佐藤悌二郎「不況における松下幸之助の研究 」 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

佐藤悌二郎「不況における松下幸之助の研究 」

2020年03月30日 21:57

b058777a89af30bef918f3bebd651853_s.jpg


佐藤悌二郎「不況における松下幸之助の研究 」
(PHP総合研究所、1992年)
⇒ https://konosuke-matsushita.com/staff/sato/manuscript/014.pdf

新型コロナウイルス感染症が、
全世界で猛威を振るっています。

わが国においても、厳しい状況になっており、
宮城県においても陽性患者の方が増えています。

週末の不要不急の外出を自粛するよう、
首都圏では呼びかけられましたが、
その状況は、経済にとっては大変厳しい状況を惹起しています。


中小企業庁の支援策は、
何度もこのメルマガでお伝えしていますが、
最新の緊急経済対策はこちらをご覧ください。

「新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者の皆様へ」
(経済産業省 3月24日20時更新)
⇒ https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/pamphlet.pdf


そして、同時に、
このコロナ不況をどう乗り切るかということについては、
前代未聞のかつてない状況であることは事実ですが、

同時に過去の経営者がどのようにして、
不況を乗り越えてきたのか、
どんな工夫をして不況をばねにして、
事業を拡大したのかを研究することも重要です。

不況期における松下幸之助の考え方は、
非常に参考になると思いますので、
PHPの佐藤悌二郎さんの約30年前の論文が
ネット上にありますので、
皆さんにシェアしたいと思います。

「不況またよし」
「肚を据える」
「原点に返る」
「責任は我にあり」
「日ごろが大事」

ここに書かれているそれぞれの言葉になるほどと思いながら、
自分に置き換えてどうするべきか、
感じることも多く、

私自身もどう行動していくか、
考えるきっかけとなります。


喫緊の課題解決に全力で取り組みながらも、
政治と経済の在り方について、
松下幸之助の思想をあらためて読んでいきたいと思います。


関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/2733-49496419
    この記事へのトラックバック



    fx