さんの会社に、
一人の養護学校の先生が
生徒を就職させてくれないかとお願いに来ます。

何度も頭を下げて必死な先生に、
大山さんは

「なんでうちに?」

と思い、

「そんな、おかしな人を雇ってくれなんて、とんでもないですよ。
 それは無理な相談です。」

と言ってしまいます。


しかし先生はあきらめず、何度も会社へやってきます。

「せめて働く体験だけでもお願いできませんか。
 この先、あの子たちは親元を離れて地方の施設に入ることになります。
 一生働くことを知らずに終わってしまうのです。」


ここで大山さんは、同情心が芽生え、
二週間程度ならということで就業体験を受け入れることにします。

就業体験にやってきた十五歳の少女は、
チョークの箱にシールを貼る作業を一言も口をきかず、
無心で続けていました。

仕事が終わって
「ありがとう、助かったよ」
と声を書ければ、心から嬉しそうな笑顔で応えてくれました。


最終日の終業後、二人を世話していた社員の一人が、
大山さんのところへやってきてこう言いました。

「こんなに一生懸命やってくれるんだから、
 一人か二人だったらいいんじゃないですか。
 私たちがめんどうをみますから、あの子たちを雇ってあげてください。」

確認すると、社員の総意だというので、
「それなら」ということで正式に採用することに決めます。


熱心な先生、理解のある社員の手に引かれて、
大山さんの考え方も変わっていったのでした。

このとき働きはじめた少女の一人は、
いまでも働いているのだそうです。



【人間の究極のしあわせとは?】


二人は、雨の日も風の日も満員電車に乗って通勤してきます。
単調な仕事に全身全霊で打ち込みます。

どうしても言うことを聞いてくれないときに、
困り果てて「施設に帰すよ」と言うと、泣いて嫌がります。

施設にいれば楽に過ごすことができるはずなのに、
つらい思いをしてまでなぜ工場で働こうとするのか、

大山さんにとってはずっと疑問でした。


ある時、法要で訪れた禅寺で、ご住職に、

「うちの工場には知的障害をもつ二人の少女が働いています。
 施設にいれば楽ができるのに、なぜ工場で働こうとするのでしょうか?」

と思わず質問してしまいます。


一瞬、間がありました。

そして、ご住職は目をまっすぐ見つめながらおっしゃいました。




人間の幸せは、ものやお金ではありません。

人間の究極の幸せは次の四つです。

人に愛されること、

人にほめられること、

人の役に立つこと、

そして、人から必要とされること。


愛されること以外の三つの幸せは、働くことによって得られます。

障害をもつ人たちが働こうとするのは、

本当の幸せを求める人間の証なのです。






この後、大山さんは二人の少女とまっすぐ向き合うようになり、
毎年、少しずつ養護学校の生徒を迎え入れるようになったのでした。


知的障害者を主力とする会社を作ろう。
障害者雇用のモデルとなる工場を作ろう。


しかし、社会の無理解や心ない言葉を浴びせられたり、
知的障害者は毎月検査を受けなければならないため、
健康保険金の支払いが多く批判をされたりしたこともありました。


「知的障害者のために」大山さんは奮闘し、
何度かのピンチも、いろいろな人がそのたびごとに助けてくださり、
ここまでの会社経営をされてきました。

大山さんはこう述べています。


────────────────────────
【引用ここから】


これまで私を助けてくれた方々は、
決して「私」を応援してくれたわけではありません。

私が、知的障害者のために働いているからこそ応援してくれたのです。


人は誰しも、他者のために全力で生きている人を応援したいと思うのです。

そういう人が困ったときには、

「なんとかしてあげたい」と思うものです。


【引用ここまで】
────────────────────────



【政策的見地から】


大山さんは最後に、政策提言もされています。

障害者の幸せはすべて福祉行政が担うという発想から抜け出すべきと。


日本で障害者を二十歳から六十歳まで福祉施設でケアした場合、

一人当たり約二億円

の社会保障費がかかるといわれています。
単純計算で一人当たり年間五百万円の公費負担。


一方、最低賃金分を企業に全額公費補助した場合には、
国の支出は一人年間百四十万円で済むことになります。


私は今後の日本にとっては、

財政負担をいかに減らすか
いかに工夫をして行政が関わらないように政策を打っていくか

この二つはとても重要だと思っています。


小規模作業所の状況も見極め、
弱いところにしわ寄せがいかないような工夫もしたうえで、
一考に値する提言ではないかと思いました。



【マザー・テレサの言葉】


────────────────────────
この世の最大の不幸は、貧しさでも病気でもありません。
自分が誰からも必要とされないと感じることです(マザー・テレサ)
────────────────────────


被災地の大変な映像を見たり、記事を読んだりして、
日本全国各地のみなさんが、

「何もできない自分に歯がゆい思いをしている」

という言葉を発しているのを何度か見かけました。


渡辺さんは実際に現地に行ったり、物資を集めたりできて、
本当にうらやましいです。


という言葉もいただきました。


でも、私は私で、何もできないでいる自分にむなしさを感じ、
もっと何かができるはずなのに、と空回りの日々だったのも事実です。


自分は必要とされていないと感じていたからなのですね。


こういうときに、
それでは必要とされる自分になろうと

必要なものを調べ自分で動いた人たちは、
今回とてもたくさんいて、

そんな人たちの懸命な活動のおかげで
少しずつ東北は動き始めています。

ありがたいことです。



さて、
私はこのメルマガを通して、今回のえんぴつもそうですが、

読者のみなさんに感謝しつつ、
自分にとって、このメルマガを読んでくださるみなさんのことが
必要だということをあらためて感じました。


明日で私も36歳になりますが、
この『利他のすすめ』を読みながら、
これから自分自身もそうですが、
日本人の生き方について一つの方向を見出したような気がします。


「アラフォー」らしく、
これからもバリバリと働き、
利他の精神を大事にしていきたいものです。





【オススメ書籍】

大山泰弘『利他のすすめ─チョーク工場で学んだ幸せに生きる18の知恵』







関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/284-cdeedfe6
    この記事へのトラックバック



    fx