松下幸之助(松下電器産業相談役)─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

松下幸之助(松下電器産業相談役)─昭和時代の私の履歴書

2011年05月03日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。


私の履歴書─昭和の経営者群像〈3〉



松下幸之助は、日本の実業家。
パナソニック(旧社名:松下電器産業、松下電器製作所、松下電気器具製作所)を
一代で築き上げた日本屈指の経営者で、
経営の神様とも、関係者からは社主とも称された。




明治27年和歌山県生まれ。
大正6年改良ソケットを考案、独立。
昭和10年松下電器産業に改組、社長。
グループを世界企業に育てた。
21年PHP研究所設立。
60年に日本国際賞を創設。
平成元年4月27日死去。


「私の履歴書」は昭和31年8月と51年1月に連載している。



松下幸之助は、明治27年11月に
和歌山県海草郡和佐村で生まれる。

もともと松下家は、旧家に属する方で、
長兄が県下に一つしかなかった中学に通うぐらい
暮らし向きはよかったようです。

父親は村会に出たり、役場の仕事をしていました。


ところが、幸之助が六歳の時、
和歌山市に米の取引所が設けられ、父は米相場に手を出します。

結果は大失敗。
祖先伝来の家や土地を人手に渡す羽目になり、
一家破たん。

父は和歌山で下駄屋を始めるも二年で続けられなくなります。
同じころ、長兄、次兄、長姉が病没という
大変不遇な幼少時代でした。


小4の秋に、父親に言われるまま、大阪へ。
火鉢屋の小僧として幸之助の丁稚生活が始まります。

しばらくすると、親方の知り合いが
当時、はやりかけていた自転車屋を始めるというので、
そちらへ奉公に行くことになります。

朝晩の拭き掃除から自転車の修理見習い、手伝いの日々。

このころ、幸之助は店に修理に来る客から
よくたばこを買いにやらされました。

時間がかかるし面倒なので、
一度にたくさん買っておいてそのつど客に渡すことに。

当時は20個買うと1個まけてくれたので、お得。
しかも人から褒められたのだそうです。

一見つまらなそうな、
下働きを工夫して喜んでもらい、なおかつ得をする。
理想的な新入社員ですね。



17歳まで自転車屋で奉公した幸之助でしたが、
将来を考える時期でした。

当時大阪市は全市に電車を動かそうと計画していましたが、
こうなると自転車の需要は減るだろう、

反対に電気事業は将来非常に有望だと
若き幸之助は考えます。


そこで、電灯会社に入れてもらおうと画策します。
自転車屋を飛びだしたものの、電灯会社にはすぐには雇ってもらえず、
セメント運びをしばらくします。

しばらくして大阪電灯に欠員が出たので、
屋内配線工事の助手として働き始めます。

浜寺海水浴場の点滅イルミネーション、
西洋式映画館に改築した歌舞伎座前の芦辺劇場、
新世界の通天閣の電灯工事などを手がけました。

20歳のときには働きながら夜学に通い、
22歳にお見合いで結婚します。

そして24歳、工事人仲間にとっての目標である、
検査人に昇格。

これは非常に楽な仕事で、二、三時間もあれば済んでしまうもの。

幸之助は不思議なことに楽な役に回ると、
いままでのように仕事に熱が入らず、
何とも物足らない気分をもてあますようになりました。


この少し前、幸之助は新しいソケットを作る研究をしていました。
ソケットをものにしたいという気がわいてきて、
気が早く、辞表提出。


ソケット製造の新規事業ですが、
幸之助には先立つ資金が足りませんでした。

退職金 33円20銭
会社の積立金 42円
貯金 20円

合わせて100円足らず。

ちなみに大正時代の1円はいまの2,000円ぐらいでしょうか。



人も足りないので元同僚に参加してもらったり、
小学校を卒業した義理の弟(のちに三洋電機社長)を呼び寄せたり。

資金は元同僚の友人から100円を借り、
当時幸之助が住んでいた平屋の二畳と四畳半の半分を土間にして工場に。


起業にあたりよく言われることですが、
起業資金が不足してあきらめる人と、
不足しているから何とか工夫して集めようとする人の
二種類に分かれます。

読んでいると、松下幸之助のエピソードは、
成功者によく出てくるエピソードに似ている場面が多いなと思いました。

幸之助はここでいう後者だったわけです。



さて、スタートしたものの、
四カ月かかってたった十円の売り上げしか上がりません。

大正6年10月、ここで見切りをつけて、
幸之助と義理の弟だけがこの仕事に残り、
各自自活することになります。

幸之助はこのころ、着物は全部質屋に入れて暮らしていたそうです。


ところが12月に入ると、
ある電気商会から思いがけなく
扇風機の碍盤一千枚の注文を受けます。

懸命になって造り、
差し引き80円の利益をはじめて得たのでした。

ソケットは失敗しましたが、
碍盤の注文が続いたおかげで事業は細々と続き、

大正7年本格的に取り組もうと
市内大開町に16円50銭の家を借りて住むことにしました。


ギリギリのところで
求められた仕事を懸命にこなしたことが
成功の一歩を踏み出せたきっかけかもしれません。

やりたいこと(ソケット)よりも、
求められたこと(碍盤)を一生懸命やることが
大事だと思います。


アタッチメント・プラグ、二灯用差し込みプラグが好評、
第一次大戦後の不景気も乗り越え、

大正11年には70坪の町工場を7,000円かけて建設、
自転車ランプの製造にとりかかります。

製品の開発には成功したのですが、
販売にてこずります。
取引の問屋のどこを回っても答えは同じ「ノー」でした。

2,000個もの大量ストックがあり、
取引先との関係もあり生産を止めるわけにもいかず、
電池も傷んでくると思うと、幸之助は焦ります。

大ピンチに陥りました。


──────────────────────────────
【引用ここから】

そこで私は

「これは背水の陣をしくことだ。製品の真価を知ってもらうために小売屋に無料で配ろう」

と決心した。

まず三人の外交員をやとい、資本の続く限り、
大阪中の小売屋に二、三個のランプを置いて回り、

うち一個はその際点火して

「三十時間以上もちます。品物に信用が置けるようになったら売って下さい。

その後安心ができたら代金を払って下さい」といって歩かせた。

全く松下電器の運命をかけた販売だった。

毎日待ち遠しいくらいに外交員の報告を聞くうち、
評判は次第に高くなっていった。

一カ月で四、五千個を預けているうちに代金回収もだんだん確実となり、
二、三カ月もすると小売屋から電話や葉書で注文がくるようになった。


【引用ここまで】
──────────────────────────────


新製品を無料配布する、
いまでこそ多くの企業がやっていますが、

中小企業、しかも起業したてではなかなか勇気のいる決断です。
しかし、成功した多くの小さな会社は
この手法をとっています。


昭和2年の銀行パニックも乗り越えますが、
4年に政府が引き締め政策をしたときには、
製品の売れ行きが半減、
在庫が倉庫に入りきれないほどになります。

幸之助はこのころ病に伏せっており、
従業員を半減したらどうかと提案を受けます。

思案していたとき、頭に浮かんだのが、



「生産は即日半減するが従業員は一人も減らさない。

このため工場は半日勤務とする。

しかし従業員には日給の全額を支給する。

その代り全員で休日も廃止してストック品の販売に努力する」



というアイデア。

即日全員にこの方針を告げると皆大賛成、
全員協力して販売に努力した結果、
わずか二ヶ月ばかりのうちに在庫は全部売りつくしてしまったのだそうです。

勉強になります。


昭和9年、モーター部門を創設します。

しかし人々は
「いくら松下でも電動機メーカーの仲間に入るのは無理だ」
との声が。

しかし幸之助は、


「モーターといっても小型である。

しかも今皆さんの家庭でモーターを使っているところがあるか。

だれも使っていないということは無限の市場があることだ


と押し切ります。


このお話も、アフリカに靴を売りに行くという有名な話と似ていますね。

アフリカに靴を売りに行ったら、
だれも靴を履いていないので、


「これはだめだ。だれも靴を履いてないのでは売れない!」


と思うのか、


「これはすごい。だれも靴を履いてないので無限の市場がここにはあるぞ!


と考えるのか、後者の方がビジネス向きなわけですが、
幸之助はまさにこの発想だったわけです。


戦争では、軍の生産に協力したということで、
幸之助は公職追放になります。

しかし、会社の労働組合が社長留任運動をするという
あり得ない状況が生まれ、
幸之助はB級に格下げになります。

しかし戦後まもなくは、
事業どころか借金だらけで負債は十億円に達し、
税金も一時滞納ナンバーワンになります。

いままでどんなに苦しい時でもやらなかった
人員整理もやむなく断行、
昭和25年まで幸之助は不本意な暮らしを続けます。


昭和25年からの履歴書は、明日以降に続けます。





私の履歴書─昭和の経営者群像〈3〉










関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/278-4e3951da
    この記事へのトラックバック



    fx