「中華人民共和国湖北省武漢市における新型コロナウイルス関連肺炎の発生について」 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

「中華人民共和国湖北省武漢市における新型コロナウイルス関連肺炎の発生について」

2020年01月26日 19:34

b28e662b28d6ee1e036f15da286dea10_s.jpg


新型肺炎コロナウイルスの感染が、
中国で拡大しています。

世界各国にも感染者が拡大しており、
日本も武漢に滞在する日本人で希望する人を、
チャーター機などを使って全員帰国させる方針を今日26日夕方、
明らかにされたところです。


今後、武漢以外の中国大都市、上海や北京などに拡大したり、
東京をはじめアジアの大都市でも同様の状態になると、
大変危険な状況になりますし、

そのようなレベルにならなくとも、
経済の停滞が懸念をされるところです。


厚生労働省によれば、新型コロナウイルスに感染・発症した患者に
以下のような症状がみられるとのことです。

・発熱
・全身倦怠感
・乾いた咳(せき)
・入院患者では呼吸困難も多い


これらの症状は、いわゆる風邪やインフルエンザなどに
感染した時にもみられるものです。

さらに厚生労働省は以下のようなメッセージを出していますので、
ご覧いただければと思います。

─────────────────────────
【引用ここから】

◆国民の皆様へのメッセージ◆

○新型コロナウイルス感染症の現状からは、
中国国内では人から人への感染は認められるものの、
我が国では人から人への持続的感染は認められていません。

国民の皆様におかれては、過剰に心配することなく、
季節性インフルエンザと同様に
咳エチケットや手洗いなどの感染症対策に努めていただくようお願いいたします。

○武漢市から帰国・入国される方におかれましては、
咳や発熱等の症状がある場合には、マスクを着用するなどし、
事前に医療機関へ連絡したうえで、受診していただきますよう、
御協力をお願いします。
また、医療機関の受診にあっては、
滞在歴があることを事前に申し出てください。

【引用ここまで】
─────────────────────────



たとえば、シンガポールはすでに徹底的対応をしており、
国民に対する以下のような呼びかけをしているようですので、
私たちもいざというときに備えて、頭に入れておくとよいかもしれません。

●体温が37.5度以上ある場合は症状や理由を問わず
医師の検査を受けるよう指示が出されている

●幼稚園や保育園の幼児に対しては、
1日に数回の定期的な体温検査を実施して症状をチェック



また、医師の話によれば、

「感染は、主に『飛沫感染』と『接触感染』が考えられます。
 新型肺炎の感染力はそれほど強くないようなので、
 インフルエンザと同じように『こまめな手洗い』『うがい』『人混みでのマスク着用』
 それに睡眠と食事を十分にとる『体調管理』など、
 通常のインフルエンザ対策になります」

とのことですので、やはり過度に反応することなく、
インフル対策も含め睡眠と食事、手洗い、うがいなど、
基礎的な対策をしっかりすることが大事ですね。





【参考サイト】

「中華人民共和国湖北省武漢市における新型コロナウイルス関連肺炎の発生について」(厚生労働省)
⇒ https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

「アジアに広がる新型肺炎、対策の温度差が生む大感染
 手本にすべきはシンガポールの徹底的対策」大塚 智彦(JBpress)2020.1.25(土)
⇒ https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/59111

「新型肺炎の予防には、流行中のインフル対策が効果的?」(ウェザーニュース)
⇒ https://weathernews.jp/s/topics/202001/240065/


関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/2714-6943b781
    この記事へのトラックバック



    fx