宮城県議会環境福祉委員会の県外調査に行きましたその2(終) - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 宮城県議会 不登校・ひきこもり対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議座長。

自由民主党・県民会議
 事務局長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局長。
 芸術文化議員連盟 副幹事長。
 防衛議員連盟 幹事長。
 防災議員連盟 事務局長。
 日越交流宮城県議会議員連盟 幹事長代理。
 みやぎの印刷産業振興を考える議員連盟 事務局長。
 宮城オルレ・トレイル推進議員連盟 事務局長。
 宮城県議会行政書士議員連盟 事務局長。
日韓親善宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県スポーツ議員連盟 幹事。
  宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 副幹事長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党青年局 中央常任委員(東北ブロック)。
自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。

宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
みやぎパラボウリング協会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区PTA連合会理事。
 若林区まちづくり協議会会員。
 沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会会長。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 仙台市地域ぐるみ生活指導連絡協議会幹事。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

宮城県議会環境福祉委員会の県外調査に行きましたその2(終)

2020年02月03日 23:59

84753779_3284073648286505_3518006780145696768_n.jpg


令和2年1月28日から30日まで、
宮城県議会 環境福祉委員会の県外調査ということで、
福岡県・大分県・熊本県へ超党派で出向き、調査をしてまいりました。

今期、私は環境福祉委員会の委員長を務めております。


●おおいた障がい者芸術文化支援センター「障がい者の芸術文化活動の振興について」

公益財団法人大分県芸術文化スポーツ振興財団と大分県が協働して、
「おおいた障がい者芸術文化支援センター」を設置。



県内に居住する障がいのある人の芸術文化活動を
支援することを目的に設置されたもので、

障がいのある人自身やそのご家族、支援者などの相談に応じて、
障がいのある人が芸術文化活動を楽しむことのできる
環境や体制を整えることができるよう、
さまざまな機関や人をつなげてサポートします。

としています。

いくつも意欲的な取組がありましたが、なかでも、
「元気のでるアート!実行委員会」と
「一般社団法人大分県建設業協会」が連携して、
「建設現場から元気のでるアート!」プロジェクトを実施しているのは興味深かったです。

大分県建設業協会の協会会社が受注した工事の工事看板に、
障害者アートを掲示して、県内約1,600枚で実際に目にすることができるそうです。


84013742_3284073838286486_4134073418750361600_n.jpg


また、センターが活動をしている
「iichiko総合文化センター」(大分県立総合文化センター)も見学しましたが、
1966席の大ホール、710席シューボックス型コンサートホール、
アトリウムプラザ、練習室、映像ホール、県民ギャラリー、
国際交流プラザ、会議室などが置かれ、
立地もよいことからか、ホテル日航大分も隣接していました。

複合文化施設の有効な取組、
またコラボレーションによる効果も見ることができました。

84544215_3284073771619826_8747664379727577088_n.jpg



●医療法人聖粒会慈恵病院
「こうのとりのゆりかごにかかる取り組み」


熊本県熊本市にある慈恵病院は、「こうのとりのゆりかご」という名称で、
日本で唯一の「赤ちゃんポスト」を設置しています。

十年以上前にこの赤ちゃんポストは大きな話題になりましたが、
実際にその仕組みを目にし、その歴史的経緯から、
海外での取組、現在の出産をめぐる状況をご説明いただき、

課題や問題点はありますし、
長期的にはこうならないための解決策が必要であるとは思うものの、

この「こうのとりのゆりかご」はやはり一定程度の役割を
果たしていると感じざるを得ませんでした。

85020170_3284073921619811_9098998421141848064_n.jpg

この制度の大きな目的は、
やはり赤ちゃんの命を守ること、
また中絶や育児が困難である女性を守るということにあります。

実際に施設を見学すると複雑な思いになりますが、
赤ちゃんを預ける前に職員が相談に乗りやすい環境をつくったり、
児童相談所の存在を伝えたり、
後日に親であると名乗り出やすい環境もつくっています。


現代、今日においても、
北海道や東北から子供を育てたいけれども育てられないという女性が、
熊本のこの病院までやってきて、
赤ちゃんを預けるという現状、
そして女性をめぐる様々な課題、
育てたくても育てられない環境があったり、

一言で単純には言い表せない様々な状況があるのだとあらためて感じました。

83945747_3284073678286502_2888117317579833344_n.jpg

また欧米では里親制度が当たり前で、
日本のように施設で預り施設で身寄りのない子供を育てるということは、
「社会的虐待」に当たると考えられていて、
これは私も考え方が甘かったかなとも感じますし、
国際水準に合わせていくことも今後必要かとも思います。


この慈恵病院の蓮田院長が、
「こうのとりのゆりかご」を生み出したわけですが、
そのきっかけとなる出来事は、

宮城県石巻市で70年代に起こった、
菊田昇医師による赤ちゃんあっせん事件だったのだそうです。


また、慈恵病院では、妊娠相談を電話やメールで実施しており、
同病院で相談を受けたケースのうち特別養子縁組に至った190件中、
43件が若年層の妊娠によるものであり、
23%の母親は15歳未満だったのだそうです。

なかには強姦の被害者や小学5年生の出産のケースもあったとのこと。

相談を重ねた結果自分で育てることにしたケースが235件、
その他も含めて453人の赤ちゃんの命が中絶などから救われたのだそうです。


赤ちゃんポストには、
批判もあり、いろいろな意見もあるわけですが、
政治として何ができるのか、どこまでやるべきなのか、
しかし何もしないではいられない、
そんな難しいテーマの視察でした。

命の尊さ、重さと口で言うことは簡単ですが、
この取り組みは、今後さらに研究していきたいと思いました。


こうのとりのゆりかごに賛同される方は、
以下のサイトをご覧ください。


84609423_3284073724953164_8771732264057831424_n.jpg
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



環境福祉委員会のテーマは幅広く、
答えを出すことも難しいテーマがたくさんありますが、

今回の調査をもとに、
宮城県でどのような取組ができるか、
さらに行動していきたいと思います。

関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/2717-29f14fe9
    この記事へのトラックバック



    fx